男性更年期障害の説明
男性更年期障害の症状
男性更年期障害の診断方法
男性更年期障害の治療方法

男性更年期障害(Andropause)

男性更年期障害の症状

性欲減退やED(勃起不全)だけが男性更年期のサインと捉えられがちです。しかし、男性更年期の症状は、疲労感、うつ状態、のぼせ、多汗をはじめさまざまであり、さらに最近は血液中のコレステロール値の増加や、糖尿病、高血圧、動脈硬化、排尿状態の悪化などへの影響も言われています。

 

男性の更年期年齢は40~60歳と言われており、この時期は男性でもさまざまな自律神経失調症状や神経症状、うつ症状が現れ、自律神経失調症やうつ病を合併していることもあります。

 

男性更年期障害の診断方法へ
◆ 関連項目
症状で調べる
男性機能の衰えがある
骨の密度が低いといわれた
病気・疾患で調べる
ED・説明

トップへ戻る