本文へスキップ

治療方針policy

特色

 アトピー性皮膚炎、奪麻疹、薬疹、乾癬などの免疫・アレルギー性疾患の診療には特に力を入れており、画一的ではなくそれぞれの症例に対応したきめ細かい治療を選択しています。難治性脱毛症に関しては皮膚生検の上、組織学的に診断を確定してから治療を選択しています。円形脱毛症に対しては病状に応じてステロイド外用、局所注射、内服療法を行っています。特に急速進行型の円形脱毛症に対して入院の上、点滴静注ステロイドパルス療法などを施行しています。乾癬に対しては、症例に応じてナローバンドUVB療法や生物学製剤などの最新治療も選択していますが、適切に外用ができていない場合は、外用指導を優先して行うこともあります。また、発汗と皮膚疾患の関連にも注目して検査を行っており、角質水分量や発汗量を測定し、アトピー性皮膚炎などの治療に役立てています。重症薬疹の治療には定評があり、遠方から患者さんを御紹介いただくこともあります。悪性腫瘍に対しても手術、化学療法に加えて、免疫療法、放射線療法などを積極的に取り入れています。有効な治療法の確立されていない難治性疾患に対しても積極的に新しい治療法の開発に努めると同時に治療法の安全性の確立にも最大限の注意を払っています。


特殊外来

毛髪外来

全国から難治性脱毛症の患者さんが紹介受診します。ステロイド局注療法や内服治療、局所免疫療法などを行っています。急速進行型の円形脱毛症の患者さんには入院の上、ステロイドパルス療法を選択することもあります。

アレルギー外来

接触皮膚炎、薬疹を始めとするアレルギー性疾患の原因を明らかにするためにパッチテスト、プリックテスト、光線過敏テスト、リンパ球培養検査などを行っています。

乾癬・発汗外来

乾癬以外にも白斑、リンパ腫などに対して光化学療法を主として行っています。また近年様々な皮膚疾患と発汗の関連が注目されており、アトピー性皮膚炎やサルコイドーシスなどの症例に対して角質水分量や発汗量の測定を行い、治療に役立てています。  

レーザー外来

母斑、血管腫、様々な原因による色素沈着などに対してレーザー治療を行い、保険外治療にも一部対応しています。 

皮膚腫瘍外来

皮膚の腫瘍には様々な種類があり、メラノーマ、有棘細胞癌、基底細胞癌、乳房外パジェット病、ボーエン病、日光角化症、血管肉腫などの診療を行っています。初診の患者様だけでなく、手術後や化学療法後の経過観察も皮膚腫瘍外来で行っています。 


Department of Dermatology Kyorin University School of Medicine杏林大学医学部皮膚科学教室

〒181-8611
東京都三鷹市新川6-20-2
TEL 0422-47-5511(代表)
FAX 0422-47-9632