1. 杏林大学トップ
  2. キャンパスライフ・施設
  3. 三鷹キャンパス

三鷹キャンパス


→校舎周辺地図はこちら

1医学部付属看護専門学校
看護専門学校生1〜3年生(334名)が学んでいます。

2基礎医学研究棟・臨床医学研究棟
臨床・基礎の各研究室があり、医学部の種々の実習が行われています。また、大学院生になると研究室の一員としてここで日夜研究を行います。

3看護・医学教育研究棟
保健学部看護学科、大学院国際協力研究科のほか看護専門学校の教育研究施設として使われています。

45医学資料情報センター棟[本部棟]
大学の中核を支える事務部門が集まった建物です。11階建ての時計塔として、付属病院の外来棟と並ぶ三鷹キャンパスのシンボルにもなっています。

6松田記念館[体育館]
授業、クラブ活動のほか入学式、看護専門学校の体育祭もここで行われます。

7外科病棟(医学部付属病院)
最新設備を整えた地上8階、地下2階の外科診療科を中心とした診療施設です。

外来棟(医学部付属病院)[レストラン][カフェ]
地上6階、地下2階の外来診療棟には、20以上の診療科があります。1階の広々とした明るいロビーを利用し、院内コンサートも行われます。6階にあるレストラン(「ガーデンテラス・日比谷松本楼)は148席、カフェ(「カフェ・ド・ルポ」)は23席。

8

医学図書館
図書260,000冊、継続受入雑誌約1,000誌、AV資料4,800点、電子書籍20,800冊、電子ジャーナル約49,000誌(※電子書籍・電子ジャーナルは本学3図書館共通の数)を所蔵する図書館です。文献検索などのきめ細かなサービスにも対応しています。席数は271席。

9

10第1病棟(医学部付属病院)[売店]
一般の病室のほか、総合周産期母子医療センターがあります。

11高度救命救急センター(医学部付属病院)
24時間体制で主として東京都西部地域から救急患者を受け入れる、この地区最大の3次救急医療施設。

12医学部講義棟[アプリコット・食堂][学生ホール][書店]
学生が、日進月歩で進歩する医学の講義を受けています。
1階は食堂(「アプリコット」)になっており、学生・教職員などが利用しています。席数は433席。
2階の書店では、教科書や医学・保健学関係の書籍・雑誌等を販売しています。

 

杏林大学について

入試ガイド

就職・キャリア

留学・国際交流

キャンパスライフ・施設

キャンパス案内

各センター・施設

研究・社会活動