>> レジデント向けの情報 > 後期臨床研修プログラム

後期臨床研修1年目のプログラム

初期研修終了後入局となり、初年次は原則杏林大学高齢診療科で研修を行います。また各内科及び救急総合診療科をローテートします。
以下で詳細な研修内容について紹介していきます。PDF版の高齢医学教室専門研修プログラムについては総合研修センターのページからダウンロードすることもできます・

A.診療チームと指導体制

後期研修中は原則病棟の診療チームに所属して診療を行います。診療チームは学内講師、非常勤臨床助教、専攻医の最低でも3名からなり、充分な指導体制となっています。また高齢診療科全体で3〜4のチームがあり病棟診療を分担しています。指導スタッフについては「医療関係者向けの情報−スタッフ紹介」をご覧ください。

B.業務内容

杏林大学医学部付属病院での業務は、病棟、外来、当直からなります。また週に1日〜2日は地域の医療施設での勤務も行います。

病棟業務
チームに所属する患者さんの採血検査、診察、カルテへの記載、指示を行います。
診療行為は自らの責任で行いますが、必要に応じて必ず上級医へ相談します。
患者さん及びご家族の方への病状説明は必ず上級医と同席して行います。
毎日業務終了前に各チームがショートカンファレンスを行い、チーム内での診療状況の確認と情報の共有を行っています
外来業務
予約外外来ともの忘れセンターの初診外来を担当します。
判断に困る場合は必ず上級医へ相談します。
当直業務
高齢診療科の上級医と二人で病棟当直を行います。
救急総合診療科から相談を受け適宜入院業務を行います。
外勤業務
高齢診療科と提携した医療施設で勤務を行います。
多くは規定の曜日に行いますが、週末に遠方の施設で勤務となる事もあります。

C.行事

教授回診
内容:入院中の症例についてプレゼンテーションを行い診療方針などを議論します。
時刻:毎週木曜日午後2時
場所:もの忘れセンターカンファレンスルームもしくは3-8病棟等
プレゼンテーション風景教授回診風景
認知症画像診断カンファレンス
内容:もの忘れセンター初診患者について、臨床経過と画像検査結果から臨床診断と治療方針を議論します。
時刻:毎週月曜日もしくは火曜日夕方
場所:もの忘れセンターカンファレンスルーム
認知症診断カンファレンス風景
各種説明会
内容:臨床的に有用と考えられる新しい医療機器や薬剤について、関連企業の協力を得て説明会を行っています。
時刻:毎週木曜日夕方
場所:3-8病棟カンファレンスルーム
説明会風景
抄読会
内容:臨床的にインパクトのある文献を持ちまわりで読みます。
時刻:毎週木曜日夕方
場所:高齢診療科医局
抄読会風景
履歴:2012年の文献一覧, 2013年の文献一覧, 2014年の文献一覧, 2015年の文献一覧
開催日時題名文献名
2016.1.28HbA1c overtesting and overtreatment among US adults with controlled type 2 diabetes, 2001-13: observational population based studyBMJ. 2015 Dec 8;351:h6138.
2016.2.4Effect of Lifestyle-Focused Text Messaging on Risk Factor Modification in Patients With Coronary Heart Disease A Randomized Clinical TrialJAMA. 2015 Sep 22-29;314(12):1255-63.
2016.2.25Management of Hepatic Encephalopathy in the HospitalMayo Clin Proc. 2014 Feb;89(2):241-53
2016.3.10Novel Bedside Phonetic Evaluation to Identify Dysphagia and Aspiration RiskChest. 2016 Mar;149(3):649-59
2016.3.31Clinical Features and Outcomes of Takotsubo (Stress) CardiomyopathyN Engl J Med. 2015 Sep 3;373(10):929-38.
2016.4.7Continuous Proton Pump Inhibitor Therapy and the Associated Risk of Recurrent Clostridium difficile InfectionJAMA Intern Med. 2015 May;175(5):784-91
2016.5.12One-Year Risk of Stroke after Transient Ischemic Attack or Minor StrokeN Engl J Med. 2016 Apr 21;374(16):1533-42.
2016.6.16Practice Patterns and Outcomes of Treatments for Atrial Fibrillation During Sepsis A Propensity-Matched Cohort StudyChest. 2016 Jan;149(1):74-83.
2016.6.30Intensive vs Standard Blood Pressure Control and Cardiovascular Disease Outcomes in Adults Aged ≥75 Years A Randomized Clinical TrialJAMA. 2016 Jun 28;315(24):2673-82.
2016.7.14Treatment With Multiple Blood Pressure Medications, Achieved Blood Pressure, and Mortality in Older Nursing Home Residents The PARTAGE StudyJAMA Intern Med. 2015 Jun;175(6):989-95.
2016.7.28Efficacy, safety, and tolerability of augmentation pharmacotherapy with aripiprazole for treatment-resistant depression in late life: a randomised, double-blind, placebo-controlled trial.Lancet. 2015 Dec 12;386(10011):2404-12
2016.8.4Permissive Underfeeding or Standard Enteral Feeding in Critically Ill Adults.N Engl J Med. 2015 Jun 18;372(25):2398-408.
2016.8.25Effect of vitamin E and memantine on functional decline in Alzheimer disease: the TEAM-AD VA cooperative randomized trial.JAMA. 2014 Jan 1;311(1):33-44.
2016.9.1Global and regional effects of potentially modifiable risk factors associated with acute stroke in 32 countries (INTERSTROKE): a case-control study.Lancet. 2016 Aug 20;388(10046):761-75
その他
学会発表予演会、薬剤説明会、忘年会、チーム食事会、医局旅行等

D.入院患者病歴について

新規患者が入院した際は、電子カルテで入院サマリーを作成し、A4版1枚に印刷して毎週木曜日の教授回診でプレゼンテーションを行います。

入院患者が退院した際は、退院後2週間以内に電子カルテで退院サマリーを作成します。別に運用している入院患者データベースを用いて、退院サマリーをデータファイルとして抽出し、各専門医習得に必要な病歴として使用することができます。

後期臨床研修2年目のプログラム

杏林大学医学部付属病院で1年間の研修を終えた後、2年目以降は外部の臨床研修指定病院や特定機能病院で研修を行います。期間は基本的に1年間〜2年間ですが各医局員の事情に合わせて柔軟に検討し、研修先の医療機関と科についても充分な相談の上決定します。また当院もの忘れセンターでの研修を行うこともできます。外部研修実績を見ていただければ分かる通り、内科系のみならずリハビリテーション科や精神科など幅広い研修先を選択できますので、その後のキャリア形成も含めお気軽にご相談ください。

外部研修実績(平成14年〜27年)
研修病院出向人数出向科
国立循環器病センター1動脈硬化代謝内科
東京都健康長寿医療センター病院
(旧東京都老人医療センター)
10神経内科,循環器内科,消化器内科
呼吸器内科,内分泌代謝内科,感染症科
総合診療科,検査部
東京警察病院4循環器内科,消化器内科
関東中央病院1内分泌代謝内科,呼吸器内科
多摩北部医療センター
(旧東京都多摩老人医療センター)
1神経内科
西東京警察病院1内分泌代謝内科
自治医科大学附属さいたま医療センター3呼吸器内科,循環器内科
東京大学医学部附属病院1老年病科
太田西之内病院2総合診療科
国立国際医療センター戸山病院1リハビリテーション科
社会保険紀南病院1循環器内科
東京病院2呼吸器内科
東京都立松沢病院1精神科
公立昭和病院1消化器内科
三楽病院1消化器内科
河北総合病院1腎臓科