大学ホーム医学研究科教育・研究指導教員紹介:福岡 利仁

教員紹介:福岡 利仁


氏名
 
福岡 利仁
フクオカ カズヒト
職位 講師
学内の役職・委員等 第一内科 学内講師
腎臓・リウマチ膠原病内科・個室病棟 病棟医長
NST委員、救急外来運営会議委員
後期研修委員会委員長
腎臓・リウマチ膠原病内科 リスクマネージャー
所属教室

専攻・専門分野
 (大学院)
担当科目(学部) 腎臓・リウマチ膠原病内科
専門分野 腎臓病学、リウマチ膠原病学、透析医学、内科学
研究テーマ 自己炎症疾患・血管運動浮腫の病態に関する研究
膠原病における補体遺伝子異常によるTMAの研究
関節リウマチの生物製剤を用いた寛解導入・維持療法の研究
高血圧症におけるRASの関与に関する研究
有機代謝産物としての腹膜透析液の有効利用
慢性腎臓病のミネラル代謝に関する研究
多職種連携による患者教育に関する研究
略歴 平成4年 杏林大学医学部卒
平成10年 杏林大学医学部医学研究科(大学院)卒
平成12年 The Scripps Research Institute Cell Biology , research associate
平成13/14年 University of California San Diego, Nephrology and Hypertension, ポスドク
平成15年 学内講師
平成21年 同医局長
平成30年 腎臓・リウマチ膠原病内科 病棟医長
令和2年 講師 個室病棟 病棟医長 
所有する学位 博士(医学)
指導医・専門医・認定医、その他の資格等 日本内科学会認定医、総合内科専門医、内科指導医、リウマチ学会専門医、腎臓学会専門医、腎臓指導医、透析専門医、透析指導医。日本医師会認定産業医、リウマチ指導医、日本医師会健康スポーツ医、リウマチ学会認定ソノグラファー
論文・著書等を含む主要研究業績 (英文著書)
1. Inborn Errors of Development, 13.development of the genitourinary system, Charles J. Epstein, Oxford 2004 ② Steer Dyran, Fukuoka Kazuhito, Mendoza Stanley, Nigam Sanjay: Development of the Genitourinary System. In Inborn Errors of Development – The Molecular Basis of Clinical Disorders of Morphogenesis. Edited by Epstein CJ, Wynshaw-Boris A. Oxford university press. Boston, Jan, 2004.
(論文)
1. Shibata Y, Fukuoka1 K, Yokota R, Lee H, SayoH, Ikegaya N, Mori1 K, Yamamoto J, Isomura A, Nagahama K, Shimoyamada H, Kawakami T, Komagata Y, Kaname S. Minimal change nephrotic syndrome superimposed on anti-glomerular basement membrane antibody positive glomerulonephritis; a case report (in press)
2. Fukuoka K, Nakajima E, Shimoda S, Shoji K, Miyamoto A, Ozawa Y, Nagasawa Y, Hamai A, Nishikawa A, Komagata Y, Sakurai H, Kaname S. Treatment of a patient with severe osteoporosis undergoing combination therapy of peritoneal dialysis and hemodialysis with romosozumab: a case report (in press)
3. Fukuoka K, Kaname S; Title: Agglutinated erythrocytes by serum cold agglutinin possibly caused by influenza infection (in press)
4.Keino H, Watanabe T, Nakayama M, Fukuoka K, Yoshinori K, Okada AA Long-term efficacy of early infliximab-induced remission for refractory uveoretinitis associated with Behçet’s disease (in press)
5. Hayashida M, Miyoshi J, Mitsui T, Miura M, Saito D, Sakuraba A, Kawashima S, Ikegaya N, Fukuoka K, Karube M, Komagata Y, Kaname S, Okada A.A. Fujimori S, Matsuura M, Hisamarsu T  Elevated fecal calprotectin and lactoferrin associated with small intestinal lesions in ptients with Behcet  J Gastroenterol Hepatol disease (in press)
6. Endo A, Komagata Y, Yamagishi K, Ikegaya N, Fukuoka K, Karube M, Arimura Y, Kaname S   Two distinct ubsets of low density granulocytes in anca associated vasculitis.Annals of the Rheumatic Diseases 77 (Sup 2):1113-1114, Annals of the Rheumatic Disease 2018
7. Yakushiji H, Hashimura C, Fukuoka K, Kaji A, Miyahara H, Kaname S, Horiuchi T A missense mutation of the plasminogen gene in hereditary angioedema with normal C1 inhibitor in Japan 73: 2244-2247 Allergy 2018
