電話0422-47-5511

  1. トップページ
  2. 病院概要
  3. 届出事項

届出事項

基本診療料の施設基準等の届出に関する事項

当院では、次に揚げる諸施設基準の届出を行っています。

入院基本料

特定機能病院入院基本料
一般病棟・・・・・7:1
精神病棟・・・・・7:1

特定入院料

救命救急入院料4
特定集中治療室管理料1(C-ICU)
特定集中治療室管理料3(S-ICU)
ハイケアユニット入院医療管理料1
脳卒中ケアユニット入院医療管理料
総合周産期特定集中治療室管理料
新生児治療回復室入院医療管理料
小児入院医療管理料1

入院基本料等加算

超急性期脳卒中加算
診療録管理加算2
医師事務作業補助体制加算(100対1)
急性期看護補助体制加算(25対1)5割未満
看護職員夜間配置加算(12対1配置加算2)
療養環境加算
重症者等療養環境特別加算
無菌治療室管理加算1・2
緩和ケア診療加算
精神科身体合併症管理加算
精神科リエゾンチーム加算
栄養サポートチーム加算
医療安全対策加算1
感染防止対策加算1 (感染防止対策地域連携加算)
患者サポート体制充実加算
褥瘡ハイリスク患者ケア加算
ハイリスク妊娠管理加算
ハイリスク分娩管理加算
総合評価加算
呼吸ケアチーム加算
病棟薬剤業務実施加算1
病棟薬剤業務実施加算2
データ提出加算1
データ提出加算2
退院支援加算2
退院支援加算3

※入院医療の包括評価を行っております。(詳しくは入院会計窓口にてお尋ねください。)
※各病棟の時間帯毎の看護職員の配置は病棟に掲示しております。(詳しくは各病棟にてお尋ねください)
※当院は、患者負担による付添い看護は行っておりません。
※当院では、下記に関する事項につきまして厚生労働大臣が定める基準に適合しております。

入院診療計画
院内感染防止対策
医療安全管理体制
褥瘡対策
栄養管理体制

特掲診療料の施設基準等の届出に関する事項

当院では、次に揚げる諸施設基準の届出を行っています。

医学管理等

ウイルス疾患指導料
糖尿病合併症管理料
がん性疼痛緩和指導管理料
がん患者指導管理料1
がん患者指導管理料2
がん患者指導管理料3
外来緩和ケア管理料
移植後患者指導管理料(造血幹細胞移植後)
糖尿病透析予防指導管理料
院内トリアージ実施料
外来放射線照射診療料
ニコチン依存症管理料
がん治療連携計画策定料
排尿自立指導料
薬剤管理指導料
地域連携診療計画加算
医療機器安全管理料1
医療機器安全管理料2
在宅患者訪問看護・指導料
持続血糖測定器加算及び皮下連続式グルコース測定

検査・画像診断関係

HPV核酸検出及びHPV核酸検出(簡易ジェノタイプ判定)
検体検査管理加算(Ⅰ)
検体検査管理加算(Ⅳ)
国際標準検査管理加算
心臓カテーテル法による諸検査の血管内視鏡検査加算
時間内歩行試験及びシャトルウォーキングテスト
胎児心エコー法
ヘッドアップティルト試験
神経学的検査
補聴器適合検査
ロービジョン検査判断料
小児食物アレルギー負荷検査
内服・点滴誘発試験
センチネルリンパ節生検(片側)
CT透視下気管支鏡検査加算
画像診断管理加算1
画像診断管理加算2
CT撮影及びMRI撮影
冠動脈CT撮影加算
外傷全身CT加算
心臓MRI撮影加算
乳房MRI撮影加算

リハビリテーション関係

心大血管疾患リハビリテーション料(I)
脳血管疾患等リハビリテーション料(Ⅰ)
運動器リハビリテーション料(Ⅰ)
呼吸器リハビリテーション料(Ⅰ)
がん患者リハビリテーション料

