教室業績平成25年度
T.講演;

1.田中啓,齋藤將也,松島実穂,宮ア典子,和地祐一,井澤朋子,酒井啓治,岩下光利:妊娠糖尿病において
妊娠中母体体重増加が胎児発育を促進する.公益社団法人日本産科婦人科学会第66回学術講演会,東京,
2014年4月18-20日

2.齋藤將也,田中啓,松島実穂,宮ア典子,和地祐一,井澤朋子,酒井啓治,岩下光利:カーボカウントを用い
た妊娠糖尿病管理とその転帰.公益社団法人日本産科婦人科学会第66回学術講演会,東京,2014年4月18-20
日.

3.渡邉百恵,澁谷裕美,藤田亜也,齋藤郁恵,黒田恵子,西ケ谷順子,百村麻衣,松本浩範,小林陽一,岩下
光利:婦人科手術症例における術後フォンダパリヌクスナトリウム投与の有効性と安全性についての検討.公益社団法
人日本産科婦人科学会第66回学術講演会,東京,2014年4月18-20日.

4.宮ア典子,井澤朋子,松島実穂,和地祐一,酒井啓治,岩下光利:子宮動脈塞栓術後に癒着胎盤となった2
例.公益社団法人日本産科婦人科学会第66回学術講演会,東京,2014年4月18-20日.

5.松島実穂,井澤朋子,酒井啓治,岩下光利:血管内皮細胞はfibroblast growth factorを分泌し絨毛細胞の遊
走を促進する.公益社団法人日本産科婦人科学会第66回学術講演会,東京,2014年4月18-20日.

6.黒田恵子,澁谷裕美,長内喜代乃,西ケ谷順子,松本浩範,百村麻衣,小林陽一,岩下光利:ジェノゲスト長
期投与例の検討.公益社団法人日本産科婦人科学会第66回学術講演会,東京,2014年4月18-20日.

7.嘉治真彦,上原彩子,谷垣伸治,小林陽一,岩下光利,清河康:卵管単独茎捻転の5例の検討.公益社団法
人日本産科婦人科学会第66回学術講演会,東京,2014年4月18-20日.

8.松澤由記子,西ケ谷順子,野田清香,渡部耕平,澁谷裕美,百村麻衣,松本浩範,小林陽一,岩下光利:子
宮肉腫の術前診断についての検討.公益社団法人日本産科婦人科学会第66回学術講演会,東京,2014年4月
18-20日.

9.堂園渓,田中啓,百村麻衣,澁谷裕美,西ケ谷順子,松本浩範,小林陽一,岩下光利:術中腹水細胞診陽性
は子宮体癌type1(類内膜腺癌G1およびG2)症例の再発リスク因子である.公益社団法人日本産科婦人科学会第
66回学術講演会,東京,2014年4月18-20日.

10.長内喜代乃,小林陽一,井澤朋子,酒井啓治,岩下光利:ラメルテオンは子宮体癌培養細胞の増殖、浸潤を
抑制する.公益社団法人日本産科婦人科学会第66回学術講演会,東京,2014年4月18-20日.

11.田中啓,宮ア典子,松島実穂,柳下玲子,谷垣伸治,岩下光利:“Overlapped placentas”を
呈した二絨毛膜二羊膜双胎の一例.日本超音波学会第87回学術集会,横浜,2014年5月9-11日.

12.竹森聖,長内喜代乃,井上慶子,和地祐一,井澤朋子,酒井啓治,岩下光利:当院における単一臍帯動脈
24例の検討.第370回東京産科婦人科学会例会,東京,2014年5月24日.

13.Nishigaya Y, Kobayashi Y, Shibuya H, MomomuraM, Matsumoto M, Iwashita M, Fujiwara M, Mochizuki M,
Terado Y: A case ofheterogenous sarcoma of the uterine cervix in a 19year-old woman. The 18thJapan-
Korea-Taiwan Joint Conference for Gyneclogical Pathology, Taiwan, May 24,2014.

14.Momomura M, Kobayashi Y, Terado Y, Sakamoto N,Osanai K, Nishigaya Y, Matsumoto H: Metastases to
the uterus from sigmoid coloncancer. The 18th Japan-Korea-Taiwan Joint Conference for Gyneclogical
Pathology,Taiwan, May 24, 2014.

15.百村麻衣,小林陽一,長内喜代乃,澁谷裕美,西ケ谷順子,松本浩範,岩下光利,坂本穆彦,藤原正親:
細胞所見が有用であった小細胞癌を主体とした子宮体部癌肉腫の1例.第55回日本臨床細胞学会春期大会,横
浜,2014年6月6, 7日.