8. Yakushiji H, Hashimura C, Fukuoka K, Kaji A, Miyahara H, Kaname S, Horiuchi T A missense mutation of the plasminogen gene in hereditary angioedema with normal C1 inhibitor in Japan 73: 2244-2247 Allergy 2018
9. Fukuoka K, Miyamoto A, Ozawa Y, Ikegaya N, Maesono T, Komagata Y, Kaname S, Arimura Y. Fukuoka K, Miyamoto A, Ozawa Y, Ikegaya N, Maesono T, Komagata Y, Kaname S, Arimura Y 2019
10. Saraya T, Fukuoka K, Maruno H, Komagata Y, Fujiwara M, Kaname S, Arimura Y, Yamada A, Takizawa H Tenossymovitis with Rice Body Formation Due to Mycobacterium Intracellulare Infection After Initiation of Infliximab Therapy. Am J Case Rep 2018
11. Fukuoka K, Sato Y, Sakurai H, Kawashima S, Kaname S, Arimura YA Dialysis Patient With Hyperphosphatemia, Hyperkalemia, and Azotemia Without an Excessive Intake 2: 770-773 Kidney Int Rep 2017
12. Sato J, Kawakami T, Nakabayashi K, Fukuoka K, Hirano K, Terado Y, Yokoyama K, Ohtsuka T, Ohkura Y, Fujioka Y, Kurata A. Multiple aortic aneurysm complicated by a rupture in the systemic lupus erythematosus: a case report Patol Res Pract. 2008; 204 845-850. Patol Res Pract. 2008
13. Nakabayashi K, Fujioka K, Arimura Y, Fukuoka T, Marumo T, Umino M, Kamiya Y, Okai T, Tsurumaki S, Nagasawa T, Yamada A. Anti-glomerular basement membrane (anti-GBM) disease accompanied by vasculitis that was not positive for antineutrophil cytoplasmic antobodies to myeloperoxidase and protease 2: a report of two cases and the incidence of anti-GBM disease at one institution 15:504-513 Clin Exp Nephrol 2011
14. Niwa M, Fukuoka K, Fujimoto T, Maruyama IN: Efficient isolation of cDNA clones encoding rheumatoid arthritis autoantigens by lamda phage surface display, J Biotechnol, 114, 55-58, 2004
15. Fukuoka Kazuhito, Nakabayashi Kimimasa: Collagen disease and vasculitis, Nippon Rinsho, 62(19), 1898-1906, 2004
16. Soejima A, Matsuzawa N, Hayashi T, Kimura R, Ootsuka T, Fukuoka K, Yamada A, Nagasawa T, Era S: Alternation of redox state of human serum albumin before and after hemodialysis Blood Purification 22 525-529, 2004
17. Soejima A, Fukuoka K, Matsuda T: Initiation of blood purification therapy in patient with acute renal failure, Nippon Rinsho. 407-411, 2004
18. Soejima A,Ishizuka S, Miyake N, Fukuoka K. Simultaneous inhibition of renal phospholipase A2 and glutathione synthesis by manoalideand DL-buthionine sulfoximine induces acute tubular dysfunction in rats. et al.Exp Nephrol 8, 84-90, 2000
19. Miyake N, Karube M, Fukuoka K. Soejima A, Matsuzawa N, Nagasawa T.Hypoalbuminemia accelerates erythrocyte membrane lipid peroxidation in chronic hemodialysis patients. Clin Nephrol 51, 92-97, 1999
20. Fukuoka K, Takeda M, Kobayashi M, Osaki T, Shirato I, Soejima A, Nagasawa T, Endou H Distinct interleukin-1β-converting enzyme family protease mediate cisplatin- and staurosporine-induced apoptosis of mouse proximal tubule cells. Life Sceiences 62: 1125-1138, 1998.
