+81-422-47-5511

FACSCanto IIのDiva softwareでトラブル

重要

FACSCanto IIのDiva softwareで、experimentをduplicate without dataで複製した場合、本来ならばプラス側に表示されるべきデーターがマイナス側に表示されてしまう不具合が発生。Diva software上の表示のみではなく、データー自体にも影響が及んでいる。

発生するパターン

特定のexperimentファイルをduplicate without dataで複製し、データーを取り込んだ場合、特定のチャネルで細胞集団がマイナス側に表示されてしまう。新規にexperimentファイルを作成し、これをduplicate without dataで複製した場合でも発生してしまう。どのチャネルに不具合が発生するのかは一定していないが、一度発生すると同じチャネルに継続して不具合が生じる。Diva software上の表示のみと疑ったが、FCSファイルでexportし、FlowJo softwareで確認したところデーター自体もおかしくなっている。

一時的な対策

・新たにexperimentファイルを作成する(面倒です)。

・正常なデーターが得る事ができたexperimentファイルをエクスポートし、これをインポートする。tubeには既にデーターが入っているので、Acquire時にoverwriteで上書きする。

恒久的な対策

・日本BDのサービスエンジニアに対応を依頼中。

「FACSCanto IIのDiva softwareでトラブル」への1件のフィードバック

  1. WebMaster より:

    メンテナス日が決定いたしましたのでお知らせいたします。

    2020年7月8日(水)15:00 ~ 18:00ごろまで
    https://www.kyorin-u.ac.jp/univ/user/medicine/fcm/archives/1375

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Related Post