病院・診療科についてクリスマス会で小児病棟の子ども達がサンタさんと交流

作成日時:2019年12月6日

 12月6日(金)に小児病棟で恒例のクリスマス会が行われ、子ども達がサンタクロースと交流しました。サンタクロースの慰問活動は、認定特定非営利活動法人「難病のこども支援全国ネットワーク」の協力で実施しています。
 当日は、病棟保育士や看護師、入院中の子ども達と保護者の皆さんが小児病棟プレイルームに集まり、楽曲“はじまるよ”のクリスマスバージョンや「あわてんぼうのサンタクロース」をリズムに合わせて合唱しました。紙芝居の後に、サンタクロースとトナカイ、ツリーの星の妖精が登場すると子ども達は興味津々の様子で、「サンタさんは何歳?」「煙突がない家にはどうやって入るの?」などの質問をしました。その後、サンタクロースからハンドタオルなどのプレゼントを手渡しされると、嬉しそうに記念撮影をしたり、笑顔でハイタッチをする姿も見られました。
 その後、サンタクロース一行は、プレイルームまで来られない子ども達の病室を廻りプレゼントを手渡したり、新生児治療回復室(GCU)や集中治療室(CICU)を訪ね、快復を願って笑顔を届けました。
 
 
 
訪問いただきありがとうございました。