16.堂園渓,西ケ谷順子,野田清香,片山素子,長内喜代乃,澁谷裕美,百村麻衣,松本浩範,小林陽一,岩
下光利:パゾパニブによりQOLを維持している子宮平滑筋肉腫再発の1例.第127回関東連合産科婦人科学会学術
集会,東京,2014年6月21, 22日.

17.井上慶子,井澤朋子,渡部耕平,黒田恵子,宮ア典子,松島実穂,長内喜代乃,和地祐一,酒井啓治,岩
下光利:ヘパリンカルシウム皮下注射の一過性トランスアミナーゼの上昇について.第127回関東連合産科婦人科学会
学術集会,東京,2014年6月21, 22日.

18.深川裕一郎,澁谷裕美,本田理貢,荒岡千景,西ケ谷順子,百村麻衣.松本浩範.橋場剛士.小林陽一,
岩下光利:腹腔鏡下手術摘出標本にて診断しえた卵巣ステロイドホルモン産生腫瘍の1例.第371回四水回,東京,
2014年7月2日.

19.谷垣伸治,秦ひろか,漆山大知,佐々木かりん,岩下光利,秦健一郎:先天異常例の網羅的遺伝子解析の課
題—日本人正常集団の標準遺伝配列情報の必要性.第50回日本周産期・新生児医学会学術集会,浦
安,2014年7月13-15日.

20.田中啓,和地祐一,井澤朋子,谷垣伸治,酒井啓治,岩下光利:妊娠糖尿病のインスリン抵抗性に影響を与
える周産期因子の検討.第50回日本周産期・新生児医学会学術集会,浦安,2014年7月13-15日.

21.山田研二,柳下玲子,谷垣伸治,高木崇子,松島実穂,宮ア典子,田島泰宏,岩下光利:左上大静脈遺残
の出生前診断における有用性とその診断法について.第50回日本周産期・新生児医学会学術集会,浦安,2014年
7月13-15日.

22.松澤由記子,井澤朋子,渡部耕平,黒田恵子,井上慶子,宮ア典子,松島実穂,和地祐一,酒井啓治,岩
下光利:出生前診断が困難であったVATER連合の1例.第50回日本周産期・新生児医学会学術集会,浦安,
2014年7月13-15日.

23.和地祐一,井上慶子,宮ア典子,松島実穂,井澤朋子,酒井啓治,岩下光利:分娩における自己血輸血に
関する検討.第50回日本周産期・新生児医学会学術集会,浦安,2014年7月13-15日.

24.松本浩範,小林陽一,長内喜代乃,澁谷裕美,西ケ谷順子,百村麻衣,岩下光利,山崎龍王,梅澤聡,磯
西成治,武知公博,村松俊成:プラチナ感受性再発卵巣癌に対するGC(ゲムシタビン・カルボプラチン併用)療法の有
用性.第56回日本婦人科腫瘍学会学術講演会,宇都宮,2014年7月17-19日.

25.百村麻衣,小林陽一,堂園渓,田中啓,長内喜代乃,澁谷裕美,西ケ谷順子,松本浩範,岩下光利:再発
卵巣癌に対するノギテカン+経口エトポシド併用療法の第U相試験.第56回日本婦人科腫瘍学会学術講演会,宇
都宮,2014年7月17-19日.

26.吉田真衣子,山下詠子,堂園渓,苅安俊哉,大森嘉彦,下山田博明,小林陽一,大倉康男,似鳥俊明:急
速な貧血の進行を伴いプレショックに至った線維腫茎捻転の1例.JSAWI第15回シンポジウム,淡路,2014年9月5, 6
日.

27.堂園渓,鳥海玲奈,田中啓,百村麻衣,澁谷裕美,西ケ谷順子,松本浩範,小林陽一,岩下光利,吉田真
衣子,山下詠子,似鳥俊明:子宮肉腫との鑑別が困難であった子宮腺筋腫の1例.JSAWI第15回シンポジウム,淡
路,2014年9月5, 6日.

28.岩下光利:産婦人科医をめぐる最近のトッピクス.東北大学病院総合周産期母子医療センター周産期医療セミ
ナー,仙台,2014年9月9日.

29.齋藤將也,澁谷裕美,渡邉百恵,松本浩範,橋場剛士,小林陽一,岩下光利:腹腔鏡下手術後に発症した
子宮留血症の1例.第54回日本産科婦人科内視鏡学会学術講演会,鹿児島,2014年9月11-13日.

30.渡邉百恵,澁谷裕美,齋藤將也,西ケ谷順子,松本浩範,橋場剛士,小林陽一,岩下光利:腹腔鏡下卵巣
子内膜症性嚢胞術後症例の検討.第54回日本産科婦人科内視鏡学会学術講演会,鹿児島,2014年9月11-13
日.

