ホーム >  学生のつぶやき  > 北島ゼミの学生天国参加報告

2018年5月13日に、JR八王子駅前のユーロードにて第13回学生天国が開催されました。昨年に引き続き、北島ゼミナールは八王子市保健所の保健師の方々と一緒に、HIV/AIDSに関するクイズ、恋愛シミュレーション、コンドームの配布などを通して、HIV/AIDSに関する情報提供を行いました。以下は参加した学生の感想です:

学生天国に初めて参加してみて、たくさんの人にエイズのことを知っていただけたので良かったと思いました。自分が思っていたよりも地域の人や子供、学生などのたくさんの人が参加してくれたり、興味を持ってくれたので嬉しかったです。学生天国を通して、クイズをした際に、エイズについてまだあまり知られていないことがわかり、これからもっとたくさんの人に知っていってもらえたらいいなと思いました。

様々な年代の方たちとコミュニケーションを取ることができ、なかなかない貴重な体験をできました。またボランティアという形での行事は今回が初めてだったのでこの行事を機にこれから様々なボランティアに参加してみたいと思いました。保健所の皆さんと協力し勉強したことで私が知らなかったことも勉強でき、身近なことでもあると思ったので知れて良かったです。たくさんの友達に共有できたら良いと思っています。学生天国を通し学べた事がとても多かったので参加して良かったと思います。

八王子市保健所の方との協力のもと今回のエイズピアエデュケーションをすることができて、とても自分の大学生活における中でとても良い経験になりました。普段は全くというほど地域のボランティアというものをやったことはなく、正直今回のボランティア活動にあまり乗り気ではありませんでした。ですがクイズやシミュレーションに参加してくださった方々若い人やご老人の方と楽しく会話できたりとエイズについてのことを色々伝えることができたかなと思いました。今後も地域に貢献できるような活動をしてみたいと思いました。

あいにくの天気でお客さんの数は少なかったが、そんな中でも幅広い年齢層の方々が足を運んでくれて良かった。恋愛シミュレーション、HIV・AIDS クイズにも参加してもらい感染症の重大さや予防について詳しく知ってもらえたと思う。今回学生天国に参加して、最初は活動自体に恥ずかしさがあったが、このような機会は滅多にないので良い経験ができたと思う。今後も活動の機会を増やして感染予防について知ってもらいたいと思った。

北島ゼミに入っていきなり八王子に行って学生天国をやると言われ、最初は何するんだろうと不安でした。でもエイズを学び、それを学ぶだけでなく伝えるというのは初めての経験で来てくださった方はしっかり耳を傾けて聞いてくださり嬉しかったです。こんなの恥ずかしいよって思ってたけど、とても大事なことなのでこれからもエイズについて知ってる人が少しでも多くなればいいなと思いました。私もゼミを通してエイズのことをもっと学ぶと思うので、その知った知識を周りにも広げていけたらいいなと思います。保健所の方も優しくしてくださり、八王子まで遠かったけど、学生天国に参加した甲斐がありました。

今回の学生天国のイベントに参加して、世間一般の人たちはエイズのことやコンドームの扱いについてどこまで知識があるかを知ることができました。私自身もエイズのことについてまだ知らない部分もあったので、教えながらも学ぶことができたと思います。また、チラシ配りをした際に色々な方々との交流を深めることができたり、ゼミの中でも前に比べてみんながみんなと話すようになったのでいい機会になったと思いました。学生天国で学んだことをこれからに活かしていきたいです。

今回八王子市で開催された学生天国に参加してみて、いくつか感じたことや反省すべきことがあった。それは、この活動を通して様々な人に正しい知識や情報を伝えることができたということである。それも、学生だけでなく大人から子供まで幅広い年齢層に伝えることができた。その反面、もっと改善できる点も見つかった。それは、ポスターなどをもっと良い方法で参加者に見せることができなかったことである。来年は、歩いている人の目に止まる位置に置きたい。

学生天国を終え、HIVについての知識だけではなく通行人や知らない人に話しかけるため、声のかけ方なども学ぶことが出来ました。私たちの行ったことは恥ずかしいと思われがちですが、この先生きていく中でとても大切なことだと思います。なので小さい子から大人までこのイベントに参加していただいたことで正しい知識を身につけ、決して恥ずかしいことではないと気づいてもらえてよかったと思います。私自身もまだまだ知らないことが沢山あったのでこのイベントを通してHIVの知識などを学べてよかったです。

私たち北島ゼミナールは、八王子市保健所の協力によりHIVに関するクイズ・コンドームの装着方法・恋愛シュミレーションゲームの3種類を用意して学生天国にさせてもらいました。八王子市の学生や住民(子ども~大人・お年寄りの人)の幅広い方々に楽しんでもらいました。3種類の展示の中では、HIVに関するクイズが人気でした。〇×ゲーム形式にしてゲーム感覚で楽しく教えることができました。その反面、コンドームの装着方法・恋愛シュミレーションゲームに関しては恥ずかしがってしまう人もいたのであまり人気ではありませんでした。このようなことから、私たちはもっとHIVに関する知識をつけて恥ずかしがってしまう人達に「全然恥ずかしいことじゃないよ!」と理解して頂けるような活動を引き続きしていくべきだと思いました。

総合政策学部北島ゼミナール 2018年5月16日

  • Facebook
  • Twitter

COPYRIGHT © KYORIN UNIVERSITY ALL RIGHTS RESERVED