前立腺肥大症の説明
前立腺肥大症の症状
前立腺肥大症の診断方法
前立腺肥大症の治療方法

前立腺肥大症(Benign Prostatic Hyperplasia)

前立腺肥大症の診断

診断は、前立腺肥大症での最大の問題点「排尿状態」についてお聞きした後、各検査を行います。排尿症状の評価には、「国際前立腺症状スコア(IPSS)」や「QOLスコア※」があります。この評価方法は経過観察や治療効果の判定にも用いられます。
※QOLとはquality of life:生活の質のことです。今日では生活習慣病など根治しにくい病気が増えたため注目されている言葉です。

 

IPSS,QOLスコアによる症状の評価
あなたの過去1ヶ月の平均的な排尿状態について、以下の該当する欄に○をつけてください。

 

排尿状態 なし 5回に1回未満 2回に1回未満 2回に1回位 2回に1回以上 ほぼいつも
排尿後にまだ尿が残っている感じがありましたか 0 1 2 3 4 5
排尿後2時間以内に、もう一回いかねばならないことがありましたか 0 1 2 3 4 5
排尿途中に尿が途切れることがありましたか 0 1 2 3 4 5
尿をがまんするのがつらいことがありましたか 0 1 2 3 4 5
尿の勢いが弱いことがありましたか 0 1 2 3 4 5
排尿開始時にいきむ必要がありましたか 0 1 2 3 4 5
床に就くから朝起きるまで普通何回排尿に起きましたか 0回 1回 2回 3回 4回 5回
0 1 2 3 4 5

IPSSスコアが20点以上の方は泌尿器科専門医受診をお勧めします

 

QOLスコア

大変満足 満足 大体満足 どちらでもない 不満気味 不満 大変不満
排尿後にまだ尿が残っている感じがありましたか 0 1 2 3 4 5 6

 

診断方法

まず一般採血、および前立腺癌の腫瘍マーカー(PSA前立腺特異抗原)、検尿を行ないます。次に以下の検査を必要に応じて行なっていきます。

 

直腸診
指を肛門より挿入し前立腺を触診します。正常では前立腺はクルミ程の大きさで、弾性のあるやや平坦な半球状の組織として触れます。肥大症では種々の大きさに腫大し、弾性硬に触れます。前立腺ガンでは石のように硬く触れることがあります。

 

尿流量測定、残尿測定
ある程度排尿をがまんしたあとに、尿流計に排尿します。最大尿流量率(1秒間の排尿量)をはじめとし、1回の排尿時間や平均尿流率を知ることができ、さら に尿量曲線として排尿状態を客観的に把握できます。さらに排尿後はすぐに下腹部の超音波断層診断法を行い、残尿量の近似値を計算することも可能です。

 

超音波断層診断法
前立腺内部や膀胱内への突出の程度を観察したり、前立腺の大きさを測定することができます。経直腸的検査の方が前立腺を細部まで観察することができます。

 

逆行性尿道造影
前立腺部尿道の圧迫や延長、膀胱底の挙上の程度がみられます。比較的侵襲のある検査で、必ずしも必要な検査とは言えません。

 

内視鏡検査
比較的に侵襲のある検査ですが、前立腺部尿道の閉塞状態を直接観察できます。また、膀胱内部を観察することで肉柱形成や膀胱憩室、膀胱結石といった合併症の有無もみることができます。

 

尿水力学的検査
尿流量測定と同時に膀胱内圧測定をすることで排尿障害の原因が前立腺部尿道の閉塞に起因するものか膀胱排尿筋の収縮力低下によるものかを鑑別します。
膀胱内圧測定のみでも膀胱排尿筋の収縮力をある程度評価することができます。


前立腺肥大症の治療方法へ
◆ 関連項目
症状でしらべる
オシッコが近い
オシッコが出にくい
尿が漏れる

トップへ戻る