前立腺肥大症の説明
前立腺肥大症の症状
前立腺肥大症の診断方法
前立腺肥大症の治療方法

前立腺肥大症(Benign Prostatic Hyperplasia)

前立腺肥大症の症状

典型的な症状としては、夜間の排尿回数が増えたり(2~3回以上)、排尿時に勢いがなくなったり、排尿開始時にいきむようになったりすることなどが挙げられます。また尿を膀胱内から完全に出し切れなくなると、残尿感があらわれます。ひどくなると尿が出なくなることがあります(この状態を尿閉といいます)。前立腺肥大症の下部尿路閉塞症状には大きく分けて機械的閉塞と機能的閉塞の2つがあります。前者は肥大した前立腺組織による尿道の閉塞のことです。そして後者は前立腺内部の平滑筋の収縮による尿道の閉塞で、これは交感神経のアルファ受容体を介して前立腺平滑筋が収縮し、尿道が閉塞すると考えられています。

 

図:正常な前立腺と肥大した前立腺の比較

前立腺肥大症の病期は、症状や残尿の有無により以下の3期に分けられます。

1期(刺激期):
夜間頻尿、排尿時不快感などの刺激症状が中心で、残尿はほとんどみられず、排尿困難も軽度なものです。

2期(残尿発生期):
排尿困難が増し、残尿(50~15cc程度)が発生します。尿意切迫感やトイレに間に合わず尿をもらしてしまうこと(切迫性尿失禁)がおきることもあります。また飲酒やカゼ薬内服により一時的に尿閉となることもあります。

3期(尿閉期):
残尿が非常に多くなり、ときに膀胱が尿でいっぱいなるため、絶えず失禁する溢流性尿失禁がみられます。この状態を放置すると肉柱形成(膀胱壁の凸凹)や膀胱憩室がみられるようになり、放置すると尿が腎臓にまでたまって腎機能障害がおこることがあります。


前立腺肥大症の診断方法へ
◆ 関連項目
症状でしらべる
オシッコが近い
オシッコが出にくい
尿が漏れる

トップへ戻る