論文投稿規程・COI申告書

2014 年1月6日改訂
2015年1月5日改訂
2017年4月3日改訂
2020年5月18日改訂

※杏林医学会投稿論文の投稿規程が改訂されました。
※COI申告書の提出が義務付けられました。

投稿資格

本誌への投稿は,投稿年度の会費を納入した本会会員(著者および共著者とも)に限る。ただし,編集委員会の企画による依頼投稿は会員に限らない。

論文の種類

本誌は,医学・保健学および科学一般に資する邦文または英文の論文を掲載する。論文の種類は次の通りである。
a) 原著論文  b) 症例報告  c) 総説  d) その他
なお,原著論文,症例報告,総説は未発表のものに限る。他から転載する場合は,転載許可のあるもの,または許可不要のものに限る。

投稿方法

  1. 投稿は随時受け付ける。
  2. 投稿時は以下のものを提出する。
    T)図,表を含めた原稿一式(紙媒体) 3部
    U)図表チェックリスト(紙媒体)   3部
    V)電子データ:筆頭著者名,所属,使用したOS,アプリケーション名を明記したCD。
    W)投稿承諾書:共著者のある論文は,共著者全員が署名捺印した投稿承諾書を添付する。
    X)COI申告書:利益相反の有無について提出する。
  3. 提出された原稿,CD等は原則として返却しない。

論文の採否と版権

  1. 投稿された論文は,編集委員会にて論文の種類を決定し,原著論文・症例報告の場合は2名,その他は1名の査読者により審査される。なお,査読者の氏名などは公表しない。採否は編集委員会が決定し,掲載は論文の採択順に行う。
  2. 査読後,事務局より著者へ査読結果を連絡する。再査読が必要となった場合は,2ヵ月以内に修正原稿と査読者への回答を再提出する。修正原稿の提出方法は以下の通りである。
    T)査読者A,B(査読者2名の場合)からのコメントに対する修正部分を赤色フォントで示す。
    U)コメントに対する回答はA,B個別に作成する。
    V)T,Uを紙媒体で2部,およびメールに添付して電子データを事務局まで提出する。
    (修正箇所の内容によってはデータ提出のみでも可)
  3. 掲載論文等の版権は杏林医学会に帰属する。杏林医学会は,当該論文の全部または一部を,杏林医学会のホームページ・医学会が認めたネットワーク媒体・その他の媒体において,任意の言語で,掲載・出版(電子出版を含む)できるものとする。この場合,必要に応じて当該論文の抄録等を作成して付すことがある。

論文の公開

  1. 杏林医学会雑誌は電子媒体として公開する。公開日は原則的として1号3月31日,2号6月30日,3号9月30日,4号12月31日とする。
  2. 原著論文,症例報告,総説,および編集委員会が必要と認めた記事はJ-Stageで公開する。上記以外は杏林医学会ホームページで医学会雑誌の一部として公開する。

投稿料・掲載料等について

  1. 投稿料・掲載料は無料であるが,掲載稿の別冊を希望する場合には実費を著者負担とする。
  2. 学位論文の要旨及び審査要旨の掲載については,事務費として一件10,000円を支払う。

原稿の様式について

様式詳細については、投稿規程(PDF)をダウンロードしてご確認ください。

             
論文種類 和文要旨・抄録英文要旨・抄録 本文字数 キーワード 図表数 文献数
原著論文 400字以内 400語以内 10,000字以内 6語以内 10点以内 30以内
症例報告 400字以内 400語以内 6,000字以内 6語以内 5点以内 15以内
総説 400字以内 300語以内 10,000字以内 5語以内 10点以内 制限なし
その他 6,000字以内

※本文字数(スペース含めない)には,表題,要旨,抄録,図表説明,文献は含まれない。
英文論文の場合,本文はA4版13枚以内とする。

その他、質問事項は杏林医学会事務局へお問い合わせください。

【投稿先・お問い合わせ先】

杏林医学会 事務局
〒181-8611 東京都三鷹市新川6-20-2 杏林大学医学図書館内
TEL:0422-47-5511(内線3314)
FAX:0422-40-7281
e-mail:med_soc@ks.kyorin-u.ac.jp

PAGE TOP