前立腺炎の説明
前立腺炎の症状
前立腺炎の診断方法
前立腺炎の治療方法

前立腺炎(Prostatits)

前立腺炎の診断

触診と尿検査を行います。

 

急性前立腺炎では、触診で前立腺は柔らかく腫大し圧痛を確認できます。触診により尿道から膿が出ます。初尿、中間尿に膿尿(白血球の含まれる尿)、細菌尿がみられます。
慢性前立腺炎では、触診で圧痛がみられることが多いです。直腸から前立腺マッサージを行い前立腺圧出液に白血球が含まれます。

 

初尿・中間尿:出ている尿を3分割し、はじめの1/3を初尿といい、次を中間尿のいいます。


前立腺炎の治療方法へ
◆ 関連項目
症状で調べる
オシッコをするとき痛みがある
尿に血液が混じる
尿が濁る
精液に血が混じる
病気・疾患で調べる
尿路感染症・説明

トップへ戻る