大学ホーム医学部倫理委員会・利益相反

倫理委員会・利益相反(COI)

1. 倫理委員会名簿

2. 申請様式

各様式の Microsoft Word 文書ファイル をダウンロードしてご利用ください。

様式 様式名称
様式第 1号 研究倫理審査申請書 Wordファイル
研究倫理審査申請書(解剖体を用いた研究の場合 記載例) PDFファイル
様式第 6号 異議申立書 Wordファイル
様式第 8号 研究計画変更申請書 Wordファイル
様式第 9号 研究実施状況報告書 Wordファイル
様式第10号 研究終了・中止報告書 Wordファイル
様式第11号 安全性情報に関する報告書 Wordファイル
様式第12号 重篤な有害事象に関する報告書 Wordファイル
様式第12-1号 重篤な有害事象に関する報告書(医薬品) Wordファイル
様式第12-2号 重篤な有害事象に関する報告書(医薬品)詳細記載用 Wordファイル
様式第12-3号 重篤な有害事象及び不具合に関する報告書(医療機器) Wordファイル
様式第13号 他の研究機関において発生した多施設共同研究に関連する重篤な有害事象に関する報告 Wordファイル
様式第14号 医学系研究に関する倫理指針不適合に関する報告書 Wordファイル
様式第15号 モニタリング・監査依頼書 Wordファイル
様式第16号 モニタリング・監査における守秘義務誓約書 Wordファイル
様式第17号 モニタリング・監査実施報告書 Wordファイル
このページのトップへ

3. 規程・手順書等

このページのトップへ

4. 倫理委員会開催日程

平成29年度 開催日程(予定)

回数 開催日程 申請書提出期限 備考
第203回 平成29年 4月17日(月)13:00から 平成29年 3月30日(木)17:00  
第204回 平成29年 5月15日(月)13:00から 平成29年 4月27日(木)17:00  
第205回 平成29年 6月19日(月)13:00から 平成29年 5月31日(水)17:00  
第206回 平成29年 7月24日(月)13:00から 平成29年 7月 3日(月)17:00  
第207回 平成29年 9月11日(月)13:00から 平成29年 8月21日(月)17:00  
第208回 平成29年10月16日(月)13:00から 平成29年 9月20日(水)17:00  
第209回 平成29年11月20日(月)13:00から 平成29年10月25日(水)17:00  
第210回 平成29年12月18日(月)13:00から 平成29年11月22日(水)17:00  
第211回 平成30年 1月15日(月)13:00から 平成29年12月13日(水)17:00  
第212回 平成30年 2月19日(月)13:00から 平成30年 1月24日(水)17:00  
第213回 平成30年 3月19日(月)13:00から 平成30年 2月21日(水)17:00  
このページのトップへ

5. 倫理委員会議事録

▼ 平成29年度
▼ 平成28年度
▼ 平成27年度
このページのトップへ

6. 新倫理指針への対応について

「人を対象とする医学系研究に関する倫理指針」及び「ヒトゲノム・遺伝子解析研究に関する倫理指針」の一部改正が平成29年2月28日に告示され、平成29年5月30日から施行となります。
 医学部において平成29年5月30日以降も研究を継続する研究責任者は、以下の【自己点検用チェックリスト】を用いて平成29年5月29日までに必ず研究計画書の自己点検を実施して必要な手続を行ってください。

  • 対象となる研究課題の一覧 (学内専用 あんずNET)

  • 【自己点検の参考資料等】

  • 人を対象とする医学系研究に関する倫理指針(本文)(平成29年2月28日一部改正)
  • 人を対象とする医学系研究に関する倫理指針 ガイダンス(本編)(平成29年5月29日一部改正)
  • 人を対象とする医学系研究に関する倫理指針 ガイダンス(本編)新旧対照表(平成29年5月29日一部改訂)
  • 人を対象とする医学系研究に関する倫理指針 ガイダンス(附則編)(平成29年5月29日一部改正)
  • 経過措置に関するQ&A集
  • ヒトゲノム・遺伝子解析研究に関する倫理指針(平成29年2月28日一部改正)
  • 経過措置等に関するQ&A集(ヒトゲノム・遺伝子解析研究に関する倫理指針)
  • 「ヒトゲノム・遺伝子解析研究に関する倫理指針」についてのQ&A
  • 【厚生労働省】

  • 研究に関する指針について
  • 【文部科学省】

  • 人を対象とする医学系研究(疫学研究を含む。)
  • ヒトゲノム研究
  • このページのトップへ

    7. 医学部の利益相反マネジメントの取り組みについて

    杏林大学医学部は、研究の公明性、信頼性及び透明性を確保することによって、本学に所属する教職員等が安心して自主的に産官学連携活動に取り組み、あわせて本学が社会からの信頼及び評価を維持し、かつ教職員等の社会的地位を向上させるため、教職員等による利益相反行為の適切な管理に取り組んでいます。

    このページのトップへ

    8. 先進医療 「アキシチニブ単剤投与療法 胆道がん」について

  • 先進医療 「アキシチニブ単剤投与療法 胆道がん」に関するお知らせ
  • 先進医療 「アキシチニブ単剤投与療法 胆道がん」に関するお知らせ2
  • 9. 関連リンク

  • 研究に関する指針について(厚生労働省)
  • 研究倫理審査委員会報告システム
  • このページのトップへ

    PAGE TOP