大学ホーム医学部教室紹介消化器・一般外科学教室

消化器・一般外科学教室

教室専任教員

教授 阿部 展次 正木 忠彦 阪本 良弘
  須並 英二 森 俊幸
准教授 鈴木 裕
助教 竹内 弘久 吉敷 智和 小嶋 幸一郎
  長尾 玄 橋本 佳和 小暮 正晴
  松木 亮太 鶴見 賢直 大木 亜津子
  中里 徹矢 中村 康弘

教室概要

診療

上部消化管、肝・胆道・膵、下部消化管の診療科に分かれ、診療を行っています。それぞれの診療科の対象疾患の多くは癌ですが、胆石症、ヘルニア、逆流性食道炎、食道アカラジア、膵炎、先天性胆道拡張症、潰瘍性大腸炎、クローン病、痔核などの良性疾患も多く扱っています。腹腔鏡下手術、救急疾患に対する緊急手術を含め、手術症例数はここ数年、年間900例前後を推移しています。また、食道や胃、大腸などの腫瘍(ポリープや早期癌)に対する内視鏡的切除や、総胆管結石に対する除石治療などの内視鏡治療も積極的に行っております。日本消化器内視鏡学会専門医・指導医および日本内視鏡外科学会技術認定医を複数擁し、質の高い医療を提供しております。肝胆膵の手術症例も多く、日本肝胆膵外科学会高度技能医修練施設(A)の認定を受けています。

研究

癌に関する基礎研究、肝内結石症に関する基礎研究、画像診断や腹腔鏡下手術、内視鏡的治療に関する臨床研究、新しい低侵襲手術に関する臨床研究など、研究面においてもアクテイブに活動しています。それらの成果は数多くの学会発表、邦文・英文報告によって国内のみならず世界に向けて発信しています。

教育

学生に対しては、消化器外科領域の疾患に関して幅広い知識を習得できるよう、講義やベッドサイドラーニングに力を入れています。また、研修医に対する教育も重視しており、知識だけでなく実践的な手技の習得を目指し、腹腔鏡下手術のシミュレーターを用いた手術トレーニング、動物を用いた開腹・腹腔鏡下手術トレーニングなどを定期的に行っております。

研究グループおよび研究課題

1. 上部消化管外科

主な研究内容
  • ・食道表在癌・早期胃癌内視鏡的治療の臨床的検討
  • ・早期胃癌に対する全胃温存腹腔鏡下リンパ節郭清術に関する臨床研究
  • ・胃癌に対する腹腔鏡下胃切除術およびロボット支援下腹腔鏡下手術に関する臨床研究
  • ・胃・十二指腸粘膜下腫瘍に対する内視鏡的胃全層切除術に関する臨床研究
  • ・胃液内癌細胞に関する基礎的研究
  • ・胃癌、十二指腸癌、消化管間質腫瘍の腹膜播種に関する基礎的研究
  • ・十二指腸腫瘍に対する新しい低侵襲手術の開発
  • ・十二指腸上皮性腫瘍における分子生物学的研究
  • ・上部消化管悪性狭窄に対する内視鏡的ステント療法に関する臨床研究
  • ・早期癌における未分化型癌混在率の病理学的定量測定法の確立
  • ・内視鏡治療器具の開発
  • ・胃食道逆流症、逆流性食道炎に対する腹腔鏡下手術に関する臨床研究

2. 肝胆膵外科

主な研究内容
  • ・膵切除に関する新規術式の開発
  • ・肝切除法に関する臨床的検討
  • ・膵空腸吻合に関する臨床研究
  • ・膵手術後再建法に関する臨床的検討
  • ・膵手術後の合併症対策における臨床研究
  • ・膵管内乳頭粘液性腫瘍手術後における長期成績に関する検討
  • ・膵管内乳頭粘液性腫瘍における癌関連分子の免疫組織化学的検討
  • ・内視鏡的乳頭括約筋切開術に関する臨床的検討
  • ・膵管内乳頭腫瘍、粘液性嚢胞腫瘍における全国調査の分析
  • ・膵管内乳頭腫瘍、粘液性嚢胞腫瘍における悪性度評価
  • ・膵切離法に関する臨床的検討
  • ・膵、胆道癌における癌関連分子の分子生物学的検討
  • ・肝胆膵外科手術後の合併症と内視鏡的治療に関する臨床的検討
  • ・腹腔鏡下尾側膵切除術に関する臨床研究
  • ・急性膵炎の重症化や合併症発生に関する臨床研究
  • ・膵腫瘍におけるエピジェネティクス蓄積異常の解析
  • ・胆道癌におけるシグナル伝達系および細胞周期関連分子の解析
  • ・肝内結石症における全国疫学調査の解析
  • ・肝内胆管癌偽陽性症例の調査研究
  • ・膵石症の全国調査
  • ・膵Solid peudopapillary neoplasmにおける分子生物学的研究
  • ・膵頭部領域のリンパ流の同定超高解像度腹腔鏡の開発
  • ・超高解像度腹腔鏡の開発

