ホーム >  学生のつぶやき  > チェンマイ便り7~コームローイを見てきました!

サワディーカー! 今村です。

11月後半、世界的に有名なタイのお祭りがタイの各地で開催されました。

「タイでは、毎年陰暦12月(新暦10月〜11月頃)の満月の夜、川の恵みへの感謝の気持ちを表し、自らに宿る穢れを濯ぐため、ロウソク、線香、花などで美しく飾られたたくさんのクラトン(灯篭)を川に流す「ロイクラトン」と呼ばれるお祭りが全国各地で行われます。チェンマイのロイクラトン祭りは「イーペン」と呼ばれ、ピン川を流れるクラトン(灯篭)が水上に浮かんだ天の川のように幻想的で美しいお祭りとして有名です。また、お祭りのメインは美しい山車(フロート)のパレードで、美しく飾られたクラトンを模したフロートが街を優雅にゆく様は、チェンマイでしか見ることのできない光景です。

また、チェンマイはこの時期サンサーイ地区にあるメージョー大学の敷地内で、コームローイと呼ばれる熱気球を天に放つイーペン・サンサーイでも有名です。これはチェンマイ・イーペン祭りとは異なり、もともと雨期の終盤で冬の始まりであるイーペン(北部の言葉で陰暦2月の満月という意味)の伝統行事だったものが、現在はロイクラトン祭りとほぼ同時期に催されるようになったことに由来します。」【引用:タイ国政府観光庁HP  http://www.thailandtravel.or.jp/

様々な催し物の中から私はメージョー大学で行われたコームローイを見てきました!ディズニー映画の「ラプンツェル」のラストのシーンにもなって有名なコームローイは言葉にすることが難しいくらい幻想的な光景でした。

現地の人はもちろんのこと外国人観光客や日本人観光客、さらに!日本のテレビ局もメージョー大学のコームローイを撮影しに来ていたので本当に世界的に有名なお祭りなんだということを改めて実感しました。

  • Facebook
  • Twitter

COPYRIGHT © KYORIN UNIVERSITY ALL RIGHTS RESERVED