1. 杏林大学トップ
  2. 就職・キャリア・教職課程
  3. キャリア支援プログラム

キャリア支援プログラム

杏林大学キャリアサポートセンター

 杏林大学キャリアサポートセンターは経済のグローバル化や少子高齢化の進行など複雑化し多様化している社会のニーズに応えうる有用な人材を育成するため、3つの柱を軸に学生のキャリア形成・就職支援を取り組んでいます。その一つは学年に応じた多彩な支援プログラム、二つ目は教員とキャリアサポートセンターの強力な連携、そして三つ目は学生の個性を尊重した“face to face”の相談体制です。
 この3本柱を受けて、指導に当たっては就職活動を行う学生一人ひとりの悩みや不安に寄り添うようにしながら相談に乗ることを基本としています。 具体的なプログラムでは、まず低学年次の学生は学業やサークル・体育会活動、ボランティアなどを中心としつつも支援プログラムで職業観を少しずつ養います。
 続いて高学年次に入ったら企業の就業体験なども実践しながら企業・業界研究に取り組みます。その一方で、文系学生は本学独自のユニークなイベントである就活トライアル、就活シミュレーションで企業の採用試験も模擬体験します。
 就職活動の解禁後は学内合同企業説明会を随時開いて学生と企業とのマッチングに努める一方、ハローワークの新卒ジョブサポーターの相談コーナーも設けて全国からの求人の紹介と相談にも応じています。

キャリア・就職支援プログラム

プログラム 時期 支援内容
個別面談 通年 キャリアカウンセラーの有資格者を含む専任スタッフが進路や就職活動の悩みなどの相談に乗っているほか、履歴書・エントリーシートの添削指導や模擬面接などにも応じています。
学内資格講座 通年 4年間の大学生活を目標を持って取り組んでもらえるよう将来に役立つ講座(約10講座)を開講しています。
各種サークル 通年 いわゆる社会人基礎力を高めながら就職活動に備えていくサークル活動(警察官等公務員サークル・就活サークル・留学生サークル)を主催しています。
学内合同企業説明会 3月〜1月 本学の採用実績企業をはじめ、各業界より採用意欲の高い企業を招き行います。
ハローワーク就職相談 5月〜 ハローワークの大学の新卒者に対する就職支援の専門家(新卒ジョブサポーター)が毎週水曜日に相談に応じています。
就活トライアル・
就活シミュレーション
6月・7月・11月・12月 文系の3年生全員を対象に仮想企業を設定し、応募書類の郵送から学力試験、グループディスカッション、面接を模擬体験します。
就職ガイダンス 6月・10月・1月 就職活動の準備や進め方、情報サイトの活用の仕方などについて具体的な対策を指導します。
インターンシップ 8月・9月 夏休み期間を利用し1〜2週間企業において就業体験をして、職業意識の醸成を図ります。
ジョブスタディ(企業見学) 8月・9月 1、2年生を対象に夏休みを利用して1日企業訪問を行っています。実際の企業活動の現場を見学することにより、業務内容や様々な働き方について学びます。
女子学生キャリアセミナー 10月 女子学生限定のガイダンスです。
女性を取り巻く雇用環境をテーマにした講演で女性の働き方について考えます。また就活メイクアップ講座も開きます。
業界研究セミナー 10月〜12月 3年生までを対象として「業界研究セミナー」を開催しています。
各業界から企業の人事担当者を招き、産業理解を深めます。
SPI試験対策講座 10月〜12月 企業の約4割が筆記試験に採用しているSPI試験(言語・非言語)の対策講座です。
就職基礎・実践講座 10月〜2月 就職活動に欠かせない基本知識を学んだあとグループディスカッションや集団面接などの実践訓練を行います。
卒業前セミナー 2月 4年生を対象に働く上で自分の身を守る「労働法」を中心としたセミナーを行います。

杏林大学について

入試ガイド

就職・キャリア

留学・国際交流

キャンパスライフ・施設

キャンパス案内

各センター・施設

研究・社会活動