杏林大学整形外科
Department of Orthopaedic Surgery Kyorin University Graduate School of Medcine,


教育・研修・入局案内
教育・研修・医学生・研修医向け情報

専門研修プログラム 専門研修施設群と指導医 専門研修施設群 診療実績一覧 専攻医勤務実績 杏林大学整形外科の女性医師支援方針 プログラム終了後の進路 入局問い合わせ

専門研修プログラム

下記よりご覧ください。

  1. 杏林大学整形外科専門研修プログラムについて
  2. 杏林大学整形外科専門研修の特徴
  3. 杏林大学整形外科専門研修の目標
  4. 杏林大学整形外科専門研修の方法
  5. 専門研修の評価について
  6. 研修プログラムの施設群について
  7. 専攻医受入数
  8. 地域医療・地域連携への対応、必要性
  9. サブスペシャリティ領域との連続性について
  10. 整形外科研修の休止・中断、プログラム移動、プログラム外研修の条件
  11. 専門研修プログラムを支える体制
  12. 専門研修実績記録システム、マニュアル等について
  13. 専門研修プログラムの評価と改善
  14. 専攻医の採用と修了

専門研修施設群と指導医

  1. 専門研修プログラム管理委員会の構成員の氏名等(PDF)
  2. 専門研修施設群の構成(PDF)
  3. 専門研修指導医の氏名等(PDF)

専門研修施設群 診療実績一覧

  1. 診療実績一覧(PDF)

専攻医勤務実績

  1. 専攻医勤務実績一覧(PDF)

杏林大学整形外科の女性医師支援方針

 杏林大学整形外科では、出産・育児のために常勤枠で勤務することが難しい女性医師のキャリア継続、キャリアアップを応援しています。
 杏林大学病院では、平成21年より「女医復職支援のための短時間常勤枠」を開始しています。週3日勤務、週4日勤務の2通りの勤務形態があり、保険、年金、雇用保険にも加入でき、当直は免除されます。
 さらに、整形外科では、独自の女医支援を行っており、勤務時間のフレックスタイム制の導入や、出産・育児期間中にさらなるキャリアアップを目指す女性医師には研究・論文指導も受けられます。


プログラム終了後の進路

1) 大学院進学

学位(博士号)取得には、初期臨床研修修了後に大学院に進学する方法と、臨床業務の傍ら研究を行い論文執筆する方法があります。診療科の特徴から、手術手技の早期取得や技術を劣化させたくないという思いから、大学院に進学せずに博士号を取得する教室員が大半を占めます。
現在、大学院生は2名。
大学院生以外の学位取得は、毎年2~5名です。

2) 留学

過去の留学先

<海外>

  • ワシントン大学整形外科基礎教室(米国)
  • ウィーン大学医学部付属病院整形外科(オーストリア)
  • ボストン大学整形外科学教室(米国)
  • ハーバード大学マサチュ-セッツ総合病院レ-ザ-センタ-(米国)
  • ヒュ-ストン スポ-ツ治療財団(米国)
  • ウエスタ-ン・オンタリオ大学整形外科学教室(カナダ)
  • Harvart medical school Brigham&Women’s Hospital(米国)
  • Vermont大学整形外科(米国)
  • シェフィールド大学(英国)
  • ウメオ大学(スウエーデン)
  • University of Pittsburgh. Orthopaedic Traumatology(米国)
  • Istituto Ortopedico Rizzoli(伊)
  • カリフォルニア大学サンフランシスコ校(米国)

<国内>

  • 自然科学研究機構 生理学研究所
  • 国立病院機構 村山医療センター
  • 新潟手の外科研究所
  • 癌研附属病院
  • 国立がんセンター
  • 善衆会病院

3) 関連病院での勤務

*東京都

  • 佼成病院
  • 久我山病院
  • 東大和病院
  • 調布病院
  • 三鷹中央病院
  • 目白第二病院
  • 緑風荘病院
  • 国立病院機構村山医療センター(国内留学)
  • 清智会記念病院
  • 北多摩病院(非常勤)
  • 三鷹病院(非常勤)
  • 三鷹野村病院(非常勤)

*山梨県

  • JCHO山梨病院
  • 加納岩総合病院
  • 山梨リハビリテーション病院

*茨城県

  • 小山記念病院

*福島県

  • 白河病院

*群馬県

  • 善衆会病院(国内留学)

4) 関連病院以外の勤務、開業

5) 大学勤務


入局問い合わせ

〒181-8611 東京都三鷹市新川6-20-2
杏林大学 整形外科
医局長 佐野 秀仁
seikei@ks.kyorin-u.ac.jp
TEL 0422-47-5511
FAX 0422-48-4206