医局員の声

朝倉忠孝(2019年度入局、埼玉医科大学出身)

 2019年度より当医局に入局いたしました。私は他大学出身で研修についても他大学にて修了しました。まだまだ新しい環境に慣れない状況でありますが、医局員の先生方にも他大学出身の先生は少なくなく、分け隔てなく、優しくそれでいて熱心に御指導をしていただいております。

 月二回の勉強会など若手医師の教育にも力をいれており、今年度も7人が入局し勢いがある医局であると思います。興味を持っていただけましたら、一度見学していただけると幸いです。

岩田柚里奈(2019年度入局、千葉大学出身)

 横浜の市中病院での初期研修を経て、当医局に入局致しました。市中病院で働いていた為大学の医局についてよくわからず、入局先を探すための見学で最初に伺ったのが当医局でした。見学時の医局員の方々の仲の良さや活発に意見交換されている様子に惹かれ、入局を決めました。入局後まだ日は浅いですが、見学時の印象は間違っていなかったと感じています。初期研修では内科が中心で精神科の勉強をあまりしなかったという不安があったのですが、診療はチーム制なので上級医に教えを乞うことができるのはもちろん、何か困ったことがあればチームの垣根を越えて上級医が助けて下さるので安心して仕事に励めています。精神科に少しでも興味のある方は、是非一度見学にいらして下さい。当医局の素敵な雰囲気を感じていただけたらと思います。

大原光人(2019年度入局、杏林大学出身)

 杏林大学にて学生、研修医を過ごし当院精神科に入局させていただきました。当医局はフレッシュマンの教育に力を入れており、定期的に行われるクルズスは知識だけではなくユーモアも多い内容で、楽しく学ぶことができています。また医局の雰囲気もとても穏やかで、入局してまだ日は浅いですがとても居心地のよさを感じています。医師だけでなく作業療法士、薬剤師、看護師等の他職種が集まって行うカンファレンスも魅力の一つだと思います。興味のある方は是非一度見学にいらしてみてください。

梶ヶ谷仁志(2019年度入局、東海大学出身)

 入局前には、勤務条件や環境など色々と気になることがありましたが、とても親身に相談にのってもらうことができ安心しました。医師のキャリアでは数年毎に病院を変わることがあり、その際に引越しが必要となることも多くあります。そのため、医局の関連病院が自宅から通える範囲にあることも入局の決め手となりました。

 仕事に対する考え方も現代的で、オンオフがはっきりしており、ライフスタイルに合った仕事ができます。また、一流の先生のクルズスや講演会が多く、臨床に活かせる知識を深め、興味の分野を広げる事ができます。多職種との連携も強く、カンファレンスでの相談が臨床に繋がっています。是非、当医局の雰囲気を見学を通じて感じていただけたらと思います。

世宮俊輔(2019年度入局、三重大学出身)

 私は杏林大学医学部付属病院での初期臨床研修を経て、当医局に入局いたしました。入局を決めた理由は、尊敬できる上司、多様性のある医局員、充実した教育体制、多職種との良好な関係性、そしてなんといっても“雰囲気の良さ”にあります。臨床心理士・作業療法士・看護師・薬剤師・精神保健福祉士を交えて行われるカンファレンスでは、和やかな雰囲気の中、さまざまな意見が飛び交い、活発な議論が行われております。このような素晴らしいカンファレンスは、教授を始めとする当医局の指導方針の賜物によるものと感じております。興味のある方は、ぜひ一度見学にて当医局の雰囲気を感じていただければと思います。

渡邊雅子(2019年度入局、宮崎大学出身)

 他大学を卒業し、また他院での初期研修を終え、今年度より当教室へ入局いたしました。学生時代より精神医学に興味があり、様々な教室を見学する中で、当教室の明るく楽しく仕事をしている先生方の雰囲気や建設的な議論がなされるカンファレンスなどに魅力を感じ、すぐに入局を決めました。日々の病棟業務では、30床を3チームに分かれて管理し、回診や面談を通して上司の先生方の精神科面接の技に触れることができ、また若手でも遠慮することなく意見や疑問を述べ、相談できる雰囲気があります。フレッシュマン向けのクルズスでは、様々な分野の第一線でご活躍されている先生方から直接お話を伺うことができ、非常に整った教育環境で精神科医として着実に力を伸ばすことができるものと思います。当教室に興味を持って頂けましたら、まずは一度ご見学にお越し下さい。医局員一同お待ちしております。

渡辺由貴子(2019年度入局、東海大学出身)

