電話0422-47-5511

  1. トップページ
  2. 診療科・部門紹介
  3. 熱傷センター

熱傷センター

概要・特色

診療科概要

熱傷センターの役割は、広範囲熱傷から特殊な熱傷まで、急性期から慢性期のリハビリテーションまで統括的かつ専門的に治療することにあります。

平成21年度 病院年報(診療活動報告書)

取り扱っている主な疾患

理念

地域医療の基幹施設として、また、わが国の救急医療の再重要拠点として、高度な救急医療を提供する。

基本方針

目標

特色

杏林大学熱傷センターは東京都の三多摩地区および23区西部地域のみならず関東全域に広がる医療圏の三次的役割を有する熱傷施設です。昭和54年に救命救急センター内に2床の熱傷ベッドが設置され、その後平成7年には、特に高度な診療機能を有する施設としての高度救命救急センターの一部として、4床の熱傷治療室が認定されました。平成12年に、この熱傷治療室を独立させたものが熱傷センターです。これは厚生労働大臣が認定するもので、現在全国10ヶ所の救命センターだけが認定をうけています。

内科
外科
内科・外科以外の診療科
中央診療部門(センター・室)
支援部門(部・室)
患者支援センターのご案内
人間ドックのご案内