平成29年度 杏林大学医学部付属病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 1,386 681 926 1,478 2,299 2,730 4,285 5,600 3,823 663
当院は、大学病院としての質の高い医療を幅広い年齢層の患者さんに提供しています。
平成29年度の全退院患者数は23,871人でした。60歳代以上の患者さんが多い構成となっています。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
高齢診療科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 68 29.91 20.83 25.00 87.66
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 定義副傷病 なし 30 19.20 12.34 3.33 86.50
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 20 21.65 17.71 0.00 91.15
040081xx97x0xx 誤嚥性肺炎 手術あり 手術・処置等2 なし 18 49.33 40.34 33.33 88.28
0400801499x003 肺炎等(市中肺炎かつ75歳以上) 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし A-DROP スコア3 15 25.67 16.97 6.67 86.33
高齢診療科の入院患者の多くは誤嚥性を含む肺炎です。肺炎は、高齢者一般に免疫能の低下や身体的機能低下(フレイル)を背景として起こり、日常生活動作、嚥下機能が低下した高齢者でしばしば発生する病態です。しかも、肺炎に心不全や慢性腎臓病を合併していることが多く、より病態を複雑化させます。また、免疫能の低下、身体的機能低下(フレイル)は呼吸器以外の感染症(尿路、血液など)を発生させることもしばしばあります。
腫瘍内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060010xx99x40x 食道の悪性腫瘍(頸部を含む。) 手術なし 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 なし 31 7.03 9.69 0.00 65.58
060010xx99x30x 食道の悪性腫瘍(頸部を含む。) 手術なし 手術・処置等2 3あり 定義副傷病 なし 19 6.00 20.41 0.00 67.32
060020xx99x30x 胃の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 3あり 定義副傷病 なし 16 4.50 6.83 0.00 63.06
06007xxx97x7xx 膵臓、脾臓の腫瘍 その他の手術あり 手術・処置等2 7あり 14 4.79 19.29 0.00 58.43
06007xxx99000x 膵臓、脾臓の腫瘍 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 11 5.64 9.83 0.00 61.09
当腫瘍内科は消化器がんを中心に、その他原発不明がんなど難治がんに対する化学療法を中心に行っています。外科、放射線科、緩和ケアチーム、各臓器の診療科などと緊密に連携し、進行度、全身状態など個々の患者の状態を総合的に判断した上で、治療を進めています。また、新規患者さんと入退院された患者さん全員および、治療中で検討が必要な患者さんをリストアップして、診療科全体で治療方針を相談し、決定することで、個々の患者さんに対して最適な治療法を選択しています。さらに診療科内で個々の患者さんの情報を共有し、いつでも誰もが対応できるようにしています。

リウマチ膠原病内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
070560xx99x0xx 全身性臓器障害を伴う自己免疫性疾患 手術なし 手術・処置等2 なし 75 18.83 17.16 2.67 67.21
070560xx99x8xx 全身性臓器障害を伴う自己免疫性疾患 手術なし 手術・処置等2 8あり 14 7.71 18.24 0.00 71.43
070470xx99x0xx 関節リウマチ 手術なし 手術・処置等2 なし - - 13.72 - -
070560xx97x0xx 全身性臓器障害を伴う自己免疫性疾患 手術あり 手術・処置等2 なし - - 28.63 - -
040110xxxxx0xx 間質性肺炎 手術・処置等2 なし - - 19.65 - -
膠原病疾患は、その症状が全身に及ぶことも多く、しばしば難治性となりますが、他科あるいは多職種での医療連携をとりながら入院による速やかな精査や治療介入で寛解を目指しています。
小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040090xxxxxx0x 急性気管支炎、急性細気管支炎、下気道感染症(その他) 定義副傷病 なし 96 5.77 5.94 0.00 0.89
150010xxxxx0xx ウイルス性腸炎 手術・処置等2 なし 77 4.53 5.50 0.00 4.09
040100xxxxx00x 喘息 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 49 7.18 6.32 0.00 3.88
140010x199x00x 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重2500g以上) 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 39 8.31 6.18 10.26 0.00
0400801199x00x 肺炎等(1歳以上15歳未満) 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 37 6.24 5.70 0.00 4.41
当科では、一般小児科と総合周産期センターの新生児部門(NICU)を担当しています。一般小児科では、専門性の高い疾患と一般救急疾患の両方に対応しています。一般救急領域では、肺炎や気管支喘息、著増したRSウイルス性細気管支炎に対して、高流量酸素療法を行うことで、入院期間の短縮に努めています。新生児部門(NICU)では、超低出生体重児、多胎、胎児診断で異常を指摘された児などによる入院が多く、在院日数は長い傾向にあります。今後、早期の回復治療室管理への移行と一般病棟への転床を前提とした連携を深めながら、新生児部門(NICU)の円滑な運営に努める予定です。また最近では、食物アレルギーをもつ児に対応すべく、入院での食物アレルギー負荷試験を行い、時代のニーズをとらえた医療も行っています。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160620xx01xxxx 肘、膝の外傷(スポーツ障害等を含む。) 腱縫合術等 99 9.31 11.41 1.01 37.06
070230xx01xxxx 膝関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等 79 17.52 25.09 7.59 75.71
07040xxx01xxxx 股関節骨頭壊死、股関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等 70 16.94 23.14 5.71 67.39
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 56 17.18 27.09 62.50 76.96
070343xx99x1xx 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 腰部骨盤、不安定椎 手術なし 手術・処置等2 1あり 55 3.00 2.93 0.00 71.65
整形外科では、年間約1,000件の手術を行っております。その約1/4が脊椎疾患で、最近は中高年者の腰痛や下肢痛を伴う脊柱変形手術が増加しております。椎体の側方から侵入する低侵襲手術を採用し、また手術中に神経をモニタリングするなど高い安全性を担保するように努めております。内視鏡下手術は椎間板ヘルニアでは標準となり、腰部脊柱管狭窄症にも応用しており、脊髄腫瘍には顕微鏡下で摘出しております。一方、高齢者の変形性関節症には人工関節置換術を行っておりますが、特に膝関節については症例に応じて単関節置換術や、脛骨高位骨切り術などを適応しております。また、肩関節では腱板損傷の内視鏡下手術が増加しております。スポーツ外傷の手術例も増加傾向にあり、膝関節の前十字靭帯断裂、肩関節の反復性脱臼例も関節鏡下手術で対応しております。さらに、当科には骨・軟部腫瘍の専門医による診断・治療ができるため、多摩地区はもとより都内からも多くの患者さんを紹介いただいております。四肢や骨盤・脊椎の外傷についても当院の救急科と密に連携し優れた治療成績を報告してまいりました。以上、当科は手術の低侵襲化と安全・安心に努めております。
