電話0422-47-5511

  1. トップページ
  2. 診療科・部門紹介
  3. 心臓血管外科

心臓血管外科

先進医療への取り組み

1.ステントグラフト:胸部または腹部大動脈瘤を有し、通常の人工血管置換術の侵襲が過大となる場合または瘤の位置がステントグラフト挿入に適している場合は本方法を行っております。

2.人工心肺使用心拍動下冠動脈バイパス術:大多数の症例において、人工心肺を用いた心拍動下バイパス術を行っております。従来の方法と成績は変わらず良好で、より安全な手術を行っております。

3.異種生体組織を用いた感染性大動脈瘤の治療:ウシ心膜を用いて代用血管を作成し、感染性大動脈瘤に対して低侵襲な治療を行っています。人工物を用いないため感染再発を起こさずに良好な経過を得ています。

4.心房細動の外科的治療(肺静脈隔離術):薬物の抵抗性の心房細動に対し、手術時に外膜側より冷凍凝固法により整脈に戻し、心不全、血栓症の治療、予防を行っております。

5.人工血管による血液透析用シャント:自己の動静脈による内シャント作製が不可能になった場合、上腕に人工血管によるシャント作製術を行っております。

6.下肢静脈瘤に対するレーザー治療:下肢静脈瘤に対して症例に応じてレーザー治療を行い、低侵襲化、入院日数の短縮に努めております。

内科
外科
内科・外科以外の診療科
中央診療部門(センター・室)
支援部門(部・室)
患者支援センターのご案内
人間ドックのご案内