1. 杏林大学トップ
  2. 就職・キャリア・教職課程
  3. 教職課程
  4. 目指す教員像・到達目標

目指す教員像・到達目標

  1. 医学系の大学として出発した経緯を踏まえ、人々に奉仕する医の精神を教職に適用できる教員
  2. 建学の精神「眞・善・美の探究」を体現できる教員、すなわち、眞理を追究し、他者をいたわり思いやる人格・人間性を備え、優れた感性や風格を身に付けた教員
  3. 国際性のある教員

アドミッション・ポリシー(教職課程履修開始段階の資質)

  1. 子ども好きであること
  2. 教育への情熱を持っていること
  3. 子どもと共に自らが成長する意志・意欲の強いこと

カリキュラム・ポリシー(教育課程の編成方針)

理想の教員像に到達できるよう、各学部においては以下の目的に基づいて教育課程を編成する。

  1. 保健学部:医学系の幅広い知識の修得
  2. 総合政策学部:社会科学的視点・視野と国際性の修得
  3. 外国語学部:英語の実践的能力と国際性の修得
  4. 保健学研究科:健康問題解決の専門家としての実践的能力の修得

ディプロマ・ポリシー(教職課程修了/免許取得時に達成すべき到達目標)

以下の資質と能力を獲得していること

  1. 教員としての使命感・責任感
  2. 他者と人間関係を結べる社会性・対人関係能力
  3. 児童生徒理解・児童生徒への共感力
  4. 教科指導力
  5. 児童生徒指導力
  6. 教育的愛情

各研究科・各学部の目指す理想の教員像

保健学研究科 保健学専攻

学部の基礎医学と保健学をベースとした教育に基づき、以下のより高次の能力を修得した教員

  1. 健康教育、環境問題、福祉に関する高度専門教育を担える能力
  2. 教育現場の保健リーダーとして健康の維持増進を担える能力
  3. 健康問題の解決を積極的に推進できる能力

保健学部 健康福祉学科

  1. 子どもたちの心身の健康の保持増進を図る専門職として、健康教育や健康相談、福祉領域の十分な知識・技術をもった教員
  2. 建学の精神に基づいて創造的な養護実践・保健指導の行える教員

保健学部 看護学科

  1. 子どもたちの心身の健康の保持増進を図る専門職として、救急処置や疾病管理・疾病予防の十分な知識・技術をもった教員
  2. 建学の精神に基づいて創造的な養護実践・保健指導の行える教員

総合政策学部 総合政策学科

  1. 多様な社会科学分野の視点で実践的問題に対処できる能力と、社会の公共部門に関する幅広い知識・教養を有機的に結合できる教員
  2. 建学の精神をもって次世代を担う人材の教育に当たることのできる教員

総合政策学部 企業経営学科

  1. 多様な社会科学分野の視点で実践的問題に対処できる能力と、社会の民間部門に関する幅広い知識・教養を有機的に結合できる教員
  2. 建学の精神をもって次世代を担う人材の教育に当たることのできる教員

外国語学部 英語学科

  1. 英語の修得を通じて文化間の垣根を越え、異文化との相互理解・共存ができる人間性を備えた教員
  2. 建学の理念を広く国際的な視野のもとに実現できる教員
  3. 実践的な英語能力を備えた職業人としての教員

学年ごとの到達目標(共通)

1年

  1. 教師という職業に深い関心を持つ。
  2. 教師という職業を知る。
  3. 各自の教職への適性を判断する。
  4. 基礎資格科目と教職に関する入門的科目の履修を開始する。

2年

  1. 教職科目の学習を進めることにより、教職課程履修を確固たるものにする。
  2. 教職課程特有の科目を学習する。
  3. 専門教科の科目の履修を本格化する。

3年

  1. 教科教育法を修得する。
  2. 実習の具体像を知る。
  3. 実習に向けて専門教科の力をつける。

4年

  1. 実習に向けて総合的教育力を引き上げる。
  2. 教職課程の総仕上げとして実践力をつけるとともに、各自の課題を確認する。

修士1年

関連分野の専門的知識と理論を踏まえて、教育法を開発する探究心を高め、教育実践力を養う。

修士2年

理論と実践の融合を図り研究能力を磨くとともに、教育現場の問題の改善に資する力を養う。

杏林大学について

入試ガイド

就職・キャリア

留学・国際交流

キャンパスライフ・施設

キャンパス案内

各センター・施設

研究・社会活動

PAGE TOP