1. 杏林大学トップ
  2. 研究・社会活動
  3. 文部科学省 地(知)の拠点整備事業

2021年4月30日
『高齢社会における地域活性化コーディネーター養成プログラム』2021年度開講式を実施しました
2021年4月27日
【告知】公開講演会「まちづくり物語」を開催します!
2021年4月6日
[2019-2020年度] 研究・交流活動ポスター発表
2021年3月17日
第9回杏林CCRCフォーラムを開催しました
2021年3月9日
2020年度「杏林大学地域交流推進室論集」を公開します
2021年2月26日
公開講演会 「運動の魅力と効能〜自分の体と仲良くして充実した人生を送るために〜」を実施しました
2021年2月18日
第9回杏林CCRCフォーラムを開催します
2021年1月13日
2021年度「高齢社会における地域活性化コーディネーター養成プログラム」履修生募集
2021年1月5日
杏林大学×アトレヴィ三鷹お正月の華道展示 井の頭図書館で見られます!
2020年12月28日
杏林大学×アトレヴィ三鷹 今年も華道の展示を行っています♪
2020年12月24日
大学コンソーシアム八王子学生発表会 奨励賞を受賞しました!
2020年12月24日
杏林大学学生連携企画講座が開催されました
2020年12月4日
ゆるっと こそだて応援トークイベントを開催しました
2020年12月2日
2020年度 第2回 羽村市・杏林大学連携協議会を実施しました
2020年11月20日
秋の味覚に触れて学ぶ☆観光の力で三鷹農家の魅力を発信!
2020年11月9日
杏林大学×羽村市 公開講演会「子供の虐待防止〜地域の大人が子供達にできること〜」を実施しました★
2020年10月29日
八王子MICE特別プログラム 学生企画の観光コースをHPでチェック!
2020年10月29日
杏林大学×羽村市ゆとろぎ 一般市民を対象にサイエンス講座を実施しました
2020年3月30日
第8回杏林CCRCフォーラム 抄録集を公開します
2020年3月2日
三菱地所レジデンス株式会社×杏林大学 産学連携協定を結びました
2020年2月27日
2020年度「高齢社会における地域活性化コーディネーター養成プログラム」募集締め切り間近!
2020年2月26日
「ふるさといわて創造人材」に本学から2名が認定されました!
2020年2月13日
杏林大学×羽村市 石井言語聴覚士による公開講演会を実施しました。
2020年2月3日
杏林大学×羽村市公開講演会 安田和基先生による「よくわかる、糖尿病のはなし」を実施しました。
2020年1月29日
武蔵野市との包括連携協定を締結しました
2020年1月27日
大好評にて終了!アトレヴィ三鷹×杏林大学「正月の不摂生解消!」特別企画
2020年1月17日
アトレヴィ三鷹×杏林大学 「正月の不摂生解消!」コラボ企画を実施します★
2019年12月27日
アトレヴィ三鷹×杏林華道部 今年も「お正月の生け花」展示中!
2019年12月17日
杏林大学学生連携企画講演会 「1964年と2020年の東京オリンピック・パラリンピックの比較」を開催!
2019年12月10日
「三鷹市地域ケアネットワーク合同事業」 学生がポスターセッションで活躍しました♪
2019年12月6日
令和元年度第2回羽村市・杏林大学連携協議会を実施しました
2019年12月3日
「第28回三鷹市民駅伝大会」に保健学部の学生と教員が救護ボランティアとして参加しました
2019年11月28日
羽村市 学生企画講演会実施のお知らせ
2019年11月26日
「ふるさと発見!大交流会 in IWATE」に参加しました
2019年11月22日
2020年度「高齢社会における地域活性化コーディネーター養成プログラム」 受講生の募集が始まります!!!
2019年11月22日
若い力で東北を盛り上げろ!!NPO法人Wizを招いて特別授業を行いました
2019年11月5日
令和元年度第2回杏林大学・三鷹市連携協議会が実施されました
2019年10月31日
「租税法Ⅱ」にて、武蔵野税務署長・古宇田崇様の特別講義「日本の財政の状況〜必要な歳入と歳出〜」が実施されました。
2019年10月3日
「そなえるドリルから地域防災を考えよう!」を開催
2019年8月5日
大瀧純一学長ロングインタビュー 〜地域に「選ばれる」大学であるために〜
2019年8月2日
ポートランド州立大学フィールドワークを共同実施
2019年7月25日
東京で学ぶ地方創生〜若い力が岩手を変える!〜
2019年7月25日
1年生必修科目『地域と大学』いよいよラストスパートです!

一覧

杏林大学について

入試ガイド

就職・キャリア

留学・国際交流

キャンパスライフ・施設

キャンパス案内

各センター・施設

研究・社会活動

PAGE TOP