メタバースの『ovice』バーチャル会場を使用した学会の活用事例としてoVice公式サイトに公開されました

昨年7月に開催した第33回日本サイトメトリー学会学術集会(高橋 良会長・杏林大)はZOOM配信と新たにメタバースプラットフォームの『ovice』を導入して開催いたしましたが、この度、oVice公式サイトにその活用事例が公開されました。

この活用事例が、今後バーチャル会場で学術集会の開催をご検討されているご担当者様に参考になっていただけますと幸いです。

 

学術学会をoviceで開催、成功のための工夫と道のり [第33回日本サイトメトリー学術学会]

https://www.ovice.com/article/ja-usecase-cytometry?countrycode=JP

ovice活用事例 日本サイトメトリー学会

oviceとは

oVice 株式会社(oVice, inc.)は、日本のデジタルテクノロジー企業が開発したアバターで交流する2次元のバーチャル空間を提供しているWEBベースのアプリケーション。バーチャル空間(メタバース)で、仲間の存在を感じ、気軽に雑談し、ミーティングをし、ワークプレースも簡単にカスタマイズできる特徴がある。2020年8月にサービス開始を開始し、2年の間に、日本、韓国、アメリカなど世界各国の2,200社以上に採用された。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Related Post

大山 学 部門長が参加した重症円形脱毛症への治験結果がThe New England Journal of Medicineに掲載大山 学 部門長が参加した重症円形脱毛症への治験結果がThe New England Journal of Medicineに掲載

広範囲に脱毛が生じる重症円形脱毛症患者さんの疾病負荷は大きいものの、本症に対するエビデンスレベルの高い治療法はこれまで存在していませんでした。 この度、大学院医学研究科共同研究施設フローサイトメトリー部門部門長・医学部皮 […]