>> レジデント向けの情報 > 研修後の進路

大学院

2年間の初期臨床研修終了後に大学院に入学することができます。当科大学院に入学した場合、最低1年間は後期臨床研修と同等の研修を行いながら研究のテーマを相談していきます。3年目以降からは病棟チームを離れ、研究に専念することになります。
大学院では興味のある領域を自ら選択し、それに応じて具体的テーマを教授や指導スタッフと話し合って決定します。当科では基礎研究も行っておりテーマも選択範囲はかなり広汎です。またテーマに応じて他の研究施設に出向する事もできます。

詳細は杏林大学:大学院医学研究科:内科系専攻高齢医学分野のページをご参照ください。

認定内科医と各専門医取得

当科では、後期臨床研修中に日本内科学会の「認定内科医」取得を積極的に支援します。
認定内科医取得に必要な症例は、当科入院患者についてはデータベース化された入院病歴から作成することができ、各症例につき上級医が指導を行います

認定内科医を取得後は、日本老年医学会の「老年病専門医」の取得を目標とします。
そのため後期臨床研修後も当院を含む日本老年医学会認定施設に勤務し、研修を継続します。更にその後引き続き5年勤務を継続することで「老年病指導医」取得の資格も得ることができます。

また当科のもの忘れセンターでは、東京都が指定する認知症疾患医療センターとして認知症の診療を行っており、ここでの勤務を経て日本認知症学会の「認知症専門医」を取得することもできます。その他の各専門領域の専門医取得にむけての支援も行っており、取得に必要な症例の経験のため外部の病院への勤務なども支援しています。

在籍認定医・専門医・指導医数
(平成29年4月1日現在)
資格人数
日本内科学会 認定内科医24名
日本内科学会 総合内科専門医2名
日本内科学会 指導医5名
日本老年医学会 老年病専門医18名
日本老年医学会 指導医8名
日本認知症学会 認知症専門医11名
日本認知症学会 指導医6名
日本循環器学会 循環器専門医3名
日本未病システム学会 未病医学認定医2名
日本プライマリ・ケア連合学会 プライマリケア認定医2名
日本結核病学会 結核・抗酸菌症認定医1名
日本消化器病学会 専門医1名
日本消化器内視鏡学会 専門医1名
日本神経学会 専門医1名
日本神経学会 指導医1名
日本動脈硬化学会 動脈硬化専門医1名
日本麻酔科学会 麻酔科専門医1名
精神保健指定医1名

後期臨床研修後の進路

杏林大学医学部附属病院に継続して勤務する際は、「医員」または「専攻医」となります。また外勤は引き続き行い、収入等に格差が無いように配慮します。
臓器別の専門的知識や手技の研修のため、後期臨床研修時の外部研修病院を中心に、各自の興味ある施設への1〜2年間の派遣を予定しています。

病院の女医復帰支援制度を活用し、出産や子育てなどのライフイベントを考慮した勤務・研究スタイルを相談できます。
ご自身が診療所や病院を継承・開業される場合は、その診療機関との連携についても検討することができます

大学院及びスタッフとなり学位を取得する前後に、国内外への留学を選択する事もできます。

関連施設一覧