大学ホーム医学部教員紹介舛田 一樹

教員紹介:舛田 一樹

氏名
 
舛田 一樹
マスダ カズキ MASUDA, Kazuki
職位 助教
学内の役職・委員等 医局長、リスクマネージメント委員、診療情報管理委員、レジメン評価委員、学生BSL担当、研修医指導医担当、教育委員、毒劇物管理者
所属教室 泌尿器科学
専攻・専門分野
 (大学院)
外科系専攻 泌尿器科学分野
専門分野 排尿機能学
研究テーマ 1.慢性糖尿病モデルラットにおける下部尿路機能障害の病態とNO/cGMPシグナル伝達経路
2.前立腺癌におけるLiquid biopsy
3.多発性嚢胞腎におけるアミノ酸トランスポーターの分析
4.臨床データベースを用いた、泌尿器癌のレトロスペクティブ解析
略歴 平成22年 杏林大学医学部 卒業
平成22年 杏林大学医学部付属病院 初期臨床研修医
平成24年 杏林大学医学部付属病院 泌尿器科 任期助教
平成28年 杏林大学大学院医学研究科 入学
平成30年 東京大学大学院医学系研究科コンチネンス医学講座
令和2年  杏林大学大学院医学研究科 修了 博士 (医学)
令和2年  杏林大学医学部付属病院 泌尿器科 助教
所有する学位 博士(医学)
指導医・専門医・認定医、その他の資格等 日本泌尿器科学会専門医
日本医師会認定産業医
がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修修了
臨床研修医指導医講習修了
Space OAR 施術認定医
ロボット(da Vinci Si)手術認定医
ぼうこう又は直腸機能障害の診断指定医
論文・著書等を含む主要研究業績 英文
5. Kii T, Taguchi S, Nagahama K, Shimoyamada H, Honda K, Tomida Y, Matsumoto R, Kitamura J, Ninomiya N, Masuda K, Nakamura Y, Yamaguchi T, Kinjo M, Tambo M, Okegawa T, Higashihara E, Shibahara J, Fukuhara H. Pigmented median raphe cyst of the penis that developed after middle age without infection or trauma history. IJU Case Reports 2021;
https://doi.org/10.1002/iju5.12271.
4.Kinjo M, Masuda K, Nakamura Y, Taguchi S, Tambo M, Okegawa T, Fukuhara H. Effects on Depression and Anxiety After Mid-Urethral Sling Surgery for Female Stress Urinary Incontinence. Res Rep Urol. 2020;12:495-501
3.Omura S, Taguchi S, Miyagawa S, Matsumoto R, Samejima M, Ninomiya N, Masuda K, Nakamura Y, Yamaguchi T, Kinjo M, Tambo M, Okegawa T, Higashihara E, Fukuhara H. Prognostic significance of the albumin-to-globulin ratio for upper tract urothelial carcinoma. BMC urology 20:133,2020.
2.Masuda K, Aizawa N, Watanabe D, Okegawa T, Kume H, Igawa Y, Fukuhara H. Pathophysiological changes of the lower urinary tract behind voiding dysfunction in streptozotocin-induced long-term diabetic rats. Scientific reports 10:4182,2020.
1.Okegawa T, Ninomiya N, Masuda K, Nakamura Y, Tambo M, Nutahara K. AR-V7 in circulating tumor cells cluster as a predictive biomarker of abiraterone acetate and enzalutamide treatment in castration-resistant prostate cancer patients. The Prostate 78:576-82,2018.

和文
8.中村雄, 田口慧, 舛田一樹, 松本龍貴, 大村章太, 鮫島未央, 二宮直紀, 山口剛, 金城真実, 多武保光宏, 桶川隆嗣, 福原浩. 経尿道的ホルミウムレーザー前立腺核出術 (HoLEP) における偶発癌症例および術後経過観察中に診断された前立腺癌症例の検討.Japanese Journal of Endourology 33(2):335-340,2020.
7.桶川 隆嗣, 舛田 一樹, 多武保 光弘, 奴田原 紀久雄. 泌尿器科癌における新しいバイオマーカー 去勢抵抗性前立腺癌におけるLiquid biopsyの現状と展望. 泌尿器外科 31:764-8,2018.
6.舛田 一樹, 桶川 隆嗣. 前立腺癌におけるLiquid biopsyの現状と展望. 西日本泌尿器科 80:43-9,2018.
5.桶川 隆嗣, 舛田 一樹. 【腎泌尿器領域における個別化医療・精密医療】前立腺がんにおけるプレシジョンメディシンの現状と今後. 腎臓内科・泌尿器科 7:140-7,2018.
4.桶川 隆嗣, 鮫島 未央, 北村 盾二, 舛田 一樹, 二宮 直紀, 山口 剛, 板谷 直, 原 秀彦, 多武保 光宏, 奴田原 紀久雄. 去勢抵抗性前立腺癌における末梢循環癌細胞クラスターとandrogen-receptor splice variant 7の意義. 泌尿器外科 29:1253-6,2016.
3.桶川 隆嗣, 鮫島 未央, 北村 盾二, 舛田 一樹, 森川 泰如, 山口 剛, 板谷 直, 原 秀彦, 多武保 光宏, 奴田原 紀久雄. ハイリスク前立腺癌における末梢血循環癌細胞検査の意義. 泌尿器外科 28:1415-20,2015.
2.板谷 直, 北村 盾二, 舛田 一樹, 二宮 直紀, 中村 雄, 山口 剛, 林 建二郎, 原 秀彦, 多武保 光宏, 宍戸 俊英, 桶川 隆嗣, 東原 英二, 奴田原 紀久雄. 体外衝撃波砕石術(ESWL)後のα1遮断薬による排石効果の比較検討. 日本尿路結石症学会誌 12:175-7,2014.
1.林 建二郎, 宍戸 俊英, 北村 盾二, 二宮 直紀, 舛田 一樹, 中村 雄, 山口 剛, 板谷 直, 原 秀彦, 多武保 光宏, 桶川 隆嗣, 奴田原 紀久雄. 膀胱全摘後の回腸新膀胱における排尿状態の検討. 日本排尿機能学会誌 24:332-5,2014.
所属学会 日本泌尿器科学会
日本泌尿器内視鏡学会
日本内視鏡外科学会
日本排尿機能学会
日本泌尿器腫瘍学会
日本生殖医学会
日本性機能学会
日本性感染症学会
日本癌治療学会
日本老年泌尿器科学会
日本在宅医療連合学会
倫理委員会・利益相反
このページのトップへ

PAGE TOP