電話0422-47-5511

  1. トップページ
  2. 病院概要
  3. 健康ひとくちメモ
  4. 全身麻酔の手術と口腔ケア

全身麻酔の手術と口腔ケア

 杏林大学医学部付属病院では、全身麻酔を受ける全ての患者さん(緊急を除く) の口腔内をチェックします。全身麻酔では呼吸に必要なチューブを口から気管内 に挿入します。そのため、口腔内の状態が良好であれば、肺炎などの術後合併症 が減少し、術後の回復が促進されるからです。また、これにより早期の退院・社 会復帰が実現すれば、患者さんの安全を損なうことなく医療費を削減することが でき、社会的にも大きな貢献となります。
 まず患者さんには、全身の検査を受けたあとに、周術期管理センターを受診し ていただきます。麻酔科医の診察や看護師の面談などがあり、それぞれの患者さ ん固有の情報をまとめて全身の状態を把握します。その際に、口腔内も検査します。 具体的には、不適合な義歯を装着していないか、抜ける直前のグラグラの歯がな いか、過度に乾燥していないか等を確認します。また、長期にわたりステロイド 薬や抗がん剤を投与されている方は、口腔粘膜炎や乾燥により口腔環境が悪化し、 合併症が引き起こされるリスクも上がるため、患者さんの状態をさらにしっかり と確認します。
 このような患者さんへは、手術直前まで口腔環境を改善させるための清掃方法 や潤いの与え方などを指導します。グラグラの歯が存在していると気管内挿管時 に脱落する危険性があるので、手術前に抜歯を行うこともあります。
 さらに、長時間の手術のあとや術後に絶食期間がある場合は、口腔細菌の量が 増加します。意外に思われるかもしれませんが、口から食物を採らないと口腔内 環境は逆に悪くなります。このような場合も、口腔粘膜を刺激したり、保湿した りして唾液分泌を促して細菌の量を減らします。患者さんが早期に回復するため には、口腔ケアの介入が必要なのです。 全身麻酔下の手術を受けられる方は、 口腔内環境を普段以上に整えることが重要です。

(池田 哲也:杏林大学医学部耳鼻咽喉科学 講師)

杏林大学新聞 第20号より抜粋
病院概要
医療安全管理・感染対策
施設のご案内
新着情報
情報公開
患者支援センターのご案内
人間ドックのご案内