31.岡愛子,百村麻衣,鳥海玲奈,齋藤將也,堂園渓,田中啓,澁谷裕美,西ケ谷順子,松本浩範,小林陽一,
岩下光利:子宮肉腫と鑑別した子宮腺筋腫の1例.第371回東京産科婦人科学会例会,東京,2014年9月20日.

32.Iwashita M: Introduction and problems to face.Japan Society of Obstetrics and Gynecology (JSOG),
Lecture for MedicalUniversity of Vienna, Austria, October 6, 2014.

33.橋場剛士:頸管内癒着を伴うAsherman症候群の評価にIUI catheterを用いた子宮卵管造影が有用.第37回
日本産婦人科手術学会,札幌,2014年10月11, 12日.

34.渡部耕平,田中啓,齋藤郁恵,松島実穂,松澤由記子,和地祐一,井澤朋子,酒井啓治,岩下光利:出生
前診断したKlippel-Trenaunay-Weber症候群の1例.第128回関東連合産科婦人科学会学術集会,松本,2014
年10月25, 26日.

35.鳥海玲奈,小林陽一,齋藤將也,澁谷裕美,西ケ谷順子,百村麻衣,松本浩範,宮崎紳一郎,岩下光利:
難治性婦人科再発悪性腫瘍に対するサイバーナイフの有用性.第128回関東連合産科婦人科学会学術集会,松
本,2014年10月25, 26日.

36.橋場剛士,荒岡千景,松澤由記子,和地祐一,岩下光利:Asherman症候群の成因と予防に関する考察.第
128回関東連合産科婦人科学会学術集会,松本,2014年10月25, 26日.

37.本田理貢,田中啓,松島実穂,宮ア典子,和地祐一,酒井啓治,岩下光利:三胎妊娠に合併した巨大黄体
過剰反応の一例.第73回日本母体胎児医学会学術集会,佐世保,2014年11月7, 8日.

38.岡愛子,井澤朋子,藤田亜也,上原一朗,松島実穂,酒井啓治,岩下光利:産褥心筋症の1例.第73回日
本母体胎児医学会学術集会,佐世保,2014年11月7, 8日.

39.長内喜代乃,西ケ谷順子,百村麻衣,松本浩範,水谷奈津子,坂本憲彦,平野和彦,藤原正親,望月眞,
小林陽一,岩下光利:若年女性に発生した子宮頸部heterogenous sarcomaの1例.第53回日本臨床細胞学会秋
期大会,下関,2014年11月8, 9日.

40.Watanabe M, Shibuya H, Kobayashi Y, Iwashita M:Efficacy and safety of fondaparinux (FPX) for
prevention of postoperativevenous thromboembolism (VTE) in gynecologic cancer patients.15th Biennial
Meeting IGCS, Australia, November8-11, 2014.

41.岩下光利:産科医と助産師の連携.第4回愛知産婦人科研究会特別講演,名古屋,2014年11月22日.

42.竹森聖,井澤朋子,深川裕一郎,齋藤將也,荒岡千景,片山素子,井上慶子,柳下玲子,和地祐一,酒井
啓治,小林陽一,岩下光利:当院で経験した先天型筋強直性ジストロフィーの二例.第372回四水会,東京,2014
年11月26日.

43.松澤由記子,清本千景,和地祐一,橋場剛士,岩下光利:Asherman症候群の術後に妊娠に至った3症例.第
59回日本生殖医学学術講演会,東京,2014年12月4, 5, 7日.

44.冨岡紀子,井澤朋子,岡愛子,中島千絵,田中啓,松島実穂,和地祐一,酒井啓治,岩下光利:出生前に
診断に苦慮した小腸捻転症の1例.第372回東京産科婦人科学会例会,東京,2014年12月20日.

45.小林陽一:遺伝性腫瘍とその予防策〜ホルモン剤の役割も含めて〜.三鷹市婦人科医会講演会,三鷹,2015
年1月29日.

46.岩下光利:産科をめぐる最近のトピックス.第27回日本医科大学産科婦人科学教室同窓会特別講演,東京,
2014年2月22日.

47.本田理貢,百村麻衣,鳥海玲奈,齋藤將也,渋谷英里子,松本浩範,小林陽一,岩下光利:細胞診が診断
に有用であった骨盤内放線菌症の1例.第373回東京産科婦人科学会例会,東京,2015年2月28日.

48.小林陽一:婦人科がん治療の副作用対策における漢方の役割.第7回栃木県北化学療法セミナー(日本薬剤
師研修センター認定予定講演会),大田原,2015年3月6日.

