電話0422-47-5511

  1. トップページ
  2. 病院概要
  3. 健康ひとくちメモ
  4. もうひとつの“シックデイルール”

もうひとつの“シックデイルール”

 皆さん、シックデイルール(Sick day rule)という言葉をご存知でしょうか?
 通常は、インスリン治療を受けている糖尿病患者さんが、何らかの疾患(かぜ、胃腸炎など)によって食事が十分摂れなくなったときの低血糖予防法のことを言います。たとえば、工夫してカロリー・糖分を補給したり、インスリン量を減らしたりするなどの対処法です。
 ここではもうひとつのシックデイルールについてご紹介します。
 皆さんの家族のなかには、高血圧、あるいは慢性腎臓病で降圧薬を服用されている方も少なくないと思います。
 その様な方が発汗、下痢などで体液喪失を生じたとき、あるいは何らかの理由で十分な塩分・水分が摂れなくなったとき、逆に血圧が下がり過ぎてしまうことがあります。夏場はもともと血圧が下がり傾向となりますので、冬場と同じ降圧薬を漫然と続けていると、知らないうちに低血圧傾向となり、立ちくらみやめまいなどの症状が見られたりします。
 降圧薬のなかでもレニン・アンジオテンシン系阻害薬は、塩分摂取量によって効果が大きく左右され、注意が必要とされています。腎臓へ行く血流量が低下し、急性腎障害を来たしてしまうこともあり、このような場合はすぐに降圧薬を中止しなければいけません。
 具体的な対処法は、まずは家庭血圧をこまめに測ることです。そして、血圧が低くてめまいなどの症状があるとき、一時降圧薬を減量・中止したり、塩分を補給したりすることが必要になって来ます。脱水があれば塩分とともに水分を十分補給します。
 夏場、屋外で活動・運動をする予定がある場合、血圧が低めならその日だけ降圧薬を休薬する、というのもひとつの方法です。
 もちろん血圧のコントロールや減塩は大事ですが、“過ぎたるは及ばざるが如し”です。主治医の先生とよく相談し、上手な血圧管理を心がけて下さい。

<要 伸也:杏林大学病院第一内科(腎臓・リウマチ膠原病内科)教授>

杏林大学新聞 第12号より抜粋
病院概要
医療安全管理・感染対策
施設のご案内
新着情報
情報公開
患者支援センターのご案内
人間ドックのご案内