膀胱炎の説明
膀胱炎の症状
膀胱炎の診断方法
膀胱炎の治療方法

膀胱炎(Cystitis)

膀胱炎の説明と部位

膀胱炎は膀胱の粘膜に炎症が起こる疾患のことです。膀胱炎の原因は細菌感染によるものがほとんどです。しかしそのほかに、放射線や薬剤によるアレルギー反応を原因とするものあります。頻尿、排尿時痛、残尿感、下腹部不快感、が主な症状で、尿検査で膿尿(白血球が含まれる尿)、血尿をみられます。膀胱炎をはじめ尿路感染症は単純性と複雑性に分けられます。

単純性膀胱炎
単純性膀胱炎の多くは、外陰、外尿道口付近の細菌が尿道から進入して膀胱で炎症を起こすことです。20歳代、30歳代の性的活動期の女性に多く、性交、排尿の我慢、感冒(風邪やインフルエンザ等の呼吸器系の炎症)、便秘、妊娠、出産などによる抵抗力の低下などが原因となります。排尿痛、頻尿(尿の回数多くなること)、残尿感(排尿後にも尿が残っているように感じること)に加えて、発熱、腰の痛みがあれば膀胱炎が合併している可能性が高いです。原因となる細菌は大腸菌が多いです。

 

複雑性膀胱炎
排尿障害のために残尿があるときや、尿道留置カテーテルなど膀胱内に異物がある場合など基礎疾患や背景因子があるときの膀胱炎は複雑性膀胱炎と呼ばれます。原因となる細菌も大腸菌以外にセラチア、緑膿菌、腸球菌、エンテロバクターなどが多く、感染を繰り返し抗菌剤に抵抗を示すことが多いです。

 

細菌感染以外の膀胱炎
細菌感染以外の膀胱炎としては、小児や免疫抑制状態でのアデノウイルス感染による膀胱炎、放射線照射後の放射線性膀胱炎、サイクロフォスファミドなど抗悪 性腫瘍剤(抗がん剤)による出血性膀胱炎、抗喘息薬による好酸球性膀胱炎、間質性膀胱炎などがあります。間質性膀胱炎は原因は明らかではありませんが、膀胱の萎縮と蓄尿時の強い痛みを伴う疾患で膀胱での間質の炎症と平滑筋束の異常がみられます。

 

 

 

図:女性の膀胱とその周辺の臓器

膀胱炎の症状へ
◆ 関連項目
症状で調べる
オシッコが近い
オシッコをするとき痛みがある
尿に血液が混じる
尿が濁る
病気・疾患で調べる
尿路感染症・説明
前立腺ガン・治療法
放射線治療
膀胱ガン・治療法
放射線治療・抗ガン剤
腎盂・尿管ガン・治療法
抗ガン剤

トップへ戻る