修得できる技術・資格

精神保健指定医

精神科臨床においては、患者さんに病識がないため、本人から治療の同意を得ることができないことがあります。そのような場合、患者さんの人権に配慮をしながら診療や加療をする必要があり、特に入院形態や行動制限について精神保健指定医が適切な判断を行います。精神保健指定医の判断なくしては、精神科臨床は成り立たないと言っても過言ではなく、入局者が最初に取得を目指すべき資格です。精神保健指定医は、厚生労働大臣が指定する国家資格であり、臨床医(精神科以外の科の臨床経験でも良い)として5年間、その内、精神科医として3年間の臨床経験を積むことが必要で、その上で、措置入院を含む統合失調症3例、気分障害、中毒性精神障害、児童思春期症例、老年期精神障害、器質性精神障害各1例の、計8例のレポートを提出することが求められます。杏林大学では、措置入院以外の経験は積むことができ、措置入院については出向先の関連病院で経験できるように体制が整っています。精神保健指定医の審査は年々厳しくなっておりますが、当院では症例経験やレポート作成に際し、指導医から慎重かつ丁寧な指導を受けられるようになっています。

精神科専門医

精神科専門医制度とは、精神医学・精神医療について一定以上の態度・知識・技能を有することを日本精神神経学会が認定する制度です。平成17年度から発足し、杏林大学病院は日本精神神経学会の研修指定病院に認定されています。2 年間の卒後臨床研修修了後に、学会で認定された研修施設において研修手帳のプログラムに基づいた3 年間の精神科専門研修を修了すること、専門医認定試験申請時に学会員であることが最低条件であり、その上で、日本精神神経学会が行う専門医試験を経て精神科専門医となります。研修ガイドラインは、(1) 患者および家族との面接、(2) 疾患の概念と病態の理解、(3) 診断と治療計画、(4) 補助診断法、(5) 薬物・身体療法、(6) 精神療法、(7) 精神科リハビリテーションと地域医療・福祉及び産業・学校のメンタルヘルス、(8) 精神科救急、(9) リエゾンコンサルテーション精神医学、(10) 法と精神医学、(11) 医の倫理(医療法、精神保健福祉法、人権の尊重)、(12) 医療安全と実臨床に根ざした資格であり、そのほとんどを当院で学ぶことができますが、足りない部分は関連病院で経験を積むことができるようにしています。杏林大学では、専門医の取得も必須と考えており、医局をあげてバックアップ体制を整えています。

その他の学会専門医

精神科が関連する学会には、他にも専門医制度を持つ学会があります。杏林大学では、特に日本臨床神経生理学会認定医 脳波分野)、日本睡眠学会睡眠医療認定医・同認定医療機関)、日本臨床精神神経薬理学会専門医・指導医・研修施設)、日本総合病院精神医学会専門医研修施設、リエゾン)などの資格は当科での研究分野との関連が深く、取得に際し環境が整っているといえるでしょう。これからの時代は、臨床医としても専門性を深めることは大事なことであり、取得に際してはこれらの資格を持つ教室スタッフが責任持って指導します。

PAGE TOP