EDの説明
EDの症状
EDの診断方法
EDの治療方法

ED(erectile dysfunction)

EDの説明

EDとは「erectile dysfunction」の略称で、日本語では勃起機能障害といいます。
男性の性機能は性欲・勃起・性交・射精・極致感の5つの要素からなります。このうちEDとは勃起機能障害のことを指します。勃起機能障害とは性交時に有効な勃起が得られないため満足な性交が行えない状態で、通常性交のチャンスの75%以上で性交が行えない状態と定義されています。

 

頻度の調査結果は研究方法や国、人種等により差がありますが、日本では勃起機能障害患者数は300万人以上と推定され40歳代20%、50歳代20~30%、60歳代30~40%、70歳代50~60%といわれています。
EDの原因は、勃起に重要な血管、神経、精神の各機能に関する臓器の機能低下が考えられます。そのため危険因子には次のものが考えられます。加齢、慢性疾患(循環器、内分泌、肝腎、神経、精神疾患など)、手術(前立腺、膀胱、直腸摘出術など)、外傷(脊椎損傷など)、薬剤(降圧剤、抗精神薬、など)の使用、その他(タバコ)などがあります。

 


EDの症状へ
◆ 関連項目
症状で調べる
男性機能に衰えがある
病気・疾患で調べる
男性更年期障害・説明

トップへ戻る