21. Soejima A, Ishizuka S, Suzuki M, Miyake N, Fukuoka K, Nagasawa T. Biochemical renal manifestations induced by consecutive administration of gentamicin in rats.,Nephron 80, 331-339,1998
22. Soejima A, Miyake N, Matsuzawa N, Waku M, Fukuoka K, Kamiya Y , Nagasawa T. Clinical characterization of acute renal failure in multiple organ dysfunction syndrome. Clin Exp Nephrol 2,142-150, 1998
23. Takeda M, Fukuoka K, Endou H. Cisplatin-induced apoptosis in mouse proximal tubular cell line. Contrib Nephrol 118, 24-28, 1996
(邦文著書・論文)
1. 福岡利仁(分担執筆) 慢性腎臓病 新体系看護学全書 疾病の成り立ちと回復の促進12 疾病と治療9 腎・泌尿器/女性生殖器. 腎・泌尿器.奴田原紀久雄,要伸也,恩田貴志編集.新体系看護学全書東京,メヂカルフレンド社,2018. p.145-146.
2. 福岡利仁(分担執筆) そのほかの腎血管性疾患 新体系看護学全書 疾病の成り立ちと回復の促進12 疾病と治療9 腎・泌尿器/女性生殖器. 腎・泌尿器.奴田原紀久雄,要伸也,恩田貴志編集.新体系看護学全書東京,メヂカルフレンド社,2018. p.145-146.
3. 福岡利仁(分担執筆) 高尿酸血症による腎障害 新体系看護学全書 疾病の成り立ちと回復の促進12 疾病と治療9 腎・泌尿器/女性生殖器. 腎・泌尿器.奴田原紀久雄,要伸也,新体系看護学全書恩田貴志編集.東京,メヂカルフレンド社,2018. p.141-142
4. 福岡利仁(分担執筆) 糖尿病性腎症 新体系看護学全書 疾病の成り立ちと回復の促進12 疾病と治療9 腎・泌尿器/女性生殖器. 腎・泌尿器.奴田原紀久雄,要伸也,恩田貴志編集.新体系看護学全書東京,メヂカルフレンド社,2018. p.132-133.
5. 福岡利仁(分担執筆) 透析療法 新体系看護学全書 疾病の成り立ちと回復の促進12 疾病と治療9 腎・泌尿器/女性生殖器. 腎・泌尿器.奴田原紀久雄,要伸也,新体系看護学全書恩田貴志編集.東京,メヂカルフレンド社,2018. p.101-109
6. 福岡利仁(分担執筆) 尿毒症 新体系看護学全書 疾病の成り立ちと回復の促進12 疾病と治療9 腎・泌尿器/女性生殖器. 腎・泌尿器.奴田原紀久雄,要伸也,恩田貴志編集.東京,新体系看護学全書 メヂカルフレンド社,2018. p.57-58.
7. 福岡利仁(分担執筆) 血液の異常 新体系看護学全書 疾病の成り立ちと回復の促進12 疾病と治療9 腎・泌尿器/女性生殖器. 腎・泌尿器.奴田原紀久雄,要伸也,恩田貴志編集.新体系看護学全書東京,メヂカルフレンド社,2018. p.41-43.
8. 福岡利仁(分担執筆) 浮腫、脱水、発熱、循環器系の異常 新体系看護学全書 疾病の成り立ちと回復の促進12 疾病と治療9 腎・泌尿器/女性生殖器. 腎・泌尿器.奴田原紀久雄,要伸也,新体系看護学全書 恩田貴志編集.東京,メヂカルフレンド社,2018. p.26-33.
