• 杏林大学トップ
  • ニュース
  • 【再掲】(受験生へ)新型コロナウィルス感染防止のためのお願い【10月~11月に来校して試験を受ける入試について】

News Releaseニュース

【再掲】(受験生へ)新型コロナウィルス感染防止のためのお願い【10月~11月に来校して試験を受ける入試について】

○日頃から、手洗い・手指消毒、咳エチケットの徹底、身体的距離の確保、「三つの密」の回避などを行うとともに、バランスのとれた食事、適度な運動、休養、睡眠など、体調管理を心掛けてください。

○試験前日までに発熱・咳等の症状がある受験者はあらかじめ医療機関を受診してください。

○「新型コロナウイルスに罹患し、治癒していない者」、「試験日直前に保健所等から濃厚接触者に該当するとされた者」、「学校保健安全法施行規則で出席停止が定められている感染症(インフルエンザ等)に罹患し、治癒していない者」は受験できません。「試験当日に37.5度以上の熱がある者」、その他「新型コロナウィルスに感染していることが疑われ、他者へ感染させる可能性があると考えられる者」は受験を取り止めることを検討してください。

○試験当日は、手指等を除菌できるシート、ジェル等の持参をお勧めします。試験会場で昼食をとる場合には、食事前に必ず手指の消毒をお願いします。なお、試験会場には、速乾性アルコール製剤を配置予定です。

○試験当日は、昼食が必要な場合、昼食を持参し、自席で取り、昼食時や休憩時間には他者との接触、会話を極力控えてください。

○試験場では昼食時以外はマスクを必ず着用してください。着用したマスクは大学内のゴミ箱に捨てずにお持ち帰りください。

○試験当日に試験会場で、体調不良(発熱、咳等)となった場合は、必ず試験監督に申し出てください。

○試験当日は、休憩時間等に換気のため試験室の窓を開放する場合があります。適宜、上着などを持参してください。

○保護者の控室・待合室はありません。


※なお、本学の入試は、文部科学省より示された「令和3年度大学入学者選抜に係る新型コロナウイルス感染症に対応した試験実施のガイドライン」に基づき、出来る限り志願者の方が安全に受験できるような環境で実施します。

2020年10月16日
杏林大学 入学センター