がんセンター概要・特色

診療科長からみなさまへ 診療科長からみなさまへ

センター長/教授 古瀬 純司 センター長/教授
古瀬 純司

垣根を越えた体制で高度ながん診療を

2008年2月、杏林大学医学部付属病院が「がん診療連携拠点病院」の指定を受けたことを契機に、それまでの「腫瘍センター」を改編発展させて、「がんセンター」を設置しました。がんセンターは、がん相談支援センター、外来治療センター、化学療法病棟、3-3病棟、緩和ケアチーム、レジメン評価委員会、がん登録室、キャンサーボード、がん患者等心理社会的支援チーム、遺伝性腫瘍外来、がんゲノム医療推進室から構成され、がんを扱う診療科と多くの部署が診療科の垣根を越えた協力体制をとっています。

当診療科の特色

近年、がん診療の分野は腫瘍学(oncology)として目覚しい進歩がみられており、臓器や治療手段にとらわれず診療科の枠を超えた包括的ながん治療の実践が重要な時代となっています。

2008年2月がん診療連携拠点病院に認定。

2008年4月にがんセンターを開設。

2018年4月にがんゲノム医療連携病院に認定。

杏林大学病院がんセンターは腫瘍を取り扱う全ての診療科、薬剤部、看護部、緩和ケアチーム、がん相談支援、院内がん登録室などから組織され、最新かつ最適ながん治療の提供及び適切な緩和ケアの実施を目標としています。

診療科としては、腫瘍内科、上部消化管外科、下部消化管外科、消化器内科、呼吸器外科、呼吸器内科、整形外科、泌尿器科、乳腺外科、婦人科、血液内科、耳鼻咽喉科、脳神経外科、形成外科、放射線診断部・治療部、皮膚科などが、カンファレンスを通じて情報の共有や各診療科の協力、検討を得てより良い治療の提供を行っています。

外来治療センター、化学療法病棟はがん薬物療法を専門に行うところとして、専門医、専門薬剤師、専門看護師を含めたスタッフが協力し、安心して化学療法を受けていただいています。

各種ご案内

取り扱っている主な疾患

がん・悪性腫瘍全般

診療体制

手術、放射線療法、化学療法、緩和治療などがん治療に関わる診療について、診療科の枠組みを超えた包括的がん治療を提供します。

また、科学的根拠に基づく治療、安心して受けられる治療を行うため、常に最新のがん診療の情報を検討し治療方針を見直します。

地域での安心したがん治療の推進を図るため、地域医療連携と共に地域の病院や診療所との連携を行います。

難治がんにおける治療については臨床試験を積極的に推進します。

がんと診断されてから必要に応じた緩和ケアの実施を行います。

フロアガイド

がんゲノム医療

杏林大学医学部付属病院は、2018年4月1日に厚生労働省よりがんゲノム医療連携病院の指定を受けました。

当院は、国立がん研究センター東病院と連携して、がんゲノム医療の提供を行います。標準治療を終えた患者さんのがん細胞遺伝子を解析することにより、遺伝子異常を対象とした新たな薬剤が開発されてきます。ひとりひとりの患者さんの遺伝子異常に合わせた最適な治療薬を選ぶ「プレシジョン・メディシン」(高精度医療)が話題になっており、当院でも実施しております。

次世代シーケンサーという最新の遺伝子検査器具を使うことで、一度にたくさんの遺伝子を解析し、病変の細胞の遺伝子変異を調べることで、その遺伝子異常を対象とした治療を受けることができる可能性があります。

PDCAサイクル

当院では、地域がん診療連携拠点病院の整備において、PDCAサイクル(計画(Plan)➡実行(Do)➡評価(Check)➡改善(Act))の構築を行い、がん診療の質の向上のため、がん患者がその居住する地域に関わらず、等しく質の高いがん診療を受けられるよう取り組んでおります。