精神科専門療法関係

認知療法・認知行動療法
精神科作業療法
抗精神病特定薬剤治療指導管理料

注射・処置・手術関係

抗悪性腫瘍剤処方管理加算
外来化学療法加算1
無菌製剤処理料
透析液水質確保加算2
組織拡張器による再建手術(乳房(再建手術)の場合に限る)
骨移植術(軟骨移植術を含む)(同種骨移植(非生体)(同種骨移植(特殊なものに限る)))
骨移植術(軟骨移植術を含む)(自家培養軟骨移植術に限る)
脳腫瘍覚醒下マッピング加算
脳刺激装置植込術(頭蓋内電極植込術を含む。)及び脳刺激装置交換術、脊髄刺激装置植込術及び脊髄刺激装置交換術
仙骨神経刺激装置植込術及び仙骨神経刺激装置交換術
羊膜移植術
緑内障手術(緑内障治療用インプラント挿入術(プレートのあるもの))
網膜付着組織を含む硝子体切除術(眼内内視鏡を用いるもの)
網膜再建術
内視鏡下鼻・副鼻腔手術Ⅴ型(拡大副鼻腔手術)
上顎骨形成術(骨移動を伴う場合に限る)(歯科診療以外の診療に係るものに限る)、下顎骨形成術(骨移動を伴う場合に限る)(歯科診療以外の診療に係るものに限る)
乳腺悪性腫瘍手術(乳がんセンチネルリンパ節加算1及び又は乳がんセンチネルリンパ節加算2を算定する場合に限る。)
乳腺悪性腫瘍手術(乳頭乳輪温存乳房切除術(腋窩郭清を伴わないもの)及び乳頭乳輪温存乳房切除術(腋窩郭清を伴うもの))
ゲル充填人工乳房を用いた乳房再建術(乳房切除後)
肺悪性腫瘍手術(壁側・臓側胸膜全切除(横隔膜、心膜合併切除を伴うもの)に限る)
経皮的冠動脈形成術(特殊カテーテルによるもの)
経カテーテル大動脈弁置換術
経皮的中隔心筋焼灼術
ペースメーカー移植術及びペースメーカー交換術
両心室ペースメーカー移植術及び両心室ペースメーカー交換術
植込型除細動器移植術、植込型除細動器交換術及び経静脈電極抜去術
両室ペーシング機能付き植込型除細動器移植術及び両室ペーシング機能付き植込型除細動器交換術
大動脈バルーンパンピング法(IABP法)
補助人工心臓
腹腔鏡下小切開骨盤内リンパ節群郭清術
腹腔鏡下小切開後腹膜リンパ節群郭清術
腹腔鏡下小切開後腹膜腫瘍摘出術及び腹腔鏡下小切開後腹膜悪性腫瘍手術
体外衝撃波胆石破砕術
腹腔鏡下膵体尾部腫瘍切除術
早期悪性腫瘍大腸粘膜下層剥離術
腹腔鏡下小切開副腎摘出術
体外衝撃波腎・尿管結石破砕術
腹腔鏡下小切開腎部分切除術、腹腔鏡下小切開腎摘出術、腹腔鏡下小切開腎(尿管)悪性腫瘍手術
腎腫瘍凝固・焼灼術(冷凍凝固によるもの)
腹腔鏡下腎悪性腫瘍手術(内視鏡手術用支援機器を用いるもの)
腹腔鏡下小切開尿管腫瘍摘出術
膀胱水圧拡張術
腹腔鏡下小切開膀胱腫瘍摘出術
腹腔鏡下膀胱悪性腫瘍手術
人工尿道括約筋植込・置換術
焦点式高エネルギー超音波療法
腹腔鏡下前立腺悪性腫瘍手術
腹腔鏡下小切開前立腺悪性腫瘍手術
腹腔鏡下前立腺悪性腫瘍手術(内視鏡手術用支援機器を用いるもの)
腹腔鏡下仙骨膣固定術
腹腔鏡下子宮悪性腫瘍手術(子宮体がんに限る)
胎児胸腔・羊水腔シャント術
輸血管理料Ⅰ
輸血適正使用加算
人工肛門・人工膀胱造設術前処置加算

医科点数表第2章第10部手術の通則5及び6に掲げる手術の関する事項につきまして届出を行っております。
※手術の実績につきましては、「当院における手術実施症例数」をご参照ください。

麻酔・放射線治療・病理関係

麻酔管理料(Ⅰ)
麻酔管理料(Ⅱ)
放射線治療専任加算
外来放射線治療加算
高エネルギー放射線治療
1回線量増加加算
強度変調放射線治療(IMRT)
画像誘導放射線治療(IGRT)
定位放射線治療
病理診断管理加算2

歯科関係

クラウン・ブリッジ維持管理料
地域歯科診療支援病院歯科初診料
歯科口腔リハビリテーション料2
歯科治療総合医療管理料(Ⅰ)及び(Ⅱ)
歯科外来診療環境体制加算

食事療養に関する事項

入院時食事療養(Ⅰ)

保険外併用療養費制度の実施について

選定療養

病院の初診

平成28年4月の健康保険法の改正により、保険医療機関相互間の機能の分担および業務の連携の更なる推進のため、他の医療機関等の紹介状なしに特定機能病院を受診される場合は原則として、初診時又は再診時に定額を患者さんにご負担いただくことになりました。
※ただし、緊急その他やむを得ない事情により、他の保険医療機関等からの紹介によらず来院された場合にあっては、この限りではございません。

特別の療養環境の提供

(差額ベッドの料金について)

個室
(特別室含む)
61,560円 35,640円 34,560円 32,400円 31,320円
30,240円 27,000円 21,600円 20,520円 18,360円
17,280円 12,960円 11,880円 10,800円  
2人室 14,040円 12,960円 8,640円 6,480円  
3人室 11,880円 10,800円 9,720円 8,640円 7,560円
6,480円        

