大学ホーム医学研究科教育・研究指導教員紹介:海老原 孝枝

教員紹介:海老原 孝枝


氏名
 
海老原 孝枝
エビハラ タカエ EBIHARA, TAKAE
職位 准教授
学内の役職・委員等 高齢診療科・物忘れセンター外来医長
M6試験担当委員
勤務改善委員・患者支援センター運営委員
摂食嚥下委員・CPC委員
女性復職支援委員
所属教室

専攻・専門分野
 (大学院)
担当科目(学部) 医学部・高齢医学
担当科目(大学院) 大学院医学系研究科 高齢医学
専門分野 高齢者誤嚥性肺炎、高齢者摂食嚥下障害、認知症、栄養
研究テーマ 認知症高齢者の誤嚥性肺炎・摂食嚥下障害のメカニズム解明と包括的アプローチ法の確立
略歴 1990年 秋田大学医学部医学科卒業 初期研修後
1992年 東北大学医学部付属病院 老人科 入局
1996年 Canada・McGill大学 Meakins-Christie研究所(postdoctoral fellow)
2000年 東北大学医学部老年・呼吸器内科学分野
/東北大学病院老年呼吸器内科医員
2007年 東北大学病院老年内科 助教
2008年 東北大学加齢医学研究所老年医学分野 助教
2014年 東京大学大学院医学系研究科加齢医学分野
                   客員研究員 
    東北大学大学院歯学系研究科非常勤講師            
2015年 東京大学大学院医学系研究科加齢医学分野
    東北大学大学院歯学系研究科国際保健歯科
                   非常勤講師     
2016年 杏林大学医学部高齢医学講座 准教授
    東京大学大学院医学系研究科加齢医学分野
    東北大学大学院歯学系研究科国際保健歯科
                   非常勤講師      
                   現在に至る

受賞歴 Canada McGill大学Meakins-Christie Awards
    東北大学男女共同参画賞(沢柳賞)受賞
    日本老年医学会老年医学研究基金賞 など
    
所有する学位 博士(医学)
指導医・専門医・認定医、その他の資格等 日本老年病専門医・指導医
日本認知症学会専門医・指導医、認知症サポート医
日本内科学会認定医・総合内科専門医・臨床内科指導医
臨床栄養認定医・高齢者栄養療法専門医
論文・著書等を含む主要研究業績 Ebihara T, Yamasaki M, Kozaki K et al. Medical aromatherapy in geriatric syndrome.(Invited Review) Geriatr Gerontol Int. 2021 Mar 31. doi: 10.1111/ggi.14157.
Ebihara T, Miyamoto T, Kozaki K. Prognostic factors of 90-day mortality in older people with healthcare-associated pneumonia. Geriatr Gerontol Int. 2020;20:1036-1043. doi: 10.1111/ggi.14036.
AMED(研究代表、2017-2019年度)「誤嚥性肺炎早期発見のための、包括的評価と層別予防ケア戦略の確立」
シンポジウム「⾼齢者の嚥下機能低下と栄養不良の相互関係」第62回日本老年医学会学術集会 2020年8月 東京
日本老年医学会合同シンポジウム「高齢者認知症と身体合併症-認知症高齢者の誤嚥性肺炎・摂食嚥下障害」第38回日本認知症学会 2019年11月 東京
Miyamoto T, Ebihara T, Kozaki K. The association between eating difficulties and biliary sludge in the gallbladder in older adults with advanced dementia, at end of life. PLoS One. 2019 14:e0219538. doi: 10.1371/journal.pone.0219538.
Ebihara T, Gui P, Ooyama C, Kozaki K et al. Cough reflex sensitivity and urge-to-cough deterioration in dementia with Lewy bodies. ERJ Open Res. 2020 9;6:00108-2019. doi: 10.1183/23120541.00108-2019.
シンポジウム「老年医学会のダイバーシティーに向けて(男女共同参画)-ライフイベントとsustinable supportの構築」第60回日本老年医学会学術集会 2018年6月 京都
シンポジウム「フレイル高齢者の誤嚥性肺炎とその対応」第60回日本老年医学会学術集会 2018年6月 京都
パネルディスカッション「誤嚥性肺炎 up to date-高齢者誤嚥性肺炎overview」第59回日本老年医学会総会 2017年6月 名古屋
教育講演「高齢者摂食・嚥下障害と誤嚥性肺炎に対する内科的包括治療戦略」第30回日本経静脈栄養学会 2015年2月 大阪
Ebihara S, Ebihara T, Gui P et al. Thermal Taste and Anti-Aspiration Drugs: a Novel Drug Discovery against Pneumonia. (Review) Current Pharmaceutical Design. 20:2755-9、2014
Ebihara T, Ebihara S, Watando A et al.: Effects of menthol on the triggering of the swallowing reflex in elderly patients with dysphagia. Br. J. Clin Pharmacol. 62:269-71、2006
Ebihara T, Ebihara S, Maruyama M et al: A randomized trial of olfactory stimulation using black pepper oil in older people with swallowing dysfunction. J Am Geraitr Soc 54:1401-6、2006
Ebihara T, Sekizawa K, Sasaki H.: Angiotensin-converting enzyme inhibitor and danazol increase sensitivity of cough reflex in female guinea pigs. Am J Respir Crit Care Med. 153:812-9、1996.
Ebihara T, Sekizawa K, Sasaki H.: Capsaicin and swallowing reflex. Lancet 341:432、1994
所属学会 日本老年医学会(学会幹事、ダイバーシテイ推進委員会委員長、関東甲信越支部幹事長、代議員)、
日本内科学会
日本呼吸器学会、日本認知症学会
日本嚥下医学会、日本在宅医療学会
公的な委員会等の役員・委員歴 医療系大学間共用試験実施機構 H28CBTブラッシュアップ専門部会委員
東京都認知症医療センター(拠点型)構成員
令和2年度文部科学省科学研究費審査委員
令和元年度消費者庁臨時委員
学外活動 東京大学大学院医学系研究科非常勤講師
東北大学大学院歯学系研究科非常勤講師
ひとことメッセージ 「お年寄り」は、人生の先輩であり、研究の先生であると考えております。身近な問題を医学的な視点でとらえ、皆が困っている問題を解決することにつながる研究を行うことをモットーとしています。。
関連サイト 認知症が進行すると、肺炎や嚥下障害を発症し 栄養不良になりやすくなることを御存知ですか?
電子メール takae-ebi@ks.kyorin-u.ac.jp
このページのトップへ

PAGE TOP