大学ホーム医学研究科教育・研究指導教員紹介:中島 剛

教員紹介:中島 剛


氏名
 
中島 剛
ナカジマ ツヨシ NAKAJIMA, Tsuyoshi
職位 講師
所属教室

専攻・専門分野
 (大学院)
担当科目(学部) 生理学, 生理学実習,プレチュートリアル
専門分野 神経生理学
研究テーマ 運動調節に関わる脊髄神経機構とその可塑性について
略歴 2000年 3月 国士舘大学体育学部卒業
2002年 3月 筑波大学大学院(修士課程)
       体育学研究科 修了
2006年 3月 東京学芸大学大学院(博士課程)
       連合学校教育学研究科 修了
2006年 4月 国立障害者リハビリテーション
       センター研究所 流動研究員
2009年 4月 日本学術振興会 特別研究員
在任期間中(2009年10月~2011年4月)、
カナダ・ビクトリア大学バイオメ ディカル
リサーチセンター、神経リハビリテーション
教室にて研究に従事
(受け入れ研究者: Prof. E. Paul Zehr)
2012年 4月 現職
所有する学位 博士(学術)
論文・著書等を含む主要研究業績 1.Ohtsuka H#, Nakajima T#, Komiyama T1, Suzuki S, Irie S, Ariyasu R: Execution of natural manipulation in the air enhances the beta-rhythm intermuscular coherences of the human arm depending on muscle pairs. J Neurophysiol. 127(4):946-957. 2022. #共同筆頭著者
2.Ito S, Nakagawa K, Nakajima T, Iteya M, Crawshaw L, Kanosue K: Dynamic Control of Upper Limb Stretch Reflex in Wrestlers. Med Sci Sports Exerc. 54: 313-320, 2022
3.Suzuki S #, Nakajima T#, Irie S, Ariyasu R, Ohtsuka H, Komiyama T1, Ohki Y: Subcortical contribution of corticospinal transmission during visual guided switching movement of arm Cerebral Cortex 32: 380-396, 2022 #共同筆頭著者
4.Nakajima T, Ohtsuka H, Irie S, Suzuki S, Ariyasu R, Komiyama T, Ohki Y: Visual information increases the indirect corticospinal excitation via cervical interneurons in humans. J Neurophysiol. 125:828-842. 2021
5.Nakajima T, Suzuki S, Zehr EP, Komiyama T: Long-lasting changes in muscle activation and step cycle variables induced by repetitive sensory stimulation to discrete areas of the foot sole during walking. J Neurophysiol. 125:331-343, 2021.
6.Sasada S, Tazoe T, Nakajima T, Omori S, Futatsubashi G, Komiyama T: Arm cycling increases the short-latency reflex from ankle dorsiflexor afferents to knee extensor muscles. J Neurophysiol. 125:110-119. 2021
7.Irie S#, Nakajima T#, Suzuki S, Ariyasu R, Komiyama T1, Ohki Y: Motor imagery enhances corticospinal transmission mediated by cervical premotoneurons in humans. J. Neurophysiol. 124: 86-101, 2020 #共同筆頭著者

主な競争的研究資金獲得
2014-2017年, 文部科学省科学研究費補助金 若手研究A:脊髄障害後の代償神経システム構築に着目する新たな運動機能回復戦略
2015-2018年, 文部科学省科学研究費補助金 挑戦的萌芽研究:随意運動に関わる脊髄神経機構に可塑性を促す神経リハビリテーション法の開発
2018-2022年 文部科学省科学研究費補助金 基盤研究(C)
研究課題名:ヒト脊髄内の代替神経システムを強化する新しい運動機能回復法の開発
2021年-2024年 文部科学省科学研究費補助金 基盤研究(C)
大脳皮質視覚野に可塑性を促す新しい視覚機能リハビリテーション法の開発
所属学会 北米神経科学会
日本生理学会
日本神経科学会
公的な委員会等の役員・委員歴 2014-2016年 独立行政法人日本学術振興会 科学研究費委員会専門委員
ひとことメッセージ 日々の勉強を頑張ってください。
電子メール tsunakaj@ks.kyorin-u.ac.jp
このページのトップへ

PAGE TOP