室料(1日につき)
※各病室の設備等につきましては、入退院受付にてお尋ねください。

入院期間が180日を超える入院に関する特別の料金

特定機能病院入院基本料等の通算対象入院料を算定している期間が180日を超えた入院については、特別な状態等にある場合を除き患者さんの自己の選択に係るものとして、特別の料金をお支払いいただきます。

評価療養

医薬品及び医療機器の治験に係る診療

治験に係る診療のうち、検査及び画像診断に係る費用については、支給の対象とはなりません。また投薬及び注射に係る費用については、当該治験の対象とされる薬物の予定される効能又は効果と同様の効能又は効果を有する医薬品に係る診療については支給の対象とはなりません。

薬価基準収載医薬品の医薬品医療機器等法に基づく承認と異なる用法、用量、効能又は効果に係る投与の実施

薬価基準に収載されている医薬品の医薬品医療機器等法の規定による承認に係る用法、用量、効能又は効果と異なる用法、用量、効能又は効果に係る投与に対する患者さんのニーズに対応する観点から、患者さんの選択と同意により、当該投与に係る薬剤料に相当する療養部分についてその費用を患者さんから徴収いたします。

医薬品医療機器等法に基づく承認を受けた医薬品の投与の実施

医薬品医療機器等法上の承認を受けた者が、製造し、又は輸入した当該承認に係る医薬品のうち、薬価基準に収載されていないものに対する患者さんのニーズに対応する観点から、患者さんの選択と同意により、医薬品医療機器等法上の承認を受けた日から当該投与に係る薬剤料に相当する療養部分についてその費用を患者さんから徴収いたします。

医薬品医療機器等法に基づく承認等を受けた医療機器の使用等の実施

医薬品医療機器等法上の承認又は認証を受けた者が製造販売した当該承認又は認証に係る医療機器又は体外診断用医薬品のうち、保険適用されていないものに対する患者さんのニーズに対応する観点から、患者さんの選択と同意により、医薬品医療機器等法上の承認又は認証を受けた医療機器又は体外診断用医薬品の使用又は支給について、当該医療機器又は体外診断用医薬品に係る費用等に相当する療養部分について、その費用を患者さんから徴収いたします。

先進医療(A・B)

先進医療の名称 泌尿生殖器腫瘍の後腹膜リンパ節転移に対する腹腔鏡下リンパ節郭清
承認年月日 平成22年1月1日
実施診療科 泌尿器科
費用(自費) 145,800円(1回につき)
適応症例 精巣腫瘍(悪性)の後腹膜転移が画像診断上疑われるがはっきりしないもの。 平成26年4月~ 保険診療
先進医療の名称 前眼部三次元画像解析
承認年月日 平成23年11月1日
実施診療科 眼科
費用(自費) 5,000円(1回につき)
適応症例 緑内障、角膜ジストロフィー、角膜白斑、角膜変性、水疱性角膜症、角膜不正乱視、円錐角膜、水晶体疾患、角膜移植術後に係るもの
先進医療の名称 多焦点眼内レンズを用いた水晶体再建術
承認年月日 平成24年7月1日
実施診療科 眼科
費用(自費) 324,000円
適応症例 白内障
先進医療の名称 コレステロール塞栓症に対する血液浄化療法
コレステロール塞栓症
承認年月日 平成26年4月1日
実施診療科 腎臓・リウマチ膠原病内科
費用(自費) 0円
先進医療の名称 初発中枢神経系原発悪性リンパ腫に対する照射前大量メトトレキサート療法後のテモゾロミド併用照射線治療+テモゾロミド維持療法
(HD-MTX療法後のTMZ併用放射線療法+維持TMZ療法)
承認年月日 平成26年6月1日
実施診療科 脳神経外科
費用(自費) 外来 1処方につき 1,600円
入院 1回につき  2,600円
先進医療の名称 テモゾロミド用量強化療法 膠芽腫(初発時の初期治療後に再発又は増悪したものに限る。)
承認年月日 平成28年1月1日
実施診療科 脳神経外科
費用(自費) 105,120円
先進医療の名称 アルテプラーゼ静脈内投与による血栓溶解療法 急性脳梗塞(当該疾病の症状の発症時刻が明らかでない場合に限る。)
承認年月日 平成28年5月1日
実施診療科 脳卒中科
費用(自費) 0円
先進医療の名称 アキシチニブ単剤投与療法 胆道がん(切除が不能と判断されたもの又は術後に再発したものであって、ゲムシタビンによる治療に対して抵抗性を有するものに限る。)
承認年月日 平成28年6月1日
実施診療科 腫瘍内科
費用(自費) 0円

※詳しくは会計窓口にてお尋ねください。

病院概要
医療安全管理・感染対策
施設のご案内
新着情報
情報公開
患者支援センターのご案内
人間ドックのご案内