+81-422-47-5511

Apple M1 チップMac(MacOS X 11.1 Big Sur)でFlowJo v10.7.1の動作を確認

フローサイトメトリー用解析ソフトウェア「FlowJo」(ドングルバージョン) が新しいM1チップ搭載のMacで動作することを確認しました。ソフトウェアの立ち上がりは若干時間がかかるものの(15秒弱)、動作そのものは以前のIntel macと変わりません。FlowJoソフトウェアはJavaアプリケーションですが、システム内のJavaを使用せず、ソフトウェアパッケージ内部に格納されたJavaを走らせています(FlowJo v10.7.1はjre-9.0.1.)。すでにApple M1 ネイティブのJAVAがリリースされているので、FlowJoのM1への早期対応が待たれます。

※FlowJo v9は32bitアプリケーションのため、動作しません。

 

動作環境

Mac mini (M1, 2020)

MacOS 11.1 Big Sur

FlowJo v10.7.1.app(v10.5.3でも確認)ドングルバージョン

データファイルは、Thunderbolt 3-外付けSSDを読み込み。

 

内蔵SSDとThunderbolt 3外付けSSDとの読み込み速度の比較

内蔵SSDと外付けSSDの読み込み速度差の比較を行いました。

FlowJo 10.7.1で、13本の測定チューブ、7種類の染色、レイアウトに189個のドットプロットを表示させるベンチマークを行ったところ、

・内蔵SSDに保存したファイルを読み込んだ場合:14.71 sec(READ 2867MB/s)

・外付けSSDに保存したファイルを読み込んだ場合:15.75 sec(READ 1255MB/s)

と余り変わりありませんでした。

タグ: ,

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Related Post

杏林大学保健学部臨床血液学教室のホームページ閉鎖のお知らせ杏林大学保健学部臨床血液学教室のホームページ閉鎖のお知らせ

重要なお知らせ インターネット黎明期の、まだ杏林大学のホームページも開設してなかった1997年からメディアバンク(→DreamNet。現OCN)サーバーで公開を開始し、2002年から杏林大学のサーバーで公開しておりました […]