形成外科・美容外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020230xx97x0xx 眼瞼下垂 手術あり 手術・処置等2 なし 125 4.31 3.29 0.00 67.23
160200xx0200xx 顔面損傷(口腔、咽頭損傷を含む。) 鼻骨骨折整復固定術等 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 103 3.79 5.60 0.00 28.72
180040xx97x0xx 手術・処置等の合併症 その他の手術あり 手術・処置等2 なし 66 7.59 15.25 0.00 49.21
070590xx99x0xx 血管腫、リンパ管腫 手術なし 手術・処置等2 なし 57 3.84 5.87 0.00 22.09
070590xx97x0xx 血管腫、リンパ管腫 手術あり 手術・処置等2 なし 55 6.51 7.18 0.00 29.53
当科では眼瞼下垂、先天性異常、外傷、がんの切除後再建など形成外科領域の疾患を幅広く扱っています。特に眼瞼下垂、顔面骨骨折、血管腫・血管奇形、顔面神経麻痺、難治性潰瘍、乳房再建には力を入れており、総勢20名を超える医師がそれぞれの専門分野を活かしながら、患者さんにとって最適な治療法を選択して診療に当たっています。
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010050xx02x00x 非外傷性硬膜下血腫 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術等 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 55 7.27 11.75 10.91 76.71
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 45 6.49 7.34 13.33 47.27
010010xx01x00x 脳腫瘍 頭蓋内腫瘍摘出術等 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 39 23.56 21.61 7.69 51.38
130030xx99x40x 非ホジキンリンパ腫 手術なし 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 なし 31 13.81 16.48 0.00 76.58
010030xx9910xx 未破裂脳動脈瘤 手術なし 手術・処置等1 あり 手術・処置等2 なし 23 3.78 3.14 0.00 60.91
・非外傷性慢性硬膜下血腫
これは高齢者に多い疾患で、比較的軽微な外傷後数週間から数ヶ月で発症します。最近では、高齢者が脳梗塞予防として内服している抗血小板剤や抗凝固剤が問題となることがあります。血腫が大きくなり脳を圧迫するようになると手術が必要になります。当院では最近の社会情勢を反映し手術件数が最も多くなっています。
・脳腫瘍
脳腫瘍は画像上良性と思われ、かつ小さい場合は、経過観察することもあります。逆に画像上悪性が疑われた場合、または良性でも腫瘍が大きく頭蓋内圧が高いと思われる場合は手術を行います。当院ではナビゲーションシステムや電気生理学的手法、蛍光診断、覚醒下手術などを用いて安全に手術を行うよう努めています。

・頭蓋内損傷
転落や交通・スポーツ外傷等による頭蓋内損傷は、軽微な出血の場合そのまま経過観察しますが、画像による変化や神経所見を厳重にみていく必要があります。万が一、出血が大きくなった場合は手術に踏み切ることもあります。
・未破裂脳動脈瘤
未破裂脳動脈瘤の場合大きさや形状、発生部位、年齢などが治療の適応を決める要因になりますが、基本的にガイドラインに則った治療方針で対応しています。手術になった場合は外科治療として開頭、またはカテーテルを用いた血管内治療があげられますが、当院ではいずれの治療も可能となっています。

呼吸器外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx97x0xx 肺の悪性腫瘍 手術あり 手術・処置等2 なし 145 11.47 12.35 0.00 69.15
040040xx99040x 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 なし 37 8.41 11.99 0.00 63.68
040200xx01x00x 気胸 肺切除術等 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 35 10.37 10.04 2.86 37.03
040200xx99x00x 気胸 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 31 5.35 9.14 6.45 41.26
040040xx99000x 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 14 8.50 14.60 0.00 63.64
当科では、治療対象として最も多いのは原発性肺がん、ならびに転移性肺腫瘍への肺悪性腫瘍手術です。必要により開胸手術や胸腔鏡併用開胸手術を行いますが、胸腔鏡下手術を積極的に行っており、またクリニカルパスに則った合理的な周術期管理を行っており、在院日数は短くなっています。併存疾患のある方には、関連他科との連携も良好で適切に対応しています。周術期の化学療法や再発時の治療なども、関連他科との連携のもとに行っています。
気胸に対しては、手術治療か保存的治療の適応かを慎重に判断し、手術の場合は原則として胸腔鏡下手術を施行しています。縦隔腫瘍や膿胸などの炎症性疾患の手術に際しても、胸腔鏡下手術や開胸手術などのアプローチ法の適応を適切に判断して治療を行っています。
心臓血管外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110280xx02x00x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 動脈形成術、吻合術 その他の動脈等 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 73 3.34 8.50 0.00 65.74
050170xx03000x 閉塞性動脈疾患 動脈塞栓除去術 その他のもの(観血的なもの)等 手術・処置等1 なし、1あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 34 6.44 5.68 0.00 71.94
050180xx97xxxx 静脈・リンパ管疾患 その他の手術あり 24 2.96 3.20 0.00 68.71
050163xx03x0xx 非破裂性大動脈瘤、腸骨動脈瘤 ステントグラフト内挿術 手術・処置等2 なし 15 13.87 12.51 0.00 76.60
050163xx02x1xx 非破裂性大動脈瘤、腸骨動脈瘤 大動脈瘤切除術(吻合又は移植を含む。) 腹部大動脈(分枝血管の再建を伴うもの)等 手術・処置等2 1あり 11 23.00 21.04 0.00 72.45
当科では、末梢動静脈から心臓まで広範囲にわたる循環器疾患を対象としております。末梢血管に関しては、動脈瘤、動脈閉塞、静脈瘤、静脈閉塞、リンパ管閉塞などの幅広い疾患に対して、外来、入院でのきめ細かい検査およびエビデンスに基づいた息の長い投薬・理学療法を実施しております。また、急性心筋梗塞、大動脈瘤(解離、感染瘤、真性瘤および破裂)の症例に対しては、人工心肺使用心拍動下冠動脈バイパス手術、自己弁温存弁膜症手術、ステントグラフト使用大動脈瘤治療等、体に優しい低侵襲手術に努めております。手術成績の向上に伴い、高齢者にも積極的に手術を行っております。
小児外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060170xx02xxxx 閉塞、壊疽のない腹腔のヘルニア ヘルニア手術 腹壁瘢痕ヘルニア等 47 2.53 8.33 0.00 3.04
140590xx97xxxx 停留精巣 手術あり 38 3.53 3.26 0.00 3.18
11022xxx02xxxx 男性生殖器疾患 陰嚢水腫手術等 21 2.10 4.82 0.00 4.52
060150xx03xxxx 虫垂炎 虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴わないもの等 12 7.50 5.56 0.00 9.92
14044xxx03x0xx 直腸肛門奇形、ヒルシュスプルング病 鎖肛手術 肛門膜状閉鎖切開等 手術・処置等2 なし - - 17.03 - -
本病院は救急医療を大切にしています。腹部外傷、急性腹症、下血、急性陰嚢症の患者さん等を治療しています。特に生命の危機となる、腸回転異常症をはじめとした絞扼性イレウス患児の診断、治療にはできるだけ早期の診断と治療を目指しています。
ショック状態で来院した患児等では、小児科の協力のもと、術前術後管理を24時間体制で厳密に管理することにより、良好な成績をあげています。症例数で多いものは、表にあるような鼠径ヘルニア、臍ヘルニア、停留精巣、陰嚢水腫、急性虫垂炎です。再発や合併症の少ない手術方法を選択し、丁寧で確実な手術を心がけています。特に、臍ヘルニアでは臍の形が正常に近くなるように工夫しています。

眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020160xx97xxx0 網膜剥離 手術あり 片眼 509 7.34 10.21 0.00 52.45
020200xx9710xx 黄斑、後極変性 手術あり 手術・処置等1 あり 手術・処置等2 なし 272 6.67 7.31 0.00 67.89
020220xx97xxx0 緑内障 手術あり 片眼 188 8.09 8.51 0.00 67.07
020180xx97x0x0 糖尿病性増殖性網膜症 手術あり 手術・処置等2 なし 片眼 146 7.51 7.96 0.00 60.66
020350xx97x0xx 脈絡膜の疾患 手術あり 手術・処置等2 なし 79 6.89 8.24 0.00 70.59
眼科のあらゆる疾患に対して対応しています。幅広い眼疾患を網羅することで、全ての患者さんに高度な医療を提供いたします。患者さんの多くは手術加療目的で入院されます。各分野に熟練の術者を擁し、手術は小切開で対応しており低侵襲、早期の視力回復を目指しています。
耳鼻咽喉科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030240xx99xxxx 扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎 手術なし 84 5.81 5.48 0.00 33.23
030428xxxxxxxx 突発性難聴 78 8.94 9.18 0.00 58.50
030350xxxxxxxx 慢性副鼻腔炎 71 5.55 7.23 0.00 53.27
030150xx97xxxx 耳・鼻・口腔・咽頭・大唾液腺の腫瘍 手術あり 54 6.50 7.58 0.00 48.26
030240xx01xxxx 扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎 扁桃周囲膿瘍切開術等 48 7.13 7.22 0.00 36.69
多摩地域での基幹病院として耳鼻咽喉科領域の感染症や良性・悪性腫瘍、種々の機能障害を含めて、幅広い疾患の患者様を取り扱っています。耳科領域では、遺伝性難聴の解析にも力を入れています。鼻科領域では、内視鏡手術に力を入れ、脳神経外科とも協力して積極的に手術を行っています。頭頸部腫瘍領域に関しては、機能温存手術、抗がん剤含め、個々の患者さんに適した集学的治療を行うよう心がけています。喉頭領域では、内視鏡検査から音声機能検査、そして筋電図まで一連の検査を専門外来で集中して行っています。さらに入院での全身麻酔下手術のみならず、外来での日帰り手術にも力を入れています。また嚥下障害を伴う患者さんには、他診療科と連携し、治療につながるような多面的な診断を行っています。
神経内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010080xx99x00x 脳脊髄の感染を伴う炎症 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 32 15.00 9.99 3.13 39.91
010110xxxxx40x 免疫介在性・炎症性ニューロパチー 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 なし 16 19.50 16.95 12.50 51.94
010080xx99x01x 脳脊髄の感染を伴う炎症 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 あり 11 18.09 21.46 9.09 49.64
010090xxxxx00x 多発性硬化症 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし - - 13.98 - -
010160xx99x10x パーキンソン病 手術なし 手術・処置等2 あり 定義副傷病 なし - - 20.55 - -
多摩地域の高度救急医療を提供する基幹病院の神経内科部門として、脳血管障害以外の神経疾患の救急病態を中心に診療を行っています。入院診療を行っている主な疾患・病態としては、感染性・自己免疫性の中枢神経炎症性疾患、症候性を主とするてんかん発作、ギラン・バレー症候群を中心とする末梢神経障害の急性増悪、パーキンソン病などの神経変成疾患患者の急性の状態悪化です。
皮膚科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080020xxxxxxxx 帯状疱疹 70 8.21 8.95 1.43 66.74
080006xx01x0xx 皮膚の悪性腫瘍(黒色腫以外) 皮膚悪性腫瘍切除術等 手術・処置等2 なし 52 8.04 8.50 0.00 73.56
080011xx99xxxx 急性膿皮症 手術なし 49 11.63 11.73 6.12 57.98
080190xxxxxxxx 脱毛症 35 4.06 3.60 0.00 36.83
180060xx97xxxx その他の新生物 手術あり 31 3.00 6.45 0.00 54.81
当科における疾患は、感染症(帯状疱疹、蜂窩織炎など)、腫瘍性疾患(悪性腫瘍・良性腫瘍)、脱毛症です。特に高齢者の悪性腫瘍が増加傾向にあり、積極的な治療に取り組んでいます。また、重症薬疹や難治性脱毛症、水疱症に対する集学的治療も多数施行しており、極めて良好な治療結果を得ています。
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 192 8.96 7.31 0.52 73.11
11012xxx020x0x 上部尿路疾患 経尿道的尿路結石除去術等 手術・処置等1 なし 定義副傷病 なし 113 6.04 5.75 0.00 58.69
110060xx99x20x 腎盂・尿管の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 2あり 定義副傷病 なし 80 10.61 11.29 0.00 73.61
110070xx99x20x 膀胱腫瘍 手術なし 手術・処置等2 2あり 定義副傷病 なし 61 13.26 11.31 0.00 67.28
110420xx97xx0x 水腎症(その他) その他の手術あり 定義副傷病 なし 52 5.35 5.17 0.00 68.62
泌尿器科が扱う疾患は腫瘍、結石、感染症、排尿障害、女性泌尿器など多岐にわたっています。当科に入院し手術を必要とする疾患としては、膀胱がんに対する経尿道的手術が最多です。この後膀胱全摘にいたるものも、年間10症例程度あります。また早期前立腺がんに対してはロボット支援下内視鏡手術を行い、術翌日より歩行開始できるようにしています。一方良性疾患になりますが、尿路結石に対する経尿道的手術も多数行っています。また、進行性転移性の腎盂・尿管がんや膀胱がんに対し、多くの抗がん化学療法を行っており、現在承認されている全ての標準治療を行うことが可能です。
産科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120180xx01xxxx 胎児及び胎児付属物の異常 子宮全摘術等 143 8.90 9.75 0.00 35.70
120260xx01xxxx 分娩の異常 子宮破裂手術等 83 8.57 9.67 0.00 34.60
120170xx01x0xx 早産、切迫早産 子宮破裂手術等 手術・処置等2 なし 66 31.24 31.42 0.00 33.61
120170xx99x0xx 早産、切迫早産 手術なし 手術・処置等2 なし 61 26.72 20.41 16.39 31.80
120140xxxxxxxx 流産 53 1.36 2.43 0.00 35.92
当院は多摩地区の周産期母子医療を担う総合周産期母子医療センターとしての役割を有しています。安全、安心の出産を目的に救急疾患、母体疾患、胎児疾患の管理・治療を集中的に行っています。また、年齢の高い妊婦さん、糖尿病、高血圧症をはじめ様々な内科的疾患を有するハイリスク妊娠を積極的に受け入れているため、胎児及び胎児付属物の異常に関する疾患が多くなっています。
婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120060xx02xxxx 子宮の良性腫瘍 腹腔鏡下腟式子宮全摘術等 76 7.34 6.28 0.00 42.12
120060xx01xxxx 子宮の良性腫瘍 子宮全摘術等 75 10.81 9.91 0.00 45.20
120070xx02xxxx 卵巣の良性腫瘍 卵巣部分切除術(腟式を含む。) 腹腔鏡によるもの等 70 7.27 6.37 1.43 40.41
12002xxx01x0xx 子宮頸・体部の悪性腫瘍 子宮悪性腫瘍手術等 手術・処置等2 なし 58 16.66 12.94 0.00 57.45
12002xxx02x0xx 子宮頸・体部の悪性腫瘍 子宮筋腫摘出(核出)術 腟式等 手術・処置等2 なし 56 3.14 3.25 0.00 38.71
当科では婦人科腫瘍専門医の元、悪性腫瘍のみならず良性疾患や骨盤臓器脱まで幅広い疾患を取り扱っています。また腹腔鏡下手術は技術認定医が在籍しており、症例数が増加しています。
