大学ホーム医学部教育理念

教育理念

医学部の教育目的および方針

【医学部の教育研究上の目的】

豊かな人間性の涵養と、医学の発展に対応しうる基礎的及び専門的知識の修得と臨床的技能の修練を通じて、良き医師を養成する。


【教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)】

医学部では、卒業認定・学位授与の方針に掲げる能力などの修得のために、医学準備教育、外国語、基礎医学、社会医学、臨床医学の5つの科目区分からなる授業科目を体系的、順次的に編成し、講義、演習、実習を適切に組み合わせた授業を実施する。科目間の関連や科目内容の順次性を表現する番号を各科目に付し、これを以てカリキュラムマップを作成することで、カリキュラムの体系をわかりやすく示す。また、学生が学修に専念し安定した学生生活を送ることができるよう、担任制度を通して学生支援を行う。 教育内容、教育方法、評価については以下のように定める。

  • (1)教育内容
    • (1-1)医師の社会的責任を修得するために
      医師に求められる倫理観や基本的姿勢の涵養とともに、医師に求められる基本的な教養を修得するため、「医療科学」において、「医療と文化」「医療と社会」などの授業を配置する。
    • (1-2)医師のキャリア教育のために
      医師としての多様な働き方を学び、将来設計に資するように、「医療科学」において「キャリアデザイン、ワークライフバランス」に関する授業を配置する。
    • (1-3)グローバルに活躍し得る医師の育成のために
      卒業後、グローバルに活躍し得る医師を育成するべく、6年間の医学教育を、国際基準に準拠した医学教育カリキュラムに則って実施する。
    • (1-4)高校から大学への円滑な移行を図るために
      • ・高校から医学教育への円滑な移行を図るため、医学部の教育目標を踏まえ「化学」、「生物学」、「物理学」を医学準備教育科目として配置する。
      • ・各学生が入試で選択しなかった科目への対応として、初年次の医学準備教育において、「入門化学」、「入門生物学」、「入門物理学」を開講する。
    • (1-5)基礎医学を修得するために
      人体の構造と機能、さらに人体における異常の発生とその制御を学ぶために、「解剖学」「生理学」「生化学」「病理学」「薬理学」などの基礎医学科目を体系的、順次的に配置する。
    • (1-6)臨床医学の知識と技能を修得するために
      医師に必要とされる臨床医学の知識および技能を修得するために、臨床医学科目および臨床実習科目を体系的に配置する。
    • (1-7)問題解決能力の涵養のために
      医師に求められる課題発見・問題解決能力の涵養のため、「プレチュートリアル」「チュートリアル」科目を配置する。
    • (1-8)コミュニケーション能力の涵養のために
      医師に求められるコミュニケーション能力の涵養のため、「医療科学」においてコミュニケーションについての実践的授業を配置する。
    • (1-9)医学・医療と地域・社会との関わりを修得するために
      • ・医学・医療と社会との関わりを学ぶために「衛生学」「公衆衛生学」「法医学」などの社会医学科目を体系的に配置する。
      • ・地域の保健、医療、福祉の実情を知るとともに、医学・医療と地域社会との関わりを学ぶために、「地域と大学」を開講する。
    • (1-10)グローバルに活躍する医師に必要な英語運用能力を修得するために
      グローバルに活躍し得る医師に求められる英語運用能力を修得するための英語学習プログラムを実施する。 講義や実習、少人数教育など、さまざまな教育手法を効果的に配置する。
  • (2)教育方法
    • (2-1)医師に求められる倫理観や姿勢、コミュニケーション能力の修得のために
      医師に求められる倫理観や基本的な姿勢、コミュニケーション能力の修得を目的として、「医療科学」では、講義に加えて演習形式の授業を適宜配置する。
    • (2-2)基礎医学を修得するために
      医学準備教育科目、基礎医学科目、社会医学科目については、学習内容の確実な理解を目的として、講義および実習を効率的に組み合わせて実施する。
    • (2-3)臨床医学の知識と技能を修得するために
      臨床医学科目については、基本的な知識を確実に修得したうえで、実際の臨床の場での応用力を涵養するとともに、基本的な臨床技能を修得する目的で、講義や見学型の臨床実習に加えて、臨床参加型の臨床実習を積極的に配置する。
    • (2-4)医師としてのグローバルな適応能力を涵養するために
      活動体験・現場体験を通して、コミュニケーション能力を含む医師としてのグローバルな適応能力を涵養するために、海外の医療施設でのクリニカルクラークシップの機会を提供する。
    • (2-5)問題解決能力の涵養のために
      医師に求められる高い課題発見能力と問題解決能力の涵養を目的として、少人数グループワークによる能動的学習(アクティブラーニング)を複数学年にわたって実施する。
    • (2-6)医学・医療と地域社会との関わりを修得するために
      地域の保健、医療、福祉の実情を知るとともに、医学・医療と地域社会との関わりを学ぶために、地域の現場体験を含む少人数グループワークによる能動的学習(アクティブラーニング)を実施する。
    • (2-7)グローバルに活躍する医師に必要な英語運用能力を修得するために
      グローバルに活躍する医師に求められる卓越した英語運用能力を効率的に修得するため、能力別の少人数クラスによる授業を実施するとともに、各学生の将来の進路に応じた目的別の少人数クラスによる授業も行う。
  • (3)成果の測定
    • (3-1)各学年終了時に、国際的な成績評価指標であるGPA(Grade Point Average)で評価する。
    • (3-2)臨床医学実習開始前には、コンピューターを用いたCBT(Computer Based Testing)により臨床医学の知識を、実技試験であるOSCE(Objective Structured Clinical Examination)により臨床技能および態度を評価し、これに合格し「student doctor」の称号を得た者が、臨床実習への参加を許される。
    • (3-3)臨床医学実習については評価表に基づく指導医の評価やポートフォリオの評価など、多様な方法で成果の測定を行い、その詳細は履修案内・授業内容(シラバス)に記載する。
    • (3-4)大学IRコンソーシアム「学生共通調査」を実施し、学士課程の成果を把握する。

