電話0422-47-5511

  1. トップページ
  2. 診療科・部門紹介
  3. がんセンター
  4. 緩和ケアチーム

緩和ケアチーム

当院では、専門のスタッフによる緩和ケア診療を行っています。
※当院には緩和ケア病棟はありません。

杏林大学医学部付属病院がんセンター緩和ケアチーム理念と目標
理念 あたたかい心のかよう、満足度の高い緩和ケアを患者さんとご家族に提供します
院内での目標
  • 介入患者数の増加を図ります
  • 疼痛及びその他の身体症状・精神症状の緩和に努めます
  • 退院後も緩和ケアを継続して行います
  • 医療チームメンバーの緩和ケアにおける知識と理解を深めます
  • 転退院をスムーズに実施できるように努めます
地域医療における目標
  • 地域連携の強化を図ります
  • 地域連携パスの作成・運用に参画します
  • 地域での緩和ケアの質の向上に寄与します

緩和ケアとは?

がんなどの悪性の病気によっておこる痛みやつらい症状を和らげたり、不安や悩みを軽くして、より快適に過ごしていただくようにケアをすることです。病気の診断を受けた時から、治療と一緒に行うものです。

当院の緩和ケアチームの対象となる方

がんなどの悪性の病気で当院に通院または入院中の患者様とそのご家族です。

緩和ケアチームによる診療を受けるには?

各診療科の医師から依頼を受けた方への診療を行っています。
ご希望の際は担当医または看護師へご相談下さい。
緩和ケアチームの診療は、保険診療加算の対象となっています。

緩和ケアチームによる診療方法

<入院中の方>
各診療科の医師から連絡を受けた後、平日に緩和ケアチームメンバーが病室に伺います。患者様やご家族のお話を聞き、痛み・息苦しさ・吐き気などの苦痛や、うつ気分・不安のような心の苦痛を和らげる方法などを、担当医・病棟看護師と検討します。

<通院中の方>
通院中の方は緩和ケア外来で診療いたします。

外来診療日

更新日時2017年10月27日

 
10:30~11:30 /      /     
11:30~12:30 /      /     
※完全予約制です

フロアガイド

外来棟4階 受付1番
  フロアガイドを確認する

緩和ケアチームの診療を受ける方へ

当院は研究・教育機関であり当チームの診療の内容については個人名が特定されることの無いよう配慮したうえで学会・論文等へ使用されることがあります。 希望されない場合はお申し出ください。なお、このお申し出によって、個人に不利益が生じないことをお約束いたします。

内科
外科
内科・外科以外の診療科
中央診療部門(センター・室)
支援部門(部・室)
患者支援センターのご案内
人間ドックのご案内