新型コロナウイルス感染拡大に係る顎口腔外科での対応について

作成日時:2020年4月15日

各医療機関の先生方へ

 平素より顎口腔外科診療に関しては、ご協力を賜り、どうもありがとうございます。
 さて、このたびの新型コロナウイルス感染症に関しては、当科での診療で頻用するハンドピース、タービンを使用する処置がエアロゾルを発生させることから、歯科治療の周辺は感染暴露のハイリスクであることが報告されています。従って、当科の診療には慎重を要する状況となっております。
 これらの状況を鑑み、当科として下記のように、当面の間、診療に制限をかけさせていただくことといたしましたのでご報告いたします。



1.外来診療
・外来診療では切削器具を使用しない抜歯(喉頭展開時に脱落する可能性がある動揺歯の抜歯)と診察のみの対応とする
・外来スペースでの、並列での処置は行わない
・新規の待機的な観血的処置は数ヶ月先まで予定しない

2.周術期センター業務
・エアロゾルを発生する処置は行わない:具体的には、口腔内のスクリーニング、歯形採取のみとする
・病棟往診による感染のリスクを下げるため、術後問題なく経口摂取が再開されている症例は訪室しない

 今後も引き続き、柔軟な対応を求められる可能性が極めて高い状況にあります。先生方にはご迷惑をおかけいたしますが、ご理解・ご協力を賜りたく、何卒よろしくお願いいたします。

以 上

顎口腔外科     
診療科長 齋籐康一郎
  講師 池田哲也