大学ホーム医学部学部概要

学部概要

杏林大学医学部は1970年4月に三鷹キャンパスに設立され、合わせて付属病院を開設しました。1975年には付属看護学校、そして1976年には大学院医学研究科が設置されました。

三鷹キャンパスには、医学部の基礎医学研究棟と臨床医学研究棟、講義棟があります。基礎および臨床医学研究棟では、日々最先端の医学・生命科学の研究が行われ、講義棟では、その研究成果に基づいて、医学・生命科学の教育が行われています。これらの施設に隣接して、医学部付属病院があります。付属病院は、救命救急センターに24時間救急車が出入りし、一日に2,500名余りの外来患者が訪れる、西東京地区の基幹病院の一つとなっています。

この三鷹キャンパスで6年一貫教育が行われます。
入学後、臨床医学総論と医療科学という臨床医学に関する講義が開始されます。また、1年次の自然科学系科目も、医学と密接に関係する分野を基礎生命科学として講義・実習を行います。
1年次の後半から3年次の前半まで基礎医学、社会医学を学び、医師としての基本的知識を修得するとともに、医師に求められる姿勢や態度を学びます。
3年次から4年次前半にかけて臨床医学の講義により最新の医学知識を修得します。さらに、4年次後半からほぼ2年間にわたり付属病院で臨床参加型実習(クリニカルクラークシップ)を行い、基本的な臨床技能を学ぶとともに、臨床医学の講義で学んだ知識を実地臨床に応用する能力を養います。
6年次は、臨床総合演習や学外での臨床参加型実習など、医学部6年間の総まとめとなる一年間です。
卒業して医師国家試験に合格すると、付属病院での2年間の臨床研修の道が開かれています。さらに、その後、基礎医学、臨床医学の大学院への道も開かれています。


学生
医学部の在籍学生数は732名(2016年5月1日現在)
(入学定員117名/1学年 (2012年度から))
大学院医学研究科の在籍数は65名(2016年5月1日現在)
教員
専任教員(教授、准教授、講師、助教)・・・389名(2016年5月1日現在)
客員教授、非常勤講師・・・218名(2016年5月1日現在)
このページのトップへ

PAGE TOP