 私は杏林大学医学部付属病院で初期研修後、当科に入局させていただきました。学生時代より精神科には関心を持っていましたが、研修時にローテートした際、更に魅力を感じ、入局を決めました。週1度のカンファレンスには医師だけではなく看護師、薬剤師、作業療法士、臨床心理士など多職種が参加し、活発な議論が行われています。また、若手に対する教育体制も整っており、抄読会やクルズス、講演会が頻繁に開催されています。家庭の事情で止むを得ず仕事を抜けなければいけないこともありますが、快く了承して下さるばかりでなく、「大丈夫?大変でしょう?無理しないで」と気遣って下さる先輩方ばかりです。子育てをしながらの勤務は大変ですが、とても充実した日々を送っています。ぜひ見学にいらして下さい。

田中彰人(2018年度入局、杏林大学出身)

 杏林大学医学部付属病院での研修を終え、今年当教室へ入局いたしました。医局員の先生方は教育熱心で簡単な質問にも丁寧に答えてくださるところや、月に2回以上の勉強会があるなど、充実した教育体制が整っております。仕事のon-offもはっきりしており、楽しく充実した後期研修を送れる環境だと思います。興味のある方や迷っている方はぜひ1度見学に来ていただき、雰囲気などを見ていただけたらと思います。

稗貫理恵(2018年度入局、川崎医科大学出身)

 他院での初期研修を終え、本年度より杏林大学病院の精神神経科に入局致しました。直前まで入局先を決めかねていた私に、友人が勧めてくれたのが当医局でした。元々は内科志望として入局先を探しておりましたが、精神科領域も学生時代から大変興味のある分野であったため、進路決定直前の9月という時期に初めての病院見学を計画致しました。病院見学時の印象は、入局後の現在と大きく相違はありません。カンファレンスは萎縮するものでは決してなく、他職種で方針決定のために議論を交わす場であり、非常に勉強になります。また、普段の診療体制もチーム制であるため、1人で悩み続けることもなく、上級医の診療からたくさんのことを学ばせていただけます。月に数回実施される若手医師向けのクルズスも、様々なテーマで貴重なお話を聞かせていただけるので、とても魅力的です。医局員の出身大学も全国各地であり、当院で初期研修をしていない私でも不安に思うことなく、日々楽しく過ごさせていただいております。少しでも当科に興味を持ってくださった方は、まずは一度見学に来ていただけたらと思います。医局員揃ってお待ちしております。

前田優那(2018年度入局、杏林大学出身)

 杏林大学医学部から杏林での臨床研修を経て、当医局に入局させていただきました。当医局は中規模の医局ではありますが、面倒見の良い医局員が多く、日常の臨床の中でも日々多くの知識や、精神科医としての心構え、診療のエッセンス等多くの事を学ぶことができます。また、若手医師向けのクルズスはどれも魅力的な内容で、教育的な当医局の象徴ともいえます。一方、医局員は皆穏やかで、和気あいあいとした雰囲気で仕事ができています。教育と医局の雰囲気が当医局の自慢ですので、ぜひ一度見学にいらしてください。

丸木拓(2018年度入局、埼玉医科大学出身)

 私は初期研修から杏林大学医学部付属病院で働き始めました。研修医時代は診療科選択に迷ったのですが、研修医2年目に精神科をローテーションし、精神医学に興味を持ち、精神科医として生きて行く道を選びました。通常次に迷うのは入局先なのですが私は入局先に迷うことはありませんでした。それは学閥もなく、診療科間の風通しも良く、活気のある杏林大学病院の雰囲気が好きということもあったのですが、当医局には私の求めていたものが全てあったからです。中規模で小回りのきく医局、安心して身を委ねられるようなしっかりとした教育体制、スマートで現代的な考えを持つ上司達、医局員の気の良さや面白さ、働きやすく団結感のある病棟環境、などなどです。入局前に持った期待は入局後の今も裏切られていません。むしろ入局前に予想していた以上に満足しています。興味を持った方は是非1度見学にいらっしゃって下さい。

渡邊果林(2018年度入局、愛知医科大学出身)

 横浜で初期研修を経て、今年度より当教室への入局を決めました。出身地でも出身大学でもないこの医局へ何故?とよく聞かれます。入局の決め手はやはり、見学の時に、医局員の方々の姿が大変”生き生きとしている“ところにありました。楽しく生き生きと働けるこの環境は全てを物語っていると確信し、一度の見学で入局を決めました。入局し2ヶ月が経ちますが、上級医の先生方を始め、看護師、臨床心理士、作業療法士の方々と意見を交わしながら、そして同期と助け合いながら全員が仲間となって本当に楽しく生き生きと勤務させて頂いております。精神科に興味のある方は、是非とも見学にお越しください。ご一緒に働ける日を心待ちにしております!

PAGE TOP