電話0422-47-5511

  1. トップページ
  2. 病院概要
  3. 病院長からのメッセージ

病院長からのメッセージ

 この4月から岩下光利病院長の後任として病院長を拝命いたしました。杏林大学医学部付属病院は、多摩地域唯一の大学医学部付属病院の本院であり、高度急性期病院として高度な医療の提供及び開発・評価、研修を行う能力を有する特定機能病院(全国で85病院)でもあります。
 当院の高度救命救急センターは、都内に4つある高度救命救急センターの1つであり、東京都の人口の3分の1を占める多摩地域をカバーしております。また、総合周産期母子医療センター、脳卒中センターなどの専門性が髙い救急から、軽度から中等度の救急患者さんを対象とした1、2次救急まで24時間体制で対応しております。もちろん、難治性の慢性疾患にも専門の診療科が対応しておりますので、詳細は各診療科のホームページを参照していただきたいと存じます。
 当院の理念は「あたたかい心のかよう、良質な医療を患者さんに提供します」ですが、この理念を実践するために、例えば紹介状のない初診患者さんも受け付けておりますし(一部外来を除く)、土曜日も外来診療を行い、またセカンドオピニオン外来も常時開設するなど、患者さんの権利にも十分配慮するように心掛けております。質の高い医療を安全かつ安心して患者さんが受けられるように全職員が一丸となり取り組んでおります。
 一方で、昨今医師の働き方改革が社会的にも大きな問題になっております。このため当院でも医師の時間外労働がなるべく発生しないように種々の改革を行っております。また、近隣の医療機関との連携をこれまで以上に推進にしてより効率的な地域医療を実践する必要がありますし、患者さんへの説明は原則診療時間内に行うよう患者さん・ご家族にお願いしております。今後も地域医療を守るという観点から、継続的に良質な医療を提供したいと考えておりますので、患者さんのご理解・ご支援を賜りますようお願い申し上げます。

2018年4月
病院長 市村 正一

病院概要
医療安全管理・感染対策
施設のご案内
新着情報
情報公開
患者支援センターのご案内
人間ドックのご案内