大学ホーム医学研究科教育・研究指導教員紹介:本多 紘二郎

教員紹介:本多 紘二郎


氏名
 
本多 紘二郎
ホンダ コウジロウ
職位 助教
学内の役職・委員等 学生教育担当
所属教室

専攻・専門分野
 (大学院)
担当科目(学部) 呼吸器内科学(医学部)
専門分野 呼吸器内科学 
研究テーマ びまん性肺疾患(特に間質性肺炎)、気管支喘息
略歴 2005年 杏林大学医学部卒 杏林大学医学部付属病院と都立墨東病院勤務
2010年 杏林大学大学院入学
2014年 杏林大学大学院卒業、さいたま赤十字病院、結核予防会複十字病院勤務
2017年 杏林大学医学部付属病院 現在に至る。

2013年 APSR Travel Award(第18回アジア太平洋呼吸器学会:横浜)
所有する学位 博士(医学)
指導医・専門医・認定医、その他の資格等 日本内科学会総合内科専門医
日本呼吸器学会専門医・指導医
日本結核病学会結核・抗酸菌認定医
日本呼吸器学会2022,2023年度代議員
論文・著書等を含む主要研究業績 1)Honda K,Wada H, Nakamura M, Nakamoto K, Inui T, Sada M, Koide T, Takata S, Yokoyama T, Saraya T, Kurai D, Ishii H, Goto H, Takizawa H.et al.IL-17A synergistically stimulates TNF-α-induced IL-8 production in human airway epithelial cells: A potential role in amplifying airway inflammation. Exp Lung Res. (4):205-216.2016
2)Honda K, Saraya T, Yokoyama T, Goto H, Takizawa H.Multiple mycotic hepatic and splenic artery aneurysms in a patient with pneumococcal pneumonia: a case report with a review of the literature.Clin Case Rep.3.891-896.2015
3)Honda K, Saraya T, Tamura M, Yokoyama T, Fujiwara M, Goto H.Tumor lysis syndrome and acquired ichthyosis occurring after chemotherapy for lung adenocarcinoma.J Clin Oncol.29(35):e859-860 2011
4)(分担翻訳):胸膜疾患のすべて 改訂第3版 単行本;監訳:家城 隆次, 慶長 直人,2015.診断と治療社
5)Miyaoka C, Saraya T, Honda K, Fujiwara M, Ishii H, Takizawa H.Aggressive lung involvement in a patient with T-acute lymphoblastic leukaemia/lymphoblastic lymphoma: a tricky and rare case reportRespirol Case Rep. 2020;8(6)
6)Honda K, Saraya T, Miyaoka C, Suda K, Fujiwara M, Ishii H.Tuberculosis-associated chylothorax revealing an enlarged lymphatic duct due to tuberculosis lymphadenitis:Respirol Case Rep. 2020;8(6)
所属学会 日本内科学会 日本呼吸器学会 日本アレルギー学会
結核病学会 日本感染症学会 日本呼吸器内視鏡学会
日本肺癌学会
このページのトップへ

PAGE TOP