search

Menu

大学ホーム保健学研究科教員一覧・オフィスアワー

教員詳細

項 目 内 容
教員名 阪本 奈美子
フリガナ サカモトナミコ
職 位 教授
担当科目(学部) 外科学、神経内科学、脳神経外科学、災害医学、法医学
略 歴 平成6年 筑波大学医学専門学群卒業
平成10年 筑波大学大学院博士課程医学研究科修了
平成10年 北里大学病院救命救急センター入局
国立病院東京医療センター救命救急センター、国立相模原病院外科、熊本労災病院外科、筑波メディカルセンター病院救急診療科 に出向
平成23年 国立大学法人弘前大学医学研究科法医学講座 赴任
平成24年 同、准教授に昇任
平成27年4月より現職
所有する学位等 博士(医学)筑波大学
所有する資格 日本救急医学会指導医
日本救急医学会専門医
JPTECインストラクター
JATECインストラクター
主要研究業績 阪本奈美子, 土井幹雄, 大橋教良, 三澤章吾:乳幼児突然死症候群におけるカルシトニン遺伝子関連ペプチド含有肺神経内分泌細胞の分布の免疫組織化学的検討.日本法医学雑誌,1998,52巻1号:27-36
小山和弘、田中啓司、阪本奈美子、菊野隆明、島津陽子、梶原博視、関口久紀:救命できた急性ヒ素中毒患者における血清および尿中総ヒ素濃度の動態.中毒研究,2002,15巻:167‐170
Seiji Shiotani, Masanari Shiigai, Yukihiro Ueno, Namiko Sakamoto, Shigeru Atake, Mototsugu Kohno, Masatsune Suzuki, Hiroshi Kimura, Kazunori Kikuchi, Hedeyuki Hayakawa :Postmortem computed tomography findings as evidence of traffic accident-related fatal injury.Radiation medicine, 2008,vol. 26:253‐260
阪本奈美子、大橋教良、濱邊祐一、河野元嗣、塩谷清司、早川秀幸、江澤英史:全国救命救急センターにおける死後画像取得の現状と課題についてのアンケート調査結果報告書.救急医学,2009,33巻8号:985-989
飯塚一則、阪本奈美子、川崎博司、三好貴裕、小松崎篤、菊池進:CT装置を用いた造影死亡時画像診断の有用性の検討.インナービジョン,2009,24巻11号:89-92
Takahisa Okuda, Seiji Shiotani, Namiko Sakamoto, Tomoya Kobayashi:Background and current status of postmortem imaging in Japan: Short history of “Autopsy imaging (Ai)”. Forensic Science International, 2013, vol. 225(1): 3-8
阪本奈美子、菊野隆明:「14 急性大動脈解離(造影CT)」.オートプシー・イメージング読影ガイド(塩谷清司、山本正二編),文光堂,2009,78-79
阪本奈美子:「造影死亡時CT」.Autopsy imaging(死亡時画像診断)ガイドライン第2版(日本放射線科専門医会・医会Aiワーキンググループ,日本放射線技師会Ai活用検討委員会編),ベクトル・コア,2011:87-89.
Bruno Morgan, Namiko Sakamoto, Seiji Shiotani , Silke Grabherr:Postmortem Computed Tomography (PMCT) Scanning with Angiography (PMCTA): A Description of Three Distinct Methods.Essentials of Autopsy Practice,Advances, Updates and Emerging Technologies. (Editors: Guy N. Rutty), Springer, 2014: 1-21.
阪本奈美子、上條吉人:「特別記事 それでもあなたは胃洗浄しますか−慣習を疑うべし−」.精神看護,2008,11巻6号:12-22
阪本奈美子、上條吉人、相馬 一亥:「2.不慮の中毒と検査」.臨床病理,2008,レビュー特集第141号:27-34
阪本 奈美子, 金 史英, 妹尾 聡美, 上村 吉生, 鈴木 亮, 森 朋有, 菊野 隆明::劇症1型糖尿病を伴った墜落外傷の1例.日本救急医学会雑誌,2010,21巻2号:77-83
高橋生、阪本奈美子、山里隆浩、吉田拓生、上村吉生、鈴木亮、森朋有、金史英、菊野隆明:遅発性大量血胸を来たしICUにて緊急開胸を行った墜落外傷の一例.第71回日本臨床外科学会総会,2009(日本臨床外科学会雑誌,70:746,2009)
阪本奈美子、妹尾聡美、鈴木亮、森田恭成、太田慧、高橋生、吉田拓生、高橋生、上村春良、森朋有、菊野隆明:救命救急センターにおける死後CTと造影の意義.第38回日本救急医学会総会・学術集会,2010(日本救急医学会雑誌,21:479,2010)
阪本奈美子,徳山丞,飯田修史,川口義樹,大住幸司,浦上秀次郎,石志紘,島田敦,松井哲,大石崇,磯部陽,松本純夫:アルカリによる腐蝕性食道炎に特発性食道破裂を併発した1例.第47回日本腹部救急医学会総会,2011(日本腹部救急医学会雑誌,第31巻2号,2011)
阪本奈美子,越智友洋,飯田修史,川口義樹,徳山丞,浦上秀次郎,石志紘,島田敦,松井哲,大石崇,磯部陽,松本純夫:右傍十二指腸ヘルニアの一例.第47回日本腹部救急医学会総会,2011(日本腹部救急医学会雑誌,第31巻2号,2011)
所属学会 日本救急医学会、日本臨床救急医学会、日本集団災害学会、日本外傷学会、オートプシーイメージング学会
居室・研究室 B棟4階 414号室
メールアドレス namiheis@ks.kyorin-u.ac.jp
オフィスアワー 月、火、木、金 18時から19時

このページのトップへ

PAGE TOP