電話0422-47-5511

  1. トップページ
  2. 病院概要
  3. 新着情報

小児病棟で一足早いクリスマス会

作成日時:2016年12月13日

 杏林大学病院小児病棟(第1病棟3階)のプレイルームで12月13日(火)、サンタクロースも登場する楽しいクリスマス会が行われました。
 サンタクロースの慰問活動は、認定特定非営利活動法人難病のこども支援全国ネットワークの協力によるもので、毎年この時期に行っています。

 

 クリスマス会の始まりを待つ子どもたち        紙芝居の読み聞かせ


 クリスマス会は、病棟保育士や看護師、杏林大学保健学部看護学科3年の実習生たちによる、“はじまるよ”のクリスマスバージョンの合唱から始まりました。
 続いて、入院中の子どもが電子ピアノで「君をのせて(天空の城ラピュタ)」など2曲を披露しました。さらに歌に合わせて子どもたちが手作りしたカラフルなマラカスでリズムをとったり、紙芝居を楽しんだりしました。
 紙芝居の終了にあわせて、サンタクロースとトナカイ、星の妖精たちが登場すると、子どもたちは大喜び。「ほんものだ!」「サンタさんはどこから来たの?」「好きな食べ物はなに?」と質問を投げかけました。そしてサンタクロースから一人ひとり名前が呼ばれ、プレゼントが渡されると、子どもたちは、はにかみながらも嬉しそうに受け取っていました。
 サンタクロース一行は、プレイルームまで来られない子どものために、各病室へも足を運び、プレゼントと笑顔を届けて廻りました。

 

     サンタクロースの登場          プレゼントを受け取る子ども

病院概要
医療安全管理・感染対策
施設のご案内
新着情報
情報公開
患者支援センターのご案内
人間ドックのご案内