【卒業認定・学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)】

医学部では、教育目標を達成するため、卒業時点までに獲得すべき能力を以下のように定め、卒業の要件を満たし、これらをすべて修得したと認められる学生に学士(医学)を授与する。

  • (1)医師の社会的責任
    医師の職責の重大性を理解し、高い倫理観と豊かな人間性に基づき、医師として責任のある行動ができる。
  • (2)医学知識と技能
    医師に求められる基本的な医学的知識及び技能を修得し、また必要に応じてこれを実践できる。
  • (3)問題解決能力
    どのような状況においても事態を冷静に把握し、解決すべき問題点を明らかにしたうえで的確な判断を行うことができる。
  • (4)コミュニケーション能力
    患者・家族との信頼関係を構築するとともに、医療・介護・保健従事者と良好な関係を維持し、医療チームの一員としての役割を果たすために必要なコミュニケーションを図ることができる。
  • (5)医学・医療と地域・社会との関わり
    公衆衛生や医療・保健制度など社会と医師との関わりを理解し、必要に応じてそこで医師が果たすべき役割を担うことができる。
  • (6)英語運用能力
    グローバルに活躍しうる英語運用能力を有する。

医学部教育における到達目標

医学部の学生が卒業までに以下の能力・態度を身につけることを目標とする。

  1. 医師としてふさわしい価値観、倫理、態度
    1. 医師・医学研究者に求められる倫理と法的責任を認識する。
    2. 医師・医学研究者としてふさわしい価値観(利他主義、思いやり、責任感、高潔)を身につける。
    3. 安全な医療を行う姿勢を身につけ、そのために必要な知識、技能を修得する。
    4. 同僚や他の職種の人たちと協調する態度を身につける。
    5. 自律的で、適切な自己評価に基づいて学び続ける態度を身につける。

  2. 医学的知識
    1. 人体の正常の構造と機能を理解する。
    2. 主要疾患の病態生理と自然歴を理解する。
    3. 薬物治療の原則と、個々の薬物の作用を理解する。
    4. 主要疾患の治療法を理解する。

  3. コミュニケーション能力
    1. 患者、家族、同僚、他職種の人たちと良好な人間関係を築くための基本的なコミュニケーション能力を身につける。
    2. 患者、家族の文化的、宗教的、個人的背景に配慮して行動できる。
    3. カンファランス、回診において適切な症例呈示が行える。
    4. 適切な医療記録を作成するための基本的原理を理解する。
    5. 診療・研究に必要な英語能力を身につける。
  4. 臨床技能と問題解決能力
    1. 心理的、社会的側面を含む適切な病歴聴取が行える。
    2. 基本的な身体診察が行える。
    3. 基本的な心肺蘇生術(basic life support)が行える。
    4. 病歴と身体診察の所見から問題点を抽出し、根拠(evidence)に基づく解決法を示すことができる。
    5. 患者の問題解決のための人的資源、診断手段、治療手段、医療・保健施設、社会制度について理解する。

  5. 公衆衛生と保健医療制度
    1. 健康状態に影響するライフスタイル、遺伝、人口統計、環境、社会、経済、心理、文化の各因子について理解する。
    2. 集団における疾病予防および健康増進の意義について理解する。
    3. 健康問題や疾病の予防について地球規模の視野に立って理解する。
    4. わが国の医療・保健制度および医療経済について理解する。
    5. 個人あるいは地域・職域において健康を維持し疾病を予防する方策を示すことができる。

  6. 情報処理
    1. 適切な情報源にアクセスして必要な情報を収集することができる。
    2. 診療・研究・教育のために情報・通信技術を利用することができる。

  7. 批判的思考と医学研究
    1. 批判的思考と研究的な態度を身につける。
    2. 様々な情報源から得られた情報に基づき、科学的思考によって問題解決を図る能力を身につける。
このページのトップへ

PAGE TOP