がんセンター緩和ケアチーム

緩和ケア診療について

がんと診断された時から治療中、治療終了後、どの時期においても当院入院中、通院中の患者さんとご家族を主に対象として、医師(麻酔科、整形外科、放射線治療科、精神神経科)とがんに関連した専門看護師、認定看護師、薬剤師、栄養士、がん相談員などの多職種からなる緩和ケアチームが、様々なつらさへの対処を主治医と連携しながら行っています。
緩和ケアでは、主に(1)身体的なつらさ(痛み、吐き気、息苦しさ、不眠など)(2)精神・心理的な問題(不安・不眠・抑うつ・せん妄など)への対処を行っており、療養の場の選択については、当院の患者支援センターと協働しながら療養の場所の選択について決定の支援や調整を行っています。
緩和ケアチームによる診療をご希望の場合には担当医または看護師へご相談ください。

理念

あたたかい心のかよう、満足度の高い緩和ケアを患者さんとご家族に提供します

目標

院内における目標

  • 介入患者数の増加を図ります
  • 疼痛及びその他の身体症状・精神症状の緩和に努めます
  • 退院後も緩和ケアを継続して行います
  • 医療チームメンバーの緩和ケアにおける知識と理解を深めます
  • 転退院をスムーズに実施できるように努めます

地域医療における目標

  • 地域連携の強化を図ります
  • 地域連携パスの作成・運用に参画します
  • 地域での緩和ケアの質の向上に寄与します

入院での緩和ケア診療

各診療科の医師から依頼を受けた後、平日に緩和ケアチームメンバーが病室に伺います。痛みや吐き気などのつらさや抑うつ気分、不安などの心のつらさの対処方法を担当医や病棟看護師と協働しながら検討します。

外来での緩和ケア診療

当院通院中の患者さんとご家族を主な対象として、身体症状や、気持ちのつらさへの対処方法を一緒に検討していきます。他院通院治療中の方も、外来通院のご負担と安全を考慮し多摩地区など近隣在住の方をお受けしていますが、当院には緩和ケア病棟はありませんので、入院の対応は治療を行っている病院でお願い致します。
当外来は完全予約制です。初回受診にあたってはかかりつけ医にて診療予約をおとり頂き、紹介状をご持参の上受診をお願い致します。

患者さん、ご家族からの直接予約、予約外診療はお受けできませんのでご了承ください。

在宅療養中で症状コントロールにお困りの方

入院ベッドはありませんので、入院での症状コントロールを希望される場合には主疾患の診療科にご紹介の上、入院についてご相談ください。入院後主治医からの依頼が入り次第緩和ケアチームが診療します。

神経ブロックについて

疼痛緩和のための神経ブロックについては現在当院では施行していません。神経ブロックをご希望される場合には、施行可能な施設について情報提供しています。

診療加算について

当院では厚生労働省の定める正式な緩和ケアチームとしての要件を満たして活動するため、診療開始から中止または退院まで、緩和ケアチーム診療には緩和ケア診療加算が加算されます、外来の場合には外来緩和ケア加算が月1回加算されます。

外来診療日

更新日時2022年10月1日

 
10:30~11:30 鎮西 美栄子 鎮西 美栄子 /      /     
11:30~12:30 鎮西 美栄子 鎮西 美栄子 /      /     
※完全予約制です

外来棟4階 受付1番
フロアガイドを確認する

研究・教育について

当院は研究・教育機関であり当チームの診療の内容については個人名が特定されることのないよう配慮したうえで学会・論文等へ使用されることがあります。 希望されない場合はお申し出ください。なお、このお申し出によって、個人に不利益が生じないことをお約束いたします。