電話0422-47-5511

  1. トップページ
  2. 診療科・部門紹介
  3. 下部消化管外科

下部消化管外科

概要・特色

診療科概要

 下部消化管外科では、小腸・大腸・肛門疾患全般に関する専門的診療を行っております。
  結腸がん、直腸がんを中心とする大腸悪性疾患、クローン病、潰瘍性大腸炎などの炎症性腸疾患、そして痔核、痔瘻、直腸脱等の肛門疾患などに加え、急性虫垂炎、消化管穿孔、腸閉塞症などの腹部救急疾患も積極的に受け入れております。
  大腸がんの治療では、特に排尿機能・性機能・自然肛門温存を目的とする機能温存手術、患者さんに優しい低侵襲手術(腹腔鏡下手術)を積極的に行っております。
 また治療成績の向上のため、腫瘍内科、放射線科等と連携し集学的治療を行っております。高齢者や合併症を有する患者さんも各科専門家と連携し最適な治療方針を模索します。

研究実施に関するお知らせ
↑暫定的に元ページのリンクです。

取り扱っている主な疾患

腫瘍:小腸腫瘍、大腸癌、大腸腺腫
良性・炎症性疾患:潰瘍性大腸炎、クローン病、痔核、痔瘻、直腸脱、肛門周囲膿瘍、腸閉塞、急性腹症(虫垂炎、消化管穿孔など)

理念

下部消化管疾患の診断・治療、腹腔鏡手術、腹部救急疾患に対する緊急手術、内視鏡治療

基本方針

  1. 悪性腫瘍に関しては、根治性を損なうことなく、機能温存、低侵襲をはじめとするQOLに配慮した医療を安全に提供する。
  2. 手術的治療だけではなく各専門家との密接な連携に基づく集学的治療を考慮し、個々の患者にとって最適な治療を行う。
  3. 患者さんの状況に配慮し、あきらめない医療を常に考える。

目標

下部消化管外科領域において専門家として最高水準の診療を行う。

特色

下部消化管疾患の診断・治療、腹腔鏡手術、腹部救急疾患に対する緊急手術、内視鏡治療


内科
外科
内科・外科以外の診療科
中央診療部門(センター・室)
支援部門(部・室)
患者支援センターのご案内
人間ドックのご案内