U.論文

1.Morikawa A1, Ueda K, Takahashi K,Fukunaga M, Iwashita M, Kobayashi Y, Takechi K, Umezawa S,
Terauchi F, KiguchiK, Aoki D, Nomura H, Yoshikawa H, Satoh T, Jobo T, Fujiwara H, Takei Y, KamoiS, Terao
Y, Isonishi S (1Dept. of Ob/Gy, Jikei Daisan Hosp.):Pathology-oriented treatment strategy of malignant
ovarian tumor in pregnantwomen: analysis of 41 cases in Japan. Int J Clin Oncol 19(6): 1074-1079, 2014.

2.深川裕一郎,澁谷裕美,高木崇子,長内喜代乃,西ケ谷順子,百村麻衣,松本浩範,小林陽一,岩下光利:
著明なリンパ節腫大を伴った卵巣混合型胚細胞腫瘍の1例,関東産婦誌51: 27-32, 2014.

;3.小林陽一:子宮がん化学療法の一問一答.プロフェッショナルがんナーシング4(2): 160-165, 2014.

4.嘉治真彦,上原彩子,清河国康,谷垣伸治,小林陽一:GnRHaによる保存療法を行った右卵巣周囲貯留嚢胞
の1例.東京産婦会誌63(2): 287-291, 2014.

5.渋谷英里子,井澤朋子,松島実穂,鳥海玲奈,高木崇子,井澤朋子,酒井啓治,岩下光利:子宮動脈塞栓
術後の子宮内感染が5カ月蔓延したが子宮温存し得た1例.東京産婦会誌63(2): 333-338, 2014.

6.谷垣伸治,田中啓,片山素子,宮ア典子,松島実穂,秦健一郎,岩下光利:助産師とのチーム医療を考える助
産師の行う超音波検査.日周産期・新生児会誌50(1):114-117, 2014.

7.和地祐一,片山素子,上原一朗,松島実穂,宮ア典子,井澤朋子,谷垣伸治,酒井啓治,岩下光利:双胎帝
王切開における出血量についての検討.日周産期・新生児会誌50(1): 244-248, 2014.

8.田中啓,片山素子,松島実穂,宮ア典子,和地祐一,井澤朋子,谷垣伸治,酒井啓治,岩下光利:Light-for
-datesで出生した極低出世体重児の短期・長期予後と周産因子の検討.日周産期・新生児会誌50(1): 192-197,
2014.

9.Minakami H1, Maeda T, Fujii T,Hamada H, Iitsuka Y, Itakura A, Itoh H, Iwashita M, Kanagawa T, Kanai M,
KasugaY, Kawabata M, Kobayashi K, Kotani T, Kudo Y, Makino Y,Matsubara S, Matsuda H, Miura K, T
MurakoshiT, Murotsuki J, Ohkuchi A, Ohno Y, Ohshiba Y, Satoh S, Sekizawa A, Sugiura M,Suzuki S,
Takahashi T, Tsukahara T, Unno N, Yoshikawa H (1HokkaidoUniv. Grad. Sch. of Med.): Guidelines for
obstetrical practice in Japan: JapanSociety of Obstetrics and Gynecology (JSOG) and Japan Association
ofObstetricians and Gynecologists (JAOG) 2014 edition. J Obstet GynecolRes:40(6): 1469-1499, 2014.

10.Kobayashi Y, Kuroda K, Shibuya H, Nishigaya Y,Momomura M, Matsumoto H, Iwashita M: Preoperative
evaluation of deep venousthrombosis in patients with pelvic organ prolapse. J Obstet Gynaecol Res 40(6):
1754-1758, 2014.

11.Tanaka K, Kobayashi Y, Shibuya H, Nishigaya Y,Momomura N, Matsumoto H, Iwashita M: Primary
retroperitoneal mullerianadenocarcinoma arising from endometriosis. J Obstet Gynaecol Res 40(6):1823-
1827, 2014.

12.和地祐一,松澤由記子,井澤朋子,橋場剛士,酒井啓治,岩下光利:ART妊娠双胎と自然妊娠双胎の妊娠
経過および分娩経過に関する検討.東京産婦会誌63(3): 412-416, 2014.

13.齋藤將也,澁谷裕美,渡邉百恵,西ケ谷順子,百村麻衣,松本浩範,小林陽一,岩下光利:S状結腸穿孔を
伴った卵巣成熟嚢胞性奇形腫悪性転化の1例.東京産婦会誌63(3): 460-464, 2014.