9. 福岡利仁 コンサルト38 血管炎による腎障害を疑うとき;ループス腎炎  こんなときどうすれば!?腎臓・水電解質コンサルタント 金芳堂 京都 2017
10. 福岡利仁 コンサルト37 膠原病による腎障害を疑うとき;ループス腎炎 こんなときどうすれば!?腎臓・水電解質コンサルタント 金芳堂 京都 2017
11. 福岡利仁 コンサルト36 膠原病による腎障害を疑うとき;シェーグレン症候群の尿細管異常 こんなときどうすれば!?腎臓・水電解質コンサルタント金芳堂 京都 2017
12. 福岡利仁, 山田明 薬剤による急性腎不全、非ステロイド性抗炎症薬・カルシニューリンインヒビター急性腎不全・AKIハンドブック  pp60-66 中外医薬社 東京 2010
13. 福岡利仁, 中林公正 New専門医を目指すケース・メソッド・アプローチ:4 膠原病・リウマチ 結節性多発動脈炎 橋本博史・編 pp203-219 2008
14. 福岡利仁 溶連菌溶連菌感染後腎炎 内科疾患の最新の治療(Vol97 No6) 専門医からのアドバイス 内科疾患の最新の治療 専門医からのアドバイス2006年6月増大号 2006
15. 福岡利仁 腎アミロイドーシス 内科疾患の最新の治療(Vol97 No6) 専門医からのアドバイス 内科疾患の最新の治療 専門医からのアドバイス 2006年6月増大号 2006
16. 福岡利仁 グッドパスチャー症候群 浦信行・柏原直樹・熊谷裕生・竹内和久編 腎臓ナビゲーター
メディカル・レビュー社 大阪
17. 福岡利仁, 副島昭典 ネフローゼ症候群 山本保博編、pp.131-137 アルブミン臨床マニュアル-適正使用の実際 メヂカルレビュー社 大阪 2003
18. 副島昭典, 松澤直樹, 三宅伸之, 軽部美穂, 福岡利仁, 神谷康司, 北本清, 長澤俊彦 維持透析患者の赤血球膜脂質の過酸化と低アルブミン血症の関係について. 腎とフリーラジカル 第三集. 山田春生・中村一路・編, pp104-108. 東京医学社 東京 2003 武田理夫・他編 pp.206-210 東京医学社 東京 1997
19. 武田理夫, 福岡利仁 尿細管とアポトーシス Annual Review 腎臓 長澤俊彦・他編 pp123-126 中外医薬社 Annual Review 腎臓 東京 1996
20. 久木元光,清水英樹, 軽部美穂, 川嶋聡子, 池谷紀子, 福岡利仁, 駒形嘉紀, 要伸也 日常診療で出会う体液・電解質異常 透析導入時期と補正AGとの関連 臨床体液 45:38-40 臨床体液 2019
21. 福岡利仁, 清水英樹, 富安朋宏, 村上円人, 吉田啓, 要伸也, 有村義宏 東京多摩地区における腹膜透析の現況について 腎と透析 79巻別冊腹膜透析2015 腎と透析 :54-57 2015
22. 宮田敏行,加藤秀樹,内田裕美子,吉田瑶子,子亀浩一,福岡利仁,要伸也,大田敏之,浦山耕太郎,藤永周一郎,櫻谷浩志,喜瀬智郎,渡邊栄三,織田成人,永田裕子,玉井宏史, 小松真太郎,, 前沢浩司,川村尚久, 永野幸治,河野智康,松本雅則,藤村吉博, 南学正臣 日本人の非典型溶血性尿毒症症候群患者の遺伝子解析補体系因子とDGKEの遺伝子変異 52(1): 71-72 補体 2015
23. 福岡利仁, 早川哲, 清水英樹, 遠藤彰子, 磯村杏耶, 齊藤督芸, 川嶋聡子, 要伸也, 有村義宏, 山田明 当院CKD症例に対するトルバプタンの効果についての検討 41: 11-15 臨床体液 2010
24. 千々和京介, 平松佐紀子, 吉原堅,浜井章, 藤田直己,則竹敬子,小路仁,福岡利仁,要伸也, 山田明 導入 腹膜透析外来導入の確立 腎と透析69 別冊 腹膜透析腎と透析 2010 259-261 2010
