院内ギャラリーで写真展「アジア・アメリカを行く」を開催

作成日時:2021年1月13日

 第2病棟1階のギャラリー・アートスペースでは、1月13日(水)から「アジア・アメリカを行く」と題した、旅の写真展を開催しています。
 撮影者の工藤玄希さんは、学生時代に報道カメラマンを志してアメリカやアジア各国を旅し、市井の人々や風景を撮影していました。卒業後は、番組制作会社に勤務していましたが、急性疾患となり当院で治療を行っていました。2017年にお亡くなりになった後、お母様をはじめご遺族の意向により、今回の作品展を開催することになりました。
 お母様の悦子さんは、「現在コロナ禍で不自由な状況ですが、旅の写真を通して、またいつか自由に海外へ旅ができる日が戻る日まで、夢を膨らませていただけたらと思います」と話しています。
 アメリカやインドネシアで出会った人々や風景を収めた写真40点は、2月12日(金)まで展示されています。(日・祝日休み)