14.Naing BT1, Watanabe A2,Tanigaki S, Ono M3, Iwashita M, Shimada T2(1Dept.of Bio. & Mol. Biol., Nippon
Med. Sch.,2Dept. of Bio. &Mol. Biol., Nippon Med. Sch.; Division of Clin. Genetics, Nippon Med. Sch.Hosp.,
3Dept. of Pediatrics): Presymptomatic genetic analysis duringpregnancy for vascular type Ehlers-Danlos
syndrome. Int Med Case Rep J 7:99-102, 2014.

15.Sugihara K1, Kobayashi Y, Suzuki A2,Tamura N3, Motamedchaboki K3, Huang CT3, AkamaT3, Pecotte
J4, Frost P4, Bauer C4,Jimenez JB Jr4, Nakayama J5, Aoki D2, FukudaMN3(1Dept. of Ob/Gy, Hamamatsu
Univ. Sch. of Med.,2Dept.of Ob/Gy, Keio Univ. Sch. of Med.,3Tumor Microenvironment, CancerCtr, Sanford
-Burnham Med. Res. Inst.,4Southwest Natl. Primate Res.Ctr., Texas Biomed. Res. Inst.,5Dept. of Mol. Path.,
Shinshu Univ.Grad. Sch. of Med.): Development of pro-apoptotic peptides as potential therapyfor peritoneal
endometriosis. Nat Commun. Jul 22:5:4478, 2014. Doi: 10.1038/ncomms5478.

16.竹森聖,長内喜代乃,井上慶子,和地祐一,井澤朋子,酒井啓治,岩下光利:当院における単一臍帯動脈
24例の検討.東京産婦会誌63(4): 595-598, 2014.

17.鳥海玲奈,黒田恵子,深川裕一郎,長内喜代乃,澁谷裕美,西ケ谷順子,松本浩範,百村麻衣,小林陽
一,岩下光利:卵巣癌と鑑別が困難であった未分化子宮内膜肉腫の1例.東京産婦会誌63(4): 662-667, 2014.

18.和地祐一,岩下光利:不妊治療の実際,多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)合併不妊の治療.産婦の実際63
(11): 1700-1707, 2014.

19.宮ア典子,井澤朋子,田中啓,松島実穂,和地祐一,谷垣伸治,酒井啓治,岩下光利:子宮動脈塞栓術後
に癒着胎盤となった2例.産婦の実際63(12): 2021-2025, 2014.

20.Tanaka K, Miyazaki N, Matsushima M, YagishitaR, Izawa T, Tanigaki S, Sakai K, Iwashita M: Prenatal
diagnosis of Klippel-Trenaunay-Webersyndrome with Kasabach-Merritt syndrome in uter.,J Med
Ultrasonics 42: 109-112, 2015.

21.岩下光利,久保田俊郎,井箟一彦:臨床医学の展望—30領域のトピックス,産科学・婦人科学.日本医
事新報4740: 121-124, 2015.

22.Tanaka K, Iwashita M, Matsushima M, Izawa T,Sakai K, Kobayashi Y: Intrapartum group B streptococcus
screening usingreal-time polymerase chain reaction in Japanese population. J Matern-FetalNaonate Med,
7: 1-5, 2015.

23.Tanaka K, Kobayashi Y, Dozono K, Shibuya H,Nishigaya Y, Momomura M, Matsumoto H, Iwashita M:
Elevation of plasma D-dimerlevels associated with rupture of ovarian endometriotic cysts. Taiwanese
JObstet Gynecol. (in press)

24.Sato Y, Tanaka K, Kobayashi Y, Shibuya H,Nishigaya Y, Momomura M, Matsumoto H, Iwashita M: Uterine
cervical cancer with brainmetastasis as initial site of presentation: A case report. J Obstet GynaecolRes.
(in press)

V.著書

;1.小林陽一:子宮がん化額療法の一問一答,治療に伴う看護特集患者のギモン・不安にこたえる,臓器別がん化学
療法の一問一答.プロフェショナルがんナーシング2.瀧本真弓,井淵富美編.大阪,メディカ出版,2014. p.160-165.

2.酒井啓治,岩下光利:分娩記録の書き方.産婦人科研修ノート.永井良三総監修,綾部琢哉,大須賀穣編.
東京,診断と治療社,2014. p.571-573.

;3.谷垣伸治:妊婦健診に一歩差がつく産科超音波検査.東京,医学書院,2014.

4.松島実穂,酒井啓治,岩下光利:妊婦さんへの説明にそのまま使える,イラストでハイリスク妊娠がわかる本,産科
合併症,貧血.ペリネイタルケア2015新春増刊.中田雅彦編.大阪,メディカ出版,2014. p.38-43.