25. 「結節性多発動脈炎」 日本医事新報社.東京 専門医のためのケースメソッドアプロー
③ ネフローゼ症候群. 福岡利仁、副島昭典 アルブミン臨床マニュアル-適正使用の実際 山本保博、編、メディカルレビュー社 大阪 131-137, 2003
福岡利仁: グッドパスチャー症候群:腎臓ナビゲーター 浦信行・柏原直樹・熊谷裕生・竹内和久・編・メディカルレビュー社 大阪, 2004
26. 自己hemoglobinの前投与によるglycerol誘発急性腎不全の予防効果とacquired resistanceの獲得について. 副島昭典、三宅伸介、鈴木道彦、石塚俊二、軽部美穂、福岡利仁、武田理夫、遠藤仁、長澤俊彦 腎とフリーラジカル第3集,山田春生、中村一路、編、東京医学社 東京 104-108, 1997
27. 尿細管障害とアポトーシス 武田理夫、福岡利仁 Annual Review腎臓 1996 長澤俊彦、他編 中外医薬社 東京 123-126, 1996⑧
28. 福岡利仁、副島昭典・医学のあゆみ・別冊:急性腎不全とフリーラジカル
29. 福岡利仁:腎アミロイドーシス 内科疾患の最新の治療(Vol97 No6) 専門医からのアドバイス 2006年6月増大号 2006
30. 福岡利仁:溶連菌感染後腎炎 内科疾患の最新の治療(Vol97 No6) 専門医からのアドバイス 2006年6月増大号 2006
31. 福岡利仁、中林公正 血管炎症候群における腎障害の管理と治療 Modern Physician 345-351. 27 2007.
32. 福岡利仁, 中林公正:腎疾患の新しい考え方と治療のあり方; 抗リウマチ薬による薬物性腎障害 医学のあゆみ, 215 541-548, 2005
33. 福岡利仁、中林公正: 結節性多発動脈炎 綜合臨床 2007年増刊号
34. 福岡利仁, 有村義宏, 副島昭典, 山田明: 高血圧患者における尿中アンギオテンシン排泄の検討 臨床体液, 32: 61-65, 2005
35. 福岡利仁, 中林公正:MPA寛解導入療法についての最近の知見-シクロホスファミド連日経口投与か?静注パルスか?-リウマチ科 34(5) 2005
36. 福岡利仁、中林公正  二次性ネフローゼ症候群-原因疾患別考察: 膠原病、血管炎 日本臨床 2004“ネフローゼ症候群” 62(10) 2004
37. 福岡利仁, 中林公正:結節性多発動脈炎 –疾患概念の変遷と診断・治療- リウマチ科 34(1), 2005
38. 福岡利仁、山田明 生物製剤が有効であったRAの一例 東京内科医会雑誌 20 (3)
39. 福岡利仁 「なんでも相談室」 スマイル 2007年春号
40. 福岡利仁、中林公正:膠原病診療の実際-抗リン脂質症候群、臨床と研究 81, 265-270, 2004
41. 福岡利仁、山田明:ANCA関連血管炎の維持療法に最適な薬剤は? 内科 93, 976-978, 2004
42. 関内真紀穂, 神谷康司, 福岡利仁, 和久昌幸, 有村義宏, 副島昭典, 中林公正, 長澤俊彦: 多彩な全全身症状を合併したpseudo-Bartter症候群の一例-全身症状の本邦における文献的考察を含めて- 杏林医学会誌 32, 193-195 2004
43. 福岡利仁、山田明:膠原病に伴う腎病変の治療とフォローアップ、現代医療 36, 407-413, 2004
44. 福岡利仁、山田明:膠原病に伴う腎病変の治療とフォローアップ、現代医療 36, 407-413, 2004
45. 福岡利仁、副島昭典:多臓器不全における急性腎不全の病態の特殊性、救急・集中治療 15 935-942,2003
46. 鈴木道彦、有村義宏、簑島忍、三宅伸之、福岡利仁、石塚俊二、副島昭典、中林公正、北本清、長澤俊彦「MPO-ANCA関連腎炎を呈したCogan症候群の一例」 日腎会誌 38 423-427, 1996
47. 動脈硬化性病変とビタミンC・E. 福岡利仁、副島昭典 臨床栄養 96 132-136, 2000
48. 副島昭典、松澤直輝、三宅伸之、軽部美穂、福岡利仁、神谷康司、北本清、長澤俊彦維持透析患者の赤血球膜脂質の過酸化と低アルブミン血症の関係について.  腎とフリーラジカル第4集、武田理夫、他編、東京医学社 東京 206-210, 1998
49. MPO-ANCA関連腎炎を呈したCogan症候群の一例. 鈴木道彦、有村義宏、簑島忍、三宅伸之、福岡利仁、石塚俊二、副島昭典、中林公正、北本清、長澤俊彦、日腎会誌 38, 423-427, 1996
50. 向精神薬による急性腎不全10例の臨床的検討. 副島昭典、鈴木道彦、石塚俊二、三宅伸之、軽部美穂、福岡利仁、簑島忍、田中宇一郎、斉藤元章、有村義宏、中林公正、北本清、長澤俊彦 日腎会誌 38:335-341, 1996.
51. ゲンタマイシンに抵抗性を獲得した急性腎不全ラットにみられる燐脂質組成とphospholipase活性の変動. 副島昭典、石塚俊二、鈴木道彦、三宅伸介、福岡利仁、長澤俊彦 第8回腎と脂質研究会抄録集,4-8, 1995
52. 実験的急性腎不全における脂質の過酸化と尿細管機能-酵素化学的検討. 副島昭典、鈴木道彦、石塚俊二、福岡利仁、長澤俊彦 日腎会誌 30, 800-804, 1994
53. 福岡利仁、鈴木道彦、神谷康司、白矢勝子、簑島忍、本橋茂、副島昭典、有村義宏、中林公正、北本清、長沢俊彦:長期に及ぶ骨所見の経過を観察し得たイタイイタイ病による維持透析例の一剖検例、第27回日本腎臓病学会東部学術大会, 東京、平成9年11月
54. immobilization hypercalcemiaの1例 福岡利仁、高梨朝子、入江宏、小池秀海、吉野圭東京都医師会雑誌

競争的研究資金獲得歴)
平成16年度 文部科学省科学研究費 若手B
平成16年度 透析アウトカム研究会
平成19年 日本腎臓財団 研究奨励賞受賞
平成19年 日本腹膜透析研究会 Young Investigator賞受賞

その他
藻類バイオマスを用いた腹膜透析排液の有効活用 特許取得
所属学会 日本内科学会、日本腎臓学会、リウマチ学会、日本透析療法学会、日本臨床栄養代謝学会(JASPEN)、日本免疫不全・自己炎症学会、日本補体学会。日本超音波学会、日本医療経済学会、American Society of Nephrology (ASN), International Society of Nephrology (ISN), European Renal Association-Europena Dialysis and Transplant Association (ERA-EDTA), European League Against Rheumatism (EULAR)
学外活動 三鷹市民公開講座「腎臓について考えるフォーラム」世話人
腎と生活習慣病フォーラム 世話人
糖尿病性腎症セミナー 世話人
多摩PD研究会共同研究プロジェクト委員
ひとことメッセージ 当科内科のサブスペシャリティーは腎臓、リウマチ膠原病学です。当科の医局員は専門性もさることながら広く内科全般の知識・診療技術向上に努めております。
このページのトップへ

PAGE TOP