呼吸器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx9910xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1 あり 手術・処置等2 なし 167 3.65 3.59 0.60 69.32
040040xx99040x 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 なし 140 9.28 11.99 0.71 69.34
040110xxxxx0xx 間質性肺炎 手術・処置等2 なし 98 19.65 19.65 8.16 69.93
040040xx9909xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 9あり 49 11.51 10.56 0.00 64.45
040040xx99000x 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 34 17.29 14.60 26.47 69.53
呼吸器内科では、肺がんの治療(化学療法、放射線療法)や検査(気管支鏡、CTガイド下肺生検)のために入院する方が多くなっています。肺がんが疑われて受診された患者さんは、ほとんどの検査を外来で行います。気管支鏡やCTガイド下肺生検の場合は、安全に行うために短期の入院をお願いしています。最新の遺伝子検査を十分に行うために積極的に行っています。診断がつき、化学療法や放射線治療を行っていくことになりますが、初回の治療は副作用の程度を確認し、迅速に対応するため入院治療を行っています。その後の治療については外来あるいは短期入院で継続していくことを原則としています。また病状が進行して積極的な治療が難しくなった場合は、少しでも苦痛を取り、生活の質を維持するべくチーム医療を進めていき、周辺医療施設と連携をとりながら終末期を過ごしていただくよう努めています。肺がんの次に多いのが間質性肺炎の悪化に伴う呼吸不全での入院です。この場合は、高濃度酸素吸入や副腎皮質ステロイド・免疫抑制剤などの治療が必要なために入院期間が長くなる傾向があります。
循環器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050070xx01x0xx 頻脈性不整脈 経皮的カテーテル心筋焼灼術 手術・処置等2 なし 306 3.91 5.30 0.00 64.25
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等1 1あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 186 3.90 3.03 0.54 67.98
04026xxx9913xx 肺高血圧性疾患 手術なし 手術・処置等1 あり 手術・処置等2 3あり 144 3.97 15.07 0.00 55.57
04026xxx9910xx 肺高血圧性疾患 手術なし 手術・処置等1 あり 手術・処置等2 なし 137 3.45 5.45 0.00 64.57
050050xx02000x 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 手術・処置等1 なし、1、2あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 135 3.96 4.62 0.00 71.52
循環器内科の疾患には虚血性心疾患(狭心症・心筋梗塞など)、徐脈・頻脈性不整脈、肺高血圧症などがあり、これらのいずれも心不全の原因となることがあります。虚血性心疾患、頻脈性不整脈、慢性血栓塞栓性肺高血圧症などに対して積極的にカテーテル検査・治療を行っています。また、下肢閉塞性動脈硬化症に対する血管形成術や徐脈性不整脈に対するペースメーカー治療なども行っています。当科は東京都のCCUネットワークに所属しており、重度の急性心筋梗塞などの患者さんを受け入れ、緊急カテーテル治療にも積極的に取り組んでいます。さらに、大動脈解離などの緊急疾患に対しても心臓血管外科と協力して診療を行っています。初発の心不全で緊急入院される患者さんも多く、急性期治療を行うとともに、原因疾患を特定し再発予防のための治療を導入しています。
糖尿病・内分泌・代謝内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
100070xx99x100 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全なし。) 手術なし 手術・処置等2 1あり 定義副傷病 なし 85歳未満 69 13.72 14.27 0.00 55.99
100180xx99000x 副腎皮質機能亢進症、非機能性副腎皮質腫瘍 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 40 7.95 5.76 0.00 58.00
100071xx99x100 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全あり。) 手術なし 手術・処置等2 1あり 定義副傷病 なし 85歳未満 22 13.64 14.63 4.55 59.68
100070xx99x110 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全なし。) 手術なし 手術・処置等2 1あり 定義副傷病 あり 85歳未満 17 17.18 15.87 0.00 63.12
100393xx99xxxx その他の体液・電解質・酸塩基平衡障害 手術なし 12 13.67 10.05 16.67 68.58
糖尿病・内分泌・代謝内科では、1型糖尿病や2型糖尿病の教育及び血糖コントロール、糖尿病合併症精査と治療、副腎腫瘍の内分泌学的精査や治療をはじめ、電解質異常を含む様々な内分泌疾患を取り扱っています。これら疾患に対して、医師、看護師、薬剤師、栄養士が一つのチームとなって、中心となる患者さんの生活背景や習慣におうじて適切な対応を心がけています。また、糖尿病や内分泌疾患を有する他疾患治療目的の方に対し、周術期の血糖管理など、他科治療のサポートを綿密な連携を通じて行っています。   
腎臓内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110280xx99010x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 1あり 定義副傷病 なし 60 11.35 14.55 3.33 64.87
110260xx99x0xx ネフローゼ症候群 手術なし 手術・処置等2 なし 28 23.18 22.12 3.57 55.79
110280xx99000x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 27 13.11 12.23 3.70 69.93
110280xx991x0x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1 あり 定義副傷病 なし 26 7.58 7.35 0.00 38.08
110280xx02x1xx 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 動脈形成術、吻合術 その他の動脈等 手術・処置等2 1あり 24 42.83 36.38 25.00 71.21
腎臓内科では、腎炎やネフローゼ症候群、腎不全、透析導入、膠原病、高血圧、内分泌疾患、循環器疾患など全身疾患に伴う腎障害まで広範囲な疾患を扱っています。さらに、教育入院や腎生検などの検査入院も積極的に行っています。
救急科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
161070xxxxx00x 薬物中毒(その他の中毒) 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 45 2.49 3.58 28.89 37.51
161060xx99x0xx 詳細不明の損傷等 手術なし 手術・処置等2 なし 34 2.44 4.01 5.88 39.62
161070xxxxx10x 薬物中毒(その他の中毒) 手術・処置等2 1あり 定義副傷病 なし 26 3.35 6.19 38.46 40.46
010310xx97x1xx 脳の障害(その他) 手術あり 手術・処置等2 あり 19 34.58 46.59 73.68 77.58
161070xxxxx11x 薬物中毒(その他の中毒) 手術・処置等2 1あり 定義副傷病 あり 11 7.45 11.63 54.55 50.55
薬物中毒(その他の中毒):当センターは東京都に4つある高度救命救急センターの一つであり、様々な中毒に救急対応できる体制をとっています。主に3次救急搬送された重症の中毒患者に対して、中毒の標準治療に加え、拮抗薬投与や血液浄化療法等の特殊治療も積極的に行っています。また、中毒原因物質の特定が困難な場合など必要症例には、液体クロマトグラフィー質量分析法を用いた原因物質の特定も随時行えることが特色です。
多部位外傷、詳細不明の損傷等:高度救命救急センターとして、多数の高エネルギー外傷患者を受け入れています。輸液や呼吸管理等、全身状態の安定化を図りながら、超音波検査、造影CTや、必要症例には血管造影等を用いた全身検索を行い、緊急手術や血管塞栓止血術など、必要な治療を常時、迅速に行える体制をとっています。大動脈解離や外傷性血管損傷に対して、EVAR(ステント内挿術)など、高度な専門治療も行っています。

血液内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
130030xx99x40x 非ホジキンリンパ腫 手術なし 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 なし 317 6.30 16.48 0.00 67.29
130030xx99x50x 非ホジキンリンパ腫 手術なし 手術・処置等2 5あり 定義副傷病 なし 82 5.44 13.89 0.00 65.12
130060xx99x4xx 骨髄異形成症候群 手術なし 手術・処置等2 4あり 41 9.22 10.60 0.00 76.07
130010xx97x2xx 急性白血病 手術あり 手術・処置等2 2あり 25 48.56 40.97 8.00 65.96
130060xx97x40x 骨髄異形成症候群 手術あり 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 なし 23 10.83 21.28 0.00 70.87
血液疾患全般を扱っています。診療の中心となっているのは、悪性リンパ腫、白血病、多発性骨髄腫などの造血器腫瘍ですが、その他の非腫瘍性血液疾患に関しても、積極的に受け入れを行っています。近年は、臍帯血移植に特に力を入れており、症例数も増加しています。当施設では、地域に密着した医療機関である特徴を活かして、初診から移植、その後のフォローアップまで、スムーズかつ継続した診療ができることを目指しています。
消化器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 139 12.35 10.61 4.32 76.66
060020xx04x0xx 胃の悪性腫瘍 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術 手術・処置等2 なし 62 8.27 8.73 0.00 70.87
06007xxx97x00x 膵臓、脾臓の腫瘍 その他の手術あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 51 20.41 14.08 5.88 68.00
060102xx99xxxx 穿孔または膿瘍を伴わない憩室性疾患 手術なし 50 8.46 7.87 0.00 60.44
060210xx99000x ヘルニアの記載のない腸閉塞 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 50 9.08 8.98 4.00 73.58
消化器内科では上下部消化管出血、胆膵疾患や腸閉塞などに対する治療が多く、緊急処置は地域の基幹病院として24時間体制で対応しています。胃・十二指腸潰瘍などによる上部消化管出血や大腸憩室出血などによる下部消化管出血に対する内視鏡的止血術、胃がんに対する内視鏡治療、胆管結石に伴う胆管炎や胆道がん・膵がんに伴う閉塞性黄疸などに対する内視鏡的逆行性膵胆管造影検査(ERCP)を用いた胆道ドレナージ、採石、ステント留置などの内視鏡診断・治療を迅速かつ安全に行っています。また炎症性腸疾患について難治例や重症例にも対応し、生物学的製剤や経口タクロリムスなどの治療も行っています。
消化器・一般外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060330xx02xxxx 胆嚢疾患(胆嚢結石など) 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 77 7.23 6.64 1.30 59.00
060150xx03xxxx 虫垂炎 虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴わないもの等 70 6.54 5.56 0.00 39.76
060035xx01000x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 結腸切除術 全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術等 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 61 15.64 15.61 0.00 71.52
060020xx02x0xx 胃の悪性腫瘍 胃切除術 悪性腫瘍手術等 手術・処置等2 なし 58 13.97 17.27 0.00 69.53
060040xx02x00x 直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍 肛門悪性腫瘍手術 切除等 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 45 16.16 17.49 0.00 64.64
胆道疾患:胆嚢結石症や胆嚢炎治療の第一選択として腹腔鏡下胆嚢摘出術を行っています。胆石発作や炎症が軽度の症例に対してはTANKO(単孔式腹腔鏡手術)を導入し、より低侵襲な手術を目指しています。腹腔鏡下胆嚢摘出術では、質の高い医療を効率的、かつ安全、適正に提供するためにクリニカルパスを導入し、良好な成績を得ています。
結腸・直腸の悪性腫瘍:下部消化管グループで取り扱う疾患の約75%が腫瘍性疾患です。1995年から腹腔鏡下手術を導入し、症例数は年々増加傾向にあります。近年では3D画像を使用し、より鮮明な画面を用いて手術を行っており、周術期合併症の軽減に努めています。さらに進行直腸がんでは神経の温存を目的とした術中放射線療法を行うことで機能温存を図り、さらに術後の排便障害に対するケアにも長期に取り組んでいます。
胃の悪性腫瘍:胃がんに関しては、内視鏡的切除や腹腔鏡下手術への移行が更に進んでおり、年間の内視鏡的切除、腹腔鏡下手術、開腹手術はほぼ同数となっています。切除不能進行胃がんには腫瘍内科と協力し新規抗腫瘍薬を取り入れた化学療法を実践しています。また、胃粘膜下腫瘍や十二指腸腫瘍に対しても、より低侵襲な治療を求め、管腔内視鏡処置と腹腔鏡下手術を併用した低侵襲治療を実践し、優れた治療成績を得ています。
虫垂炎:急性虫垂炎に対する虫垂切除術を行っています。近年では、手術合併症の発生率を軽減させることを目的とした待機的な腹腔鏡下虫垂切除術(単孔式腹腔鏡手術を含む)を導入しています。

脳卒中科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010060x2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 なし 発症前Rankin Scale 0、1又は2 89 19.24 16.38 43.82 71.71
010040x099x00x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 75 23.03 19.10 72.00 70.25
010060x2990201 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 2あり 定義副傷病 なし 発症前Rankin Scale 0、1又は2 46 16.13 16.51 26.09 69.65
010060x2990411 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 1あり 発症前Rankin Scale 0、1又は2 27 17.22 18.34 40.74 73.81
010061xxxxx0xx 一過性脳虚血発作 手術・処置等2 なし 25 8.76 6.28 0.00 70.12
包括的脳卒中センターとして、急性期脳血管再開通療法(t-PA静注療法、血栓回収療法)や開頭血腫除去術など、脳卒中の最先端医療を医師、看護師、リハビリテーション療法士など多職種・診療科横断的専門チームにより提供しています。脳卒中センターとして40床(うち10床がSCU施設基準合致)が設置され、発症早期からの急性期リハビリテーションは全症例に実施しています。さらに、先進画像診断(3T-MRI、超高精細CT、神経超音波検査、脳血流SPECT、ほか)によって病態を解明し、危険因子の徹底管理と抗血栓療法の最適化をはかることで、病状悪化と再発を防いでいます。在宅を視野に入れたリハビリテーションを行い、回復期施設に転院する場合も地域医療連携のネットワークを活用してシームレスに治療を継続しています。

乳腺外科・甲状腺外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
090010xx02x0xx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 単純乳房切除術(乳腺全摘術)等 手術・処置等2 なし 99 10.06 10.15 0.00 58.63
100020xx01x0xx 甲状腺の悪性腫瘍 甲状腺悪性腫瘍手術 切除等 手術・処置等2 なし 49 7.04 9.20 0.00 55.16
090010xx01x0xx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴うもの(内視鏡下によるものを含む。))等 手術・処置等2 なし 47 11.09 11.45 0.00 56.06
090010xx03x0xx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わないもの) 手術・処置等2 なし 35 5.63 6.37 0.00 60.31
090010xx97x0xx 乳房の悪性腫瘍 その他の手術あり 手術・処置等2 なし 12 5.42 5.96 16.67 62.92
当院の乳腺外科は、多摩地域を中心に質の高い乳がんの診断と治療を行う専門施設です。乳がんの診療は画像診断と組織診断に基づいて、外科療法・薬物療法・放射線療法を適切に組み合わせた治療の個別化が行われています。薬物療法に抵抗性となった進行再発乳がんでは、緩和医療を専門とする病院と連携してがんに伴う症状の緩和と心のケアを行うことで、少しでも長く普段通りの生活が送れるように努めています。
甲状腺外科は、甲状腺のしこりを認めた患者さんに対し、超音波検査(必要な方はCT)・穿刺吸引細胞診にて診断を行い、個々の患者さんの病状に応じて手術等の治療を行っています。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 131 23 22 40 9 35 1 7
大腸癌 64 31 61 49 8 45 1 7
乳癌 82 60 7 5 2 26 1 7
肺癌 117 47 137 255 113 110 1 6,7
肝癌 6 30 18 9 2 47 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
5大がんについて、初発患者さんはUICCのTNMから示される病期分類と癌取扱い規約に基づくステージ分類による患者数を示しています。再発患者さんは期間内の患者数を示しています。
当院は、地域がん診療連携拠点病院として各地域医療機関と緊密な連携を取りながら診療を行っています。がん治療は臓器や治療手段にとらわれず診療科の枠を越えた包括的治療戦略が重要です。また、当院の「がんセンター」では、運営委員会やキャンサーボードなどカンファレンスを通じて各部署、各診療科の情報の共有や協力を得てより良い治療の実践を目指しています。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 14 15.64 58.43
中等症 119 19.22 74.66
重症 52 29.42 83.92
超重症 20 20.35 80.60
不明 2 15.25 80.75
「成人市中肺炎」とは、日常生活をしていた人が発生した肺炎のことです。症例数を見ると中等症以上は高齢の患者さんが多く、当院では重症度の高い肺炎患者さんの受け入れを行っています。
脳梗塞の患者数等ファイルをダウンロード
発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 396 22.99 74.49 46.97
その他 52 18.83 68.44 40.38
当院では、発症後3日以内の急性期脳梗塞の患者さんが多くなっています。救急搬送された全ての患者さんに24時間365日対応し、専門医が直ちに血栓溶解療法や血管内治療などを迅速に開始できるよう体制を整えています。また、専門病棟では急性期リハビリテーションを提供し、後遺症を最小限にすべく診療にあたっています。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
腫瘍内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6113 抗悪性腫瘍剤動脈内持続注入用植込型カテーテル設置(頭頸部その他) 44 0.23 2.66 0.00 68.07
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 - - - - -
K6182 中心静脈注射用植込型カテーテル設置(頭頸部その他) - - - - -
K522-2 食道ステント留置術 - - - - -
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む) - - - - -
当腫瘍内科では化学療法を主な治療手段としており、化学療法を行うための植込型カテーテル設置術を多く行っています。また、個々の患者さんに最も適した治療を提供しています。
小児科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K9131 新生児仮死蘇生術 仮死第1度のもの 27 0.00 56.26 3.70 0.00
K9132 新生児仮死蘇生術 仮死第2度のもの 10 0.00 113.80 10.00 0.00
K7151 腸重積症整復術 非観血的なもの - - - - -
K2762 網膜光凝固術 その他特殊なもの(一連につき) - - - - -
K7512 鎖肛手術 会陰式 - - - - -
新生児から15歳までの身体と心のすべての領域の診療を行っています。身体部分の疾患については、個別の診療に必要な専門医と連携しながら包括的な医療を行っています。また、小児専門の救急要員による3次を含めた24時間体制で救急患者さんを受け入れ、地域の医療機関と連携をとり、小児救急施設として診療を行っています。さらに、総合周産期母子医療センターを中心とした新生児・未熟児医療を行っています。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0821 人工関節置換術 肩、股、膝 143 1.16 14.99 6.99 71.53
K079-21 関節鏡下靱帯断裂形成手術 十字靱帯 67 1.21 7.87 1.49 35.37
K0461 骨折観血的手術 肩甲骨、上腕、大腿 63 1.94 10.84 46.03 65.43
K1425 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(多椎間又は多椎弓の場合を含む。) 椎弓切除 55 2.62 14.25 9.09 74.31
K1423 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(多椎間又は多椎弓の場合を含む。) 後方椎体固定 33 1.15 14.61 3.03 70.82
当科では人工関節置換術が最も多く平成29年度は143件行っています。脊椎・脊髄疾患、股・膝関節疾患、骨・軟部腫瘍、外傷など、他の手術件数を含めると年間1,000件を越えて手術を行っています。
形成外科・美容外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2191 眼瞼下垂症手術 眼瞼挙筋前転法 107 0.95 2.19 0.00 68.42
K476-4 ゲル充填人工乳房を用いた乳房再建術(乳房切除後) 62 1.00 6.53 0.00 51.40
K333 鼻骨骨折整復固定術 56 1.00 1.00 0.00 21.36
K0111 顔面神経麻痺形成手術 静的なもの 31 1.00 6.45 0.00 43.81
K0031 皮膚、皮下、粘膜下血管腫摘出術(露出部) 長径3センチメートル未満 26 1.00 2.35 0.00 22.81
当科では、眼瞼下垂、乳がん術後の乳房再建、外傷(鼻骨骨折など顔面骨骨折)、熱傷後の瘢痕や拘縮、ケロイド、顔面神経麻痺や後天的な変形に対する手術を実施しており、幅広い領域をカバーしています。
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K1692 頭蓋内腫瘍摘出術(その他) 78 9.31 30.64 19.23 54.08
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 57 0.68 6.91 15.79 77.46
K1771 脳動脈瘤頸部クリッピング 1箇所 44 1.59 38.80 50.00 63.05
K1781 脳血管内手術 1箇所 19 1.53 21.89 31.58 67.84
K1642 頭蓋内血腫除去術(開頭して行うもの) 硬膜下のもの 15 1.13 35.87 60.00 70.73
当科では動脈瘤手術の経験をもとに、更に安全性の高い手術手技の開発や手術教育を行っており、未破裂動脈瘤では4%以下の合併症を維持しています。バイパス手術や脳動静脈奇形などの血管障害のみならず、聴神経腫瘍、下垂体腫瘍などの良性腫瘍の手術も積極的に行っております。
呼吸器外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5143 肺悪性腫瘍手術 肺葉切除又は1肺葉を超えるもの 45 2.16 9.53 0.00 66.04
K5131 胸腔鏡下肺切除術 肺嚢胞手術(楔状部分切除によるもの) 36 4.83 4.19 2.78 36.92
K514-23 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術 肺葉切除又は1肺葉を超えるもの 34 2.68 8.56 0.00 70.35
K514-21 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術 部分切除 28 2.39 5.25 0.00 70.50
K514-22 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術 区域切除 10 2.30 10.80 0.00 72.00
肺がんの手術療法は術後の呼吸機能に影響を及ぼします。我々は患者さんが退院後に手術前と同程度の生活ができるよう、低侵襲とされる胸腔鏡(カメラ)を併用した手術を多く実施し成果をあげています。
心臓血管外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K610-3 内シャント又は外シャント設置術 66 1.14 1.39 3.03 65.61
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 27 2.00 2.56 0.00 69.44
K617-4 下肢静脈瘤血管内焼灼術 23 0.96 1.04 0.00 68.22
K5522 冠動脈、大動脈バイパス移植術 2吻合以上のもの 21 6.33 30.67 19.05 74.52
K5612 ステントグラフト内挿術 腹部大動脈 17 3.29 16.47 5.88 78.35
腎不全に対する血液透析を行う患者さんの増加に伴い、内シャント設置術の手術件数は増加しております。また、下肢静脈瘤に対してはレーザー治療を積極的に行っております。さらに、急性心筋梗塞、大動脈瘤(解離、感染瘤、真性瘤および破裂)に対しての手術は、定時手術でも人工心肺使用心拍動下冠動脈バイパス手術、自己弁温存弁膜症手術、ステントグラフト使用大動脈瘤治療等、体に優しい低侵襲手術を選択し、行うことで高齢者にも手術が行えるよう努めております。
小児外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6335 ヘルニア手術 鼠径ヘルニア 59 0.27 1.00 0.00 5.15
K6333 ヘルニア手術 臍ヘルニア 46 0.48 1.00 0.00 2.96
K836 停留精巣固定術 39 0.97 1.54 0.00 3.00
K8351 陰嚢水腫手術 交通性陰嚢水腫手術 21 0.10 1.00 0.00 4.52
K7181 虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴わないもの 12 0.08 6.42 0.00 9.92
主に鼠経ヘルニア、臍ヘルニア、停留精巣、陰嚢水腫など一般外科疾患や急性虫垂炎、腸閉塞、外傷など救急疾患の他、新生児の消化管閉鎖などの先天異常、胆道閉鎖症や小児がんなどの難病を診療の対象にしています。
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2801 硝子体茎顕微鏡下離断術 網膜付着組織を含むもの 886 1.03 5.40 0.11 62.46
K2821ロ 水晶体再建術 眼内レンズを挿入する場合 その他のもの 663 1.05 1.38 0.00 73.11
K2682 緑内障手術 流出路再建術 102 1.09 5.82 0.00 68.13
K275 網膜復位術 84 1.01 5.27 0.00 31.98
K281 増殖性硝子体網膜症手術 53 1.21 7.23 0.00 55.89
当科で行われる網膜硝子体手術は網膜剥離、糖尿病網膜症、黄斑円孔、黄斑前膜、硝子体出血などを始めとして、網膜硝子体疾患全般に渡っており、手術件数が多くなっています。白内障や緑内障に対しても多くの手術を行っています。
耳鼻咽喉科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K368 扁桃周囲膿瘍切開術 46 0.76 4.76 0.00 35.52
K3772 口蓋扁桃手術 摘出 38 1.39 10.61 0.00 31.03
K3932 喉頭腫瘍摘出術 直達鏡によるもの 38 1.32 4.08 2.63 65.92
K340-6 内視鏡下鼻・副鼻腔手術IV型(汎副鼻腔手術) 27 1.30 3.33 0.00 50.48
K340-5 内視鏡下鼻・副鼻腔手術Ⅲ型(選択的(複数洞)副鼻腔手術) 26 1.31 3.19 0.00 55.27
耳鼻咽喉科、頭頸部外科全般を網羅し、地域の要望に応えられる体制をとっており、鼻、頭頸部、耳に対する手術治療を中心に診療を行っています。最も多い手術は、内視鏡下鼻・副鼻腔手術であり、内視鏡を用いた低侵襲(身体への負担が少ない)の手術に取り組んでいます。
皮膚科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0072 皮膚悪性腫瘍切除術 単純切除 57 0.98 5.77 0.00 72.37
K0051 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部) 長径2センチメートル未満 34 0.09 1.15 0.00 49.03
K0062 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外) 長径3センチメートル以上6センチメートル未満 17 0.53 2.06 0.00 57.12
K0061 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外) 長径3センチメートル未満 15 0.13 1.13 0.00 45.67
K0052 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部) 長径2センチメートル以上4センチメートル未満 13 0.62 2.38 0.00 44.62
当科では、腫瘍性疾患(悪性腫瘍・良性腫瘍)に対する手術が多く、短期入院で行っております。
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8036ロ 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 その他のもの 130 1.71 6.57 0.77 73.41
K7811 経尿道的尿路結石除去術 レーザーによるもの 71 1.30 3.39 0.00 58.41
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 63 1.35 7.46 1.59 67.10
K843-4 腹腔鏡下前立腺悪性腫瘍手術(内視鏡手術用支援機器を用いるもの) 49 1.18 9.65 0.00 65.71
K802-21 膀胱脱手術 メッシュを使用するもの 35 1.17 2.14 0.00 74.86
腎臓・膀胱・前立腺・睾丸など多くの悪性腫瘍に対して低侵襲(身体への負担の少ない)療法である腹腔鏡下手術ができます。前立腺がん及び腎臓がんの一部に対してロボット支援腹腔鏡下手術(ダヴィンチ手術)を行っています。また、症例によっては単孔式腹腔鏡下手術も取り入れています。これら悪性腫瘍に対する手術以外にも骨盤臓器脱をはじめとする女性器領域に対する手術も多数行っています。
産科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8981 帝王切開術 緊急帝王切開 179 6.01 6.32 0.00 34.28
K8982 帝王切開術 選択帝王切開 156 8.29 6.02 0.00 35.60
K9091 流産手術 妊娠11週までの場合 44 0.02 0.09 0.00 35.89
K6153 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(その他) 13 0.31 4.92 7.69 35.54
K9122 子宮外妊娠手術 腹腔鏡によるもの 13 0.23 5.15 0.00 31.46
周産期医療では、正常妊娠からハイリスク妊娠すべてを扱い、総合周産期母子医療センターでは多摩地域の中核として1次、2次医療施設からの母体搬送症例を受け入れています。年齢の高い妊婦さん、糖尿病、高血圧症をはじめ様々な内科的疾患を有するハイリスク妊娠が増加しており、帝王切開を行う機会が多くなっています。
婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8882 子宮附属器腫瘍摘出術(両側) 腹腔鏡によるもの 89 1.35 4.92 1.12 39.30
K877 子宮全摘術 68 2.44 8.31 0.00 51.22
K867-4 子宮頸部異形成上皮レーザー照射治療 48 1.17 1.10 0.00 38.85
K872-2 腹腔鏡下子宮筋腫摘出(核出)術 46 1.20 5.09 0.00 37.65
K877-2 腹腔鏡下腟式子宮全摘術 45 1.38 5.02 0.00 49.58
当科では多数の婦人科腫瘍の治療・管理を行っています。低侵襲性治療(身体への負担が少ない)である腹腔鏡下手術は、技術認定医が在籍し、手術件数が増加しています。
循環器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5951 経皮的カテーテル心筋焼灼術 心房中隔穿刺又は心外膜アプローチを伴うもの 253 1.38 1.47 0.00 66.78
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 148 1.89 5.99 3.38 70.88
K5972 ペースメーカー移植術 経静脈電極の場合 69 5.35 6.07 5.80 79.00
K5952 経皮的カテーテル心筋焼灼術 その他のもの 66 2.15 1.55 0.00 54.00
K570-3 経皮的肺動脈形成術 41 2.59 8.12 0.00 68.63
循環器内科で行っている主な侵襲的治療です。頻脈性不整脈に対するカテーテルアブレーションは心房細動の他、発作性上室頻拍、心室性期外収縮、心室頻拍など多岐にわたります。徐脈性不整脈に対しては。経静脈リードを用いたペースメーカー植込みの他、リードレスペースメーカー植込みを行っています。その他、植込み型除細動器、両心室ペーシング付き除細動器植込みなども行っています。狭心症、心筋梗塞といった冠動脈疾患に対するカテーテル治療(ステント留置など)も多く施行しています。下肢動脈など冠動脈以外の動脈性病変に対するカテーテル治療も増加しています。また、当科の特徴として肺高血圧症に対するカテーテル治療が多い点があげられます。慢性血栓塞栓性肺高血圧症に対する経皮的肺動脈形成術は、全国に先駆けて導入し、良好な成績を収めています。
腎臓内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K610-3 内シャント又は外シャント設置術 25 15.16 22.76 24.00 69.56
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 長径2センチメートル未満 - - - - -
K607-3 上腕動脈表在化法 - - - - -
K6147 血管移植術、バイパス移植術 その他の動脈 - - - - -
K060-31 化膿性又は結核性関節炎掻爬術 肩、股、膝 - - - - -
腎臓内科では、血液透析に関与する手術を中心として行っており、維持血液透析を恒久的に継続するために内シャント設置術を行っています。また、内シャント設置が困難な患者さんや、内シャントの不具合をきたした患者さんの手術治療も行っています。
救急科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K386 気管切開術 33 5.30 15.24 45.45 72.00
K5091 気管支異物除去術(直達鏡) 15 0.07 14.53 33.33 76.87
K6151 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(止血術) 11 0.73 18.00 27.27 64.09
K545 開胸心臓マッサージ 10 0.00 0.00 0.00 45.40
K654 内視鏡的消化管止血術 - - - - -
救急医学の主な領域には、蘇生学、外傷学、侵襲学、中毒学、症候学、災害医学などが含まれ、その守備範囲がとても広いのも特徴です。
当科で施行している気管切開術は、肺炎や蘇生後脳症など内因性の傷病だけでなく頭部外傷後の意識障害など外因性の傷病が原因で呼吸管理を必要とする場合に行っていることが特徴であり、件数も多くなっています。診療科の特性から、外傷(交通事故や転倒・転落事故など)で搬送されてくる患者さんも多く、手術を必要とされる患者さんの中には、多発骨折や臓器損傷などが複合的に認められる重症例もありますが、ほとんどの患者さんは自宅退院や転院といった転帰となっています。
消化器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 96 7.45 12.53 6.25 76.53
K6871 内視鏡的乳頭切開術(乳頭括約筋切開のみ) 85 4.92 8.89 4.71 70.36
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 長径2センチメートル未満 75 2.91 4.68 1.33 71.11
K721-4 早期悪性腫瘍大腸粘膜下層剥離術 59 1.56 5.86 0.00 67.37
K6532 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術 早期悪性腫瘍粘膜下層剥離術 52 1.60 5.63 0.00 70.27
肝臓,胆道系,上下部消化管,膵臓と多く,疾患もcommon disease(一般的な病気)から悪性腫瘍,炎症性腸疾患などの難治性慢性炎症性疾患など多岐にわたります。当科の手術治療は、胆管結石に伴う胆管炎や胆道がん・膵がんに伴う閉塞性黄疸などに対する内視鏡的逆行性膵胆管造影検査(ERCP)を用いた胆道ドレナージ、採石、ステント留置などの内視鏡手術治療、大腸ポリープ、早期大腸がん、早期胃がんに対する内視鏡手術治療が多く、迅速かつ安全に行っています。
消化器・一般外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6335 ヘルニア手術 鼠径ヘルニア 89 1.72 2.79 0.00 69.26
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 66 2.08 4.58 1.52 57.42
K7181 虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴わないもの 45 0.16 5.76 0.00 41.07
K7193 結腸切除術 全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術 43 7.86 14.67 4.65 74.00
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 長径2センチメートル未満 32 1.13 3.13 0.00 69.44
大きく上部消化管(食道、胃など)、肝・胆道・膵、下部消化管(小腸、大腸、肛門など)、内視鏡外科(腹腔鏡下手術)、腹壁疾患 (ヘルニアなど)のグループに分かれて診療を行っています。手術は鼠径ヘルニア手術、腹腔鏡下胆嚢摘出術で上位が占められています。また、急性虫垂炎、消化管穿孔(胃・十二指腸潰瘍穿孔など)、腸閉塞症などの腹部救急疾患も積極的に受け入れています。また、食道や胃、大腸などの腫瘍(ポリープや良性腫瘍、悪性腫瘍)に対する内視鏡的切除、開腹切除、総胆管結石に対する除石治療も積極的に行っております。
脳卒中科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K1643 頭蓋内血腫除去術(開頭して行うもの) 脳内のもの 15 0.93 43.93 100.00 62.20
K178-4 経皮的脳血栓回収術 13 0.00 25.00 69.23 78.85
K6092 動脈血栓内膜摘出術 内頸動脈 - - - - -
K1492 減圧開頭術 その他の場合 - - - - -
K6101 動脈形成術、吻合術 頭蓋内動脈 - - - - -
t-PA治療、超急性期血行再建術は24時間365日対応可能です。現在、脳主幹動脈閉塞に対する血栓回収デバイス(ペナンブラシステム、Solitaire、Trevo)の使用を行っており、一刻も早い再開通を達成すべく「時短」に取り組んでいます。MRI/Aを用い、t-PA治療の適切な使用、また、機能予後を考慮した血行再建のタイミングを常に考え、各症例に応じたオーダーメイド治療を行っています。
乳腺外科・甲状腺外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K4763 乳腺悪性腫瘍手術 乳房切除術(腋窩部郭清を伴わないもの) 80 1.61 7.40 0.00 59.65
K4765 乳腺悪性腫瘍手術 乳房切除術(腋窩鎖骨下部郭清を伴うもの)・胸筋切除を併施しないもの 42 1.60 8.38 0.00 57.60
K4762 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わないもの) 34 1.56 3.12 0.00 59.59
K4632 甲状腺悪性腫瘍手術 全摘及び亜全摘 28 1.00 6.21 0.00 54.32
K4611 甲状腺部分切除術、甲状腺腫摘出術 片葉のみの場合 19 1.00 3.47 0.00 57.37
乳腺外科は、患者さんの病状に応じて適切な治療法を選択しています。乳がんに対し、0期からI期の乳がんは手術療法がまず選択されます。II期の乳がんはがんの性質に応じて手術あるいは薬物療法が最初に選択されます。III期の乳がんはまず薬物療法を行い、その後に手術療法や放射線療法を行います。また、手術療法では形成外科とのチーム医療によって積極的に乳房再建を行っています。
甲状腺外科では、がんの診断もしくは90%以上がんを疑う患者さんに手術療法を行います。濾胞性腫瘍に対しては、状況により手術療法を選択し治療を行っています。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる - -
180010 敗血症 同一 45 0.19
異なる 52 0.22
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 130 0.54
異なる 11 0.05
DPCの傷病名と入院契機となった傷病名が「同一」か「異なる」に分類して集計した結果です。臨床上、0件になることは難しいですが、重篤な疾患である上記4疾患について症例数と発症率も示しています。
更新履歴