3. 下部消化管外科

主な研究内容
  • ・癌浸潤と接着因子の関連の基礎的検討
  • ・癌先進部診断とリンパ節転移:縮小手術の適応拡大に関する臨床研究
  • ・下部直腸癌における自律神経温存手術と術中照射のランダム化臨床治験
  • ・直腸癌術後排便機能障害の評価:至適評価基準の検討
  • ・画像診断による術前病期診断(MDCT・MRI・EUS・PET-CT)
  • ・大腸癌術後補助化学療法(TS-1 vs.ゼロ―ダ):ランダム化臨床治験
  • ・進行再発大腸癌における化学療法(第一・第二相臨床治験)
  • ・クローン病難治性瘻孔における抗TNFα抗体療法
  • ・肛門周囲膿瘍・痔瘻画像診断
  • ・便失禁・肛門括約筋不全に対するバイオフィードバック療法・外科治療
  • ・排便障害に対する直腸肛門機能検査
  • ・腸閉塞症例における画像診断
  • ・Surgical site infectionに関する危険因子の解明/オルニチンと関連因子の検討
  • ・切除不能進行結腸癌症例における腹腔鏡手術の有用性の検討(JCOG研究)
  • ・低位前方切除術における一時的人工肛門造設に関する多施設研究
  • ・新肛門に対する臨床・生理・解剖学的検討
  • ・結腸・直腸癌根治切除不能肝転移におけるNeoadjuvant chemotherapy(PhaseⅡ study)
  • ・プロバイオティクスによる下部消化管手術後の感染予防効果の検討
  • ・術後腸管蠕動に対するチューインガムの効果と機序についての研究
  • ・大腸癌最深部における癌浸潤の機序の解明と新規分子標的治療薬の開発に関する基礎的研究
  • ・癌幹細胞に関する基礎的検討
  • ・大腸癌至適腸管切除長に関する多施設共同前向き研究(大腸癌研究会)
  • ・術前MRIによる直腸癌側方リンパ節転移の至適診断能の検討(JCOG)
  • ・StageⅡ/ⅢおよびCROSS1/2の閉塞性大腸癌に対するBridge to Surgery(BTS)大腸ステントの長期予後に関する多施設共同無作為化臨床試験(大腸ステント安全手技研究会)
  • ・減圧を要する fStageⅡ/Ⅲ閉塞性大腸癌に対する術前大腸ステントの意義に関する研究(大腸ステント安全手技研究会)
  • ・大腸癌における血管新生関連分子の解析研究
  • ・穿孔性大腸憩室炎に対する新しい治療指針の検討
  • ・人工肛門閉鎖術術後創に対する局所陰圧閉鎖療法の効果に関する多施設共同ランダム化第Ⅱ相試験

最近の業績(代表5件)

  1. Ohki A, et at. Gastric washing by distilled water can reduce free gastric cancer cells exfoliated into the stomach lumen. Gastric Cancer 2018; 21:998-1003.
  2. Abe N, et al. Comparison between endoscopic and laparoscopic removal of gastric submucosal tumor. Dig Endosc. 2018; 30 Suppl 1:7-16.
  3. Matsuki R, et al. Spontaneous regression of colorectal liver metastasis. Clin J Gastroeaterol 2018 [in press]
  4. Nakazato T, et al. Effect of reprimo down-regulation on malignant transformation of intraductal papillary mucinous neoplasm. Pancreas 2018; 47: 291-295.
  5. Kishiki T, et al. Optimal Surveillance Protocols After Curatice Resection in Patients With StageIV Colorectal Cancer: A Multicenter Retrospective Study. Dis Colon Rectum. 2018 Jan;61(1):51-57.
このページのトップへ

PAGE TOP