電話0422-47-5511

  1. トップページ
  2. 病院概要
  3. 健康ひとくちメモ
  4. 腎盂腎炎(じんうじんえん)を知っていますか?

腎盂腎炎(じんうじんえん)を知っていますか?

sample

 この病気を知らないためにそのまま放置し、悪化する場合があります。腎 盂内(腎臓内の尿のたまるところ)で細菌が繁殖し腎臓にまで炎症が及んだもの を腎盂腎炎といいます。
 本来、健康な人は膀胱から尿管、腎盂には細菌は存在しません。それが何らかの原因で細菌が侵入して炎症を起こすのです。細菌の侵入経路で、もっとも多いのは尿道の出口から侵入した細菌が尿の通り道を遡り腎盂に達して起こるケースです( 上行性感染)。稀に、血管を通って腎臓に感染することもあります( 血行性感染)。主に大腸菌、緑膿菌などグラム陰性桿菌と腸球菌です。なかでも大腸菌による感染が約90%にも達します。
 腎盂腎炎は女性に多く発生する傾向があります。理由に、女性の方が、大腸菌 などが存在する肛門と尿道の距離が近いこと、尿道が短いことなどが挙げられま す。また生理や性交で陰部が不衛生になったり、妊娠による子宮の増大で尿管 が圧迫されて尿の流れが悪くなることもあるため発症しやすいと考えられていま す。腎盂腎炎を繰り返す場合には、尿の通り道に生まれつきの異常がある場合も あります(膀胱尿管逆流現象)。
 背中や腰が痛む・熱がでる(38℃以上健康ひとくちメモが多い)・膀胱炎の症状があるなどが主な症状です。急性腎盂腎炎はこれらの症状が急激に表れます。吐き気がする・ 寒気を感じる・全身がだるくなるなどの症状がでたり、時には脱水による意識障害がでることもあります。さらに重くなると細菌が腎臓から血流に乗って全身へ広がり、命に関わることもあります。尿の通過障害のある場合には、緊急処置が必要となります。 治療は抗生剤が中心です。主として経口抗生物質で速やかに改善しますが、時には入院して抗生物質の点滴を受けなければならない場合もあります。腎盂腎炎をおこしやすくする原因があれば、それぞれに対応した治療を行います。特に尿の通過障害がある場合には、緊急に通過の改善処置を行います。
 腎盂腎炎の予防にはお風呂やシャワーなどで陰部を常に清潔に保つことが大切です。できれば排便後に陰部の洗浄を行うとよいでしょう。万が一細菌が尿道に入り込んだとしても、腎臓にまで上ってこないように尿で流してしまうことも大切です。そのため水分を適切にとって、膀胱に尿を溜めこまないうちに排尿するのも、ポイントです。

(桶川隆嗣:杏林大学医学部泌尿器科・教授)

杏林大学新聞第16号より抜粋
病院概要
医療安全管理・感染対策
施設のご案内
新着情報
患者支援センターのご案内
人間ドックのご案内