ギャラリーで様々な質感の和紙を組み合わせた切り絵を展示 

作成日時:2024年06月18日

 第2病棟1階ギャラリー・アートスペースでは、6月18日(火)から、剪画(切り絵)師として活動する“二代目直平”さんの切り絵が展示されています。 
 個人展示12回目を迎える今回は、お弟子さんの作品を含む32点が展示され、そのほとんどが今回のために制作されました。ギャラリーには、前回好評だったという生垣を題材にした作品が多く展示され、様々な質感の和紙を組み合わせつくられています。
 7月中旬からは展示作品のおよそ1/3を入れ替え、夏が感じられるひまわりの切り絵などを展示します。直平さんは「展示作品がここに来られる方の安らぎになれればうれしい」と話しています。
 作品は、7月31日(水)まで展示されています。(*日曜、